他人と比較しない生き方を選ぼう【あなただけの人生を生きるべき】

(更新日:2020年09月13日)

「ついつい、他人と自分を比較してしまって、自分が劣っているように感じることがある、、、」

「他人と比較しないで生きていくための方法があれば知りたい」

という方に向けて、この記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。

  • 他人と比較しない生き方を選ぼう
  • 他人と比較しないための具体的な方法

こんにちは、杉本です。

誰しも自分と他人を比較して「あぁ、、、」とへこんだ経験があるのではないでしょうか?

なければ、かなりラッキーです。

ちなみに僕は数えられないほどあります。

他人との比較を完全になくすことは難しいですが、「隣の芝生は青い」とはよく言ったもので、人間は自分と他人を比べてしまう生き物。
「誰々さんみたいになりたい」は、まさにその典型です。

比較によって前向きな気持ちになれるのであればいいですが、自信を失ったり自己否定につながるのであれば考えもの。

本記事は、他人と自分を比較して悩んでいる人に向けて書きます。

何かしら参考になる部分があれば幸いです。

他人と比較しない生き方を選ぼう

必要以上に、他人と自分を比較せずに生きましょう。

無い物ねだりにはなっていないか?

自分は無い物ねだりをしているのではないだろうか? 

この視点を持つことは大切です。

他人を自分と比較するときは、「羨ましい」という感情が先行します。

  • あの人は自分よりも容姿がいい
  • お金も持ってそうだし、生活も充実してそうだな
  • 頭もいいし、どうしてあんなにスマートなんだろう

こんな感じですね。

他人との比較に終わりはないので、ずっと悩み続けることになります。

比較をすることで、他人との違いを客観的に分析して、今後にいかせるのであればいいですが、ほとんどの場合は「羨ましいなぁ」と、ただの無い物ねだりになっていたりします。
少なくとも僕自身はそんな感じでした。

ただ無い物ねだりをするだけでは、あまり意味はないですよね。

であれば、比較せずに自分の人生を生きた方がいいと思います。

自分はどのように生きていきたいのか?

これから先、自分はどのような人生を歩んで生きたいのか? 

これも合わせて自問自答した方がいいです。

静かな空間でゆっくり考えてもいいですし、あるいは休日のカフェなどで想いをめぐらせてもいいでしょう。
ノートに思ったことをメモしながらでもいいかもしれません。

方法はあなたの自由です。
ルールはありません。

自分と向き合うことって、なかなか答えが出ないことが多いです。
なので、多くの人は避けがちで、その結果、他人と自分を比較します

自分の内面を突き詰めるより、他人と自分を比較した方がわかりやすくラクだからですね。

自分はどう生きて生きたいのか?

ゆっくり時間をかけていいので、この部分は考えた方が良いポイントだと思います。

感謝と謙虚さを忘れていないか?

他人と比較しないことで、感謝と謙虚さを忘れずにすみます。

比較は「自分に足りない部分」ばかりが目につくので、不満がたまり、ストレスの原因になったり、、、
あまり気持ちの良いものではありませんよね?

足りないものばかりに目を向けるのではなく、今あるものに感謝し、謙虚になることが大事です。

  • 生きていることへの感謝
  • 自分と仲良くしてくれる人がいることへの感謝
  • おいしいご飯を食べられることへの感謝

など。

普段、あまり意識することはないかもですが、身近に感謝すべきことはたくさんあります。

感謝をしたり、謙虚な気持ちになることで心の安定にもつながるので、より素の自分、ありのままのあなたで生きることができます。

比較して心を消耗させるより、感謝と謙虚さを忘れず他人と自分を比較せずに生きましょう。

他人と比較しないための具体的な方法

2つほど、方法を解説します。

日常的にチェックしている他人のコンテンツから離れる

普段、チェックしているコンテンツから離れるのが1つの方法です。

日常的に接しているものは、どうしても依存度が高くなるので、比較を生み出します。

  • SNS
  • ブログ
  • メルマガ
  • オンラインサロン

などがわかりやすいと思います。

もちろん、これらをシンプルに楽しめているのであれば問題ありませんが、周りが見えることによって他人との比較が生まれるのは事実なので、なるべく客観的に判断した方がいいです。
僕自身も意識的に距離をとっています。

その結果、以前と比べてかなり気持ちがラクになりましたし、自分のやるべきことに集中できるようになりました。

日常的にチェックしている他人のコンテンツから離れてみる。

案外、効果的な方法です。

「今日が人生最後の日だとしたら?」と考える視点を持つ

「今日が人生最後の日だとしたら?」

この想像は、人生において大切なことの一つだと思います。

「自分にとって本当に大切なことは何か?」という本質的な部分を考えることができるからですね。

もし仮に、本当に今日が人生最後の日なら、他人と自分を比較して悩んだりするでしょうか?

とても重要な問いだと思います。

実はこれは、かつてスティーブ・ジョブズが大学のスピーチで語った「死」についての話です。
個人的にすごく印象的だったのは、「いつか本当にそうなる日が来る」と続く場面。

そう、いつか本当にそうなる日が来るのです。

常に考える必要はないと思いますが、時々、本質的な部分に目を向けたい時に考えるのは効果的。

今日が人生最後の日だとしたら、他人と自分を比較して悩むだろうか、、、

あなたはどうでしょうか?

補足:余分なものを削ぎ落としていく

他人と比較しないためには、自分のことに集中することが大切です。

とはいえ、頭ではそうわかっていても、なかなかキッカケがつかめなかったりするのも事実ですよね?

そんな中、最近読んだ本で、1冊参考になったものがあるので載せておきます。

余分なものを削ぎ落とし、本当に大切なことに集中するためのエッセンスが詰まっていると感じました。

読んでおいて損はない1冊です。

》エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする