ブログで一般人が日記を書いて稼げる?【なかなか厳しい3つの理由】

(更新日:2021年12月17日)

「ブログを始めようと思っています。一般人の自分が、日記を書いて稼ぐことはできますか? 経験者の意見を聞きたいです」

こんな感じの悩みにお答えします。

記事の内容

・ブログで一般人が日記を書いて稼げる?【なかなか厳しい3つの理由】
・【ブログ】一般人の日記は厳しい。なら、どうする?

本記事を書いてる僕は、ブログ歴1年9ヶ月。
これまで250記事ほど更新しています。
» @Sugimoto_2017

今回は「ブログで一般人が日記を書いて稼げる?」をテーマに解説します。

「芸能人みたいにブログで日記を書きたい」と思ってる方も多いのではないでしょうか?

実は僕も過去にブログ日記を書いていて、合計770本ぐらい更新した経験があります。約2年ですね。

結論から言うと、一般の方がブログ日記でお金を稼ぐのは厳しいです。

本記事では、過去にブログ日記を書いていた僕が「日記で稼ぐのが難しい3つの理由」を解説します。

不可能ではないですが、難易度が高すぎるかと…。

今回解説する「3つの理由」がかなり強敵なのですが、逆に言えば「突破口」さえ見つかれば可能性が見えるかもなので、よければ参考にしてください。

※この記事は5分ぐらいで読めます。最後までサクッとどうぞ。



ブログで一般人が日記を書いて稼げる?【なかなか厳しい3つの理由】

結論、日記を書いて稼ぐのは難しいです。

ブログが持つ特性を踏まえつつ、3つ理由を解説しますね。

理由①:検索からの読者が見込めない

1つめの理由は、日記は「検索からの読者が見込めない」から。

想像してほしいのですが、みなさんが何かを検索する時って、どんな時ですか?

多くの場合、何かわからないことや知りたいことがあって検索するはず。

読者がブログを読むまでの流れ

疑問 → 検索 → ブログ見つける → 読む

一般的には、上記の流れが多いです。

試しに何かをググればわかりますが、検索結果の上位に出てくるブログに「個人の日記」はほとんどありません。

なぜならGoogleは、読者のニーズを考えているから。
要するに「個人の日記」よりも「読者の悩みを解決できる記事」に重きをおいているわけですね。

つまり、日記は検索結果の上位に表示されにくいので、検索からの読者が見込めません。

理由②:知名度がない

「でも芸能人はブログ日記を書いても読まれてるし…。」と思う方がいるかもしれません。

たしかにその通りなのですが、ここには「知名度」の問題があります。
有名な芸能人とくらべると、僕らには知名度がないので、ブログ日記を書いても見つけてもらえません。

例えば、芸能人のブログを読む時って、こんなふうに検索したりしませんか?

〇〇(芸能人の名前) ブログ

たぶん名前を入れますよね。
名前を入れることができる理由は、知っているからです。

それにくらべて一般人は名前を知られていないので、そもそも検索されないです。検索されないと、ブログは見つけてもらえないので、読まれません。読まれないかぎり、収益化は無理です。

もちろん知名度がなくても「超絶おもしろ日記」を書けば読まれるかもしれませんが、こちらはこちらで難易度が高いです…。

ブログ日記を書いて収益化を目指すなら、知名度の問題は強敵ですね。

理由③:広告収入との相性が良くない

「知名度がなくても、友達が読んでくれるさ」という方もいるはず。

実はここにも強敵がひそんでいて、友達が読んでくれるブログ日記と、広告収入の相性が良くないです。

広告収入は大きく2つあります。

・クリック報酬型広告
・成果報酬型広告

(※今はざっくりの理解でOKですよ。)

「クリック報酬型広告」は名前のとおり、読者にクリックされるだけでお金が入る広告のことで、「成果報酬型広告」は、ブログ内で何か商品を紹介して売れればお金が入る広告のこと。

ではなぜ、この2つの広告と日記の相性が良くないのかを簡単に説明しますね。

「クリック報酬型広告」の場合

個人差はある前提で聞いてください。
あくまで僕の肌感覚ですが、1クリックで入る広告収入って「30円」ほど。

で、クリックされる割合って「100人読んで、1人いるかいないか」ぐらい。(300人に1人ぐらいかも)

なのでもし、毎日100人の友達があなたの日記を読んだとして、「0円」もしくは「30円」ぐらいが収入のイメージです。

正直、結構きつくないですか?

「成果報酬型広告」の場合

こちらは、ブログ内で商品を紹介して、売れればお金が入る仕組みですね。

基本は、「何かに悩んでいる人がブログを読んで、解決するために商品を買う」という流れが一般的です。

たぶんですが、あなたのブログ日記を読む友達は、何かを解決したくて読んでるわけではないので、そもそも商品を必要としてない可能性が高いですよね。

商品を必要としていない人は、商品を買いません。シンプルな理屈ですね。

なので、「成果報酬型広告」は、友達が読むブログ日記とは相性が合いません。

【ブログ】一般人の日記は厳しい。なら、どうする?

「じゃあ、どうするの…?」ですが、主に3つの選択肢があります。

・日記を書いてみる
・いったん保留
・日記ではなく、記事を書く

厳しいとわかっていても、挑戦したいなら日記を書いてみてもいいと思います。
ただお金を目的にするのは難易度が高いので、それを理解したうえで書くのがいいですね。

あと、いったん保留もありかと。
自分が納得できるまで考える時間は大事だったりします。

ちなみに僕の意見としては、「ブログでお金を稼ぐ」を目的にするなら、日記ではなく「記事」を書きましょうです。読者の悩みを解決する記事ですね。

読者がブログを読むまでの流れ

疑問 → 検索 → ブログ見つける → 読む

読者の悩み(上記の「疑問」の部分)を解決する記事を書けば、検索結果の上位に出てくる可能性があるので、見つけてもらいやすくなります。筆者の知名度もあまり関係ないですし、広告収入との相性もいいです。

「記事を書いてもつまらなそうだし、芸能人みたいに日記を書きたい」と思うかもしれませんが、記事にも自分の経験談や、日常の気づきなどを織り交ぜて説明するので、日記の要素はあったりしますよ。

最初の頃は、僕も同じように思ってましたが、実際こうして記事を書くと、誰かの役に立っているような気がしてうれしかったり。

ゆっくり決めてOKです。
一応、参考記事をのせておくので、「ブログを一般人が書いて収入を得る方法【可能なの? → 可能です】」も合わせてご覧ください。

日記ではなく記事を書けば、一般人でも収益化できますよ。

まとめ:ブログで一般人が日記を書いても、収益化は厳しい

今回は「ブログで一般人が日記を書いて稼げる?」をテーマに解説しました。

結論、「日記を書いて稼ぐ」は難易度が高すぎます。
僕はおすすめしません。

ブログの収益化が目的なら、日記ではなく記事を書きましょう。
その方がうまくいく可能性が高いですし、効率的です。

まだブログを作っていない方は、先に費用のイメージをつかんでおいた方がいいので、下記を参考にどうぞ。
» ブログの立ち上げ費用はどれくらい?【ありがちな3つの疑問も回答】

すでにワードプレスでブログを開設してる方は、記事を書いていきましょう。
» ブログアフィリエイト記事の書き方【最初の1円を稼ぐ3つの手順】