ブログが伸びないのは、読者優先で書いていないから【解決策あり】

(更新日:2020年12月27日)

「ブログが伸びない。アクセスがある人は、毎月何万PVもあるのに、自分は全然だ、、、」

「ブログが伸びない状況から、抜け出す方法を知りたい」

「ブログアクセスを伸ばして、できればマネタイズもしたいです」

こんな悩みに、お答えします。

本記事の内容

・ブログが伸びないのは、読者優先で書いていないから
・ブログが伸びない状況から、抜け出す方法
・ブログアクセスが伸びれば、マネタイズは可能です【初心者でも大丈夫】

本記事の信頼性

この記事を執筆している僕は、ブログで記事を書き始めて約9ヶ月。
これまで、190記事ほど書きました。
SEOを意識して執筆を始めてから、検索からブログに来てくださる読者数は、今のところ毎月右肩上がりです。
少しずつですが、収益も出てきました。

この記事では、「ブログのアクセスが伸びない原因」をテーマに書き進めます。

ブログを書き始めたものの、なかなかアクセスが伸びなくて、ツライ日々が続いている人も多いのではないでしょうか。

僕自身、「記事」を書く前に、約2年間ほど「ブログ日記」を書いていたのですが、その時を含めて、ほとんど読者数は伸びませんでした。

色々悩んだ結果、今年3月に「このままじゃ、ダメだ!」と思い、SEOを意識した「記事」の執筆を開始。

9ヶ月経過し、初月と比べると検索からブログに訪れてくれる読者は、約7倍にまで増えました。

僕が学んだアクセスを伸ばしていくポイントは、「読者優先」で書くということ。

本記事の前半では、「読者優先」でブログを書くことの重要性と具体的な方法を解説し、後半では、マネタイズまでの流れを合わせて解説します。

よければ、最後まで読んでみてください。

ブログが伸びないのは、読者優先で書いていないから

読者優先で書くのが鉄則です。

自分が書きたいことを書く=NG

ブログは、「自分が書きたいことを書く」というマインドは、NGです。

芸能人であれば、基本何を書いても一定のニーズがありますが、一般人はかなり難しいはず。

読者のためにならない(ニーズを満たしていない)記事だと、そもそも読んでもらえません。

残念ながら、読んでもらえないブログ記事には、価値はないと言えるでしょう。

NGの例

①:一般人の日記系のブログ
②:意見ばかりのブログ
③:告知系がメインのブログ

例えば、上記のようなもの。

僕自身、最初は芸能人のマネをして、2年ほど「ブログ日記」を書きましたが、結論から言えば、自分が求めるような結果は出せませんでした。

ヘタな勘違いを起こさずに、「人は、自分には興味がない」というスタンスで、きちんと読者ニーズを満たす記事を書く方がいいと思います。

残念ですが、事実として興味はないはずなので。。。

「でも、自分のブログなんだから、好きなことを書きたい!」という人は、もちろん書いてもいいですが、その前に、次のポイントを再確認しておいた方がいいかもです。

ブログを書く「目的」を再確認しよう

ブログを書く目的を再確認しておきましょう。

日々、継続してブログを書く中で、最初の「目的」は案外忘れてしまいがちなもの。

更新することばかりに気が向くあまり、油断すると、初心を忘れます。

「好きなことを書いていいかどうか」の判断基準

「そもそも、好きなことを書くためにブログを始めた」
「ブログを通して、文章を書く練習をしたい!」

このような人は、好きなことを書くべきだと思います。

ただし、「ブログで収益化したい」と考えている人であれば、好きなことを書くのはNG。

収益化を目指すなら、最優先すべきは、読者ニーズを満たした記事を書くこと。

自分が書きたいことかどうかは、二の次です。

読者ニーズを最優先にする

読者ニーズを最優先に考えましょう。

重要なので繰り返しますが、「収益化」を目指すのであれば、きちんと読者の悩みを解決する記事を書くべきです。

自分が何か悩みがあって検索する側だとすれば、解決に導いてくれる記事の方がいいですよね。

シンプルな理屈です。

「悩み」を解決する記事を書くために必要な手順

①:読者の悩みを想像する
②:解決策を考える
③:適切な構成で文章を書く

上記のとおり。

ブログは、読者の悩みを解決するもの。
書きたいことは封印し、読者ニーズを最優先にして記事を書きましょう。

ブログが伸びない状況から、抜け出す方法

以下、読者ニーズを満たしながら、記事を書くために必要な内容です。

検索されるキーワードを軸に、記事を書く

読者に検索されるキーワードを調べてから、記事を書きましょう。

なんとなく、ぼんやりとした雰囲気で書き始めると失敗します。(※僕も、失敗済み)

言うまでもありませんが、多くの人が悩んでいる内容の方が、「解決したい!」と考えている人も多いはずなので、結果として、記事を読んでもらえる可能性が高くなります。

例えば、今であれば、「ポケベルの使い方」と、「スマホの使い方」、どちらが検索されるかは明らかですよね。

具体的な方法は?

ラッコキーワードを使いましょう。

上記のように、検索窓にキーワード(例:ブログ )を入れて検索し、赤枠で囲った部分に注目します。

10個の組み合わせごとに、書けそうな内容から順番に記事を書いていけばいいです。

書けないものは、無理して書く必要がありません、、、てか、書けませんよね。。。

キーワードを無視して書くと、かなり効率が悪くなりますし、読者ニーズを満たすことができないので、毎回キーワードを確認しながら、網羅的に書いていく方がいいです。

検索されるキーワードを調べてから記事を書く。
これは、必須です。

読者の悩みを正しく把握する

キーワードを選んだら、想像力を働かせて、読者の悩みを正しく把握しましょう。

悩みが正確に把握できれば、読者ニーズを最優先にした記事が書けます。

逆に、悩みがきちんと把握できないと、トンチンカンな記事になり、読者にとって不要な記事になります。

サラッと言ってますが、ここがメチャクチャ難しいです。

本記事での具体例

本記事のキーワードは、「ブログ」と「伸びない」、この2つです。

実際に記事を書く前に、この2つのキーワードから読者の悩みを考えました。

僕が考えたのは、以下のとおり。

①ブログが伸びない(状況についての悩み)
②ブログのアクセスを伸ばしたい(悩みを解決したい!)
③マネタイズしたい(プラスαでメリットがあればいいなぁ)

「ブログが伸びないから、伸ばしたいのかな?」だけでもいいのですが、「じゃあ、なぜ伸ばしたいんだろう…?」と、もう一歩掘り下げて考えると、その先には、「収益化したい」という思惑があることがわかります。

読者の悩みを正しく把握することで、より読者ニーズを満たした記事につながります。

1本ずつ、真剣に記事を書く

1本ずつ、真剣に記事を書きましょう。

真剣に書かないと、次第にブログ更新が楽しくなくなります。
結果、惰性で時間を無駄にすることになりかねません。

精神論っぽいですが、重要です。

ちなみに、ブログは、ただ継続するだけでは伸びません。

繰り返しですが、読者ニーズを満たし、読者の悩みを解決する記事を書くことが大切です。

真剣に「記事」を書く心構え

その①:読者の悩みを明確にし、解決策を提示する。プラスαの要素まで、解説できればなおよし。
その②:最大限、丁寧かつ、わかりやすく記事を書く。
その③:時には、書かない勇気も持つ

上記のとおり。

「その③」について補足すると、ブログを伸ばすためには、「量」も必要ですが、とはいえ、テキトーに記事を書くぐらいなら、書かない方がいいです。

質の低い記事は、サイトにも悪影響を与えてしまうとか、、、

手を抜くことで自分への悪影響もあるので、気分が乗らなかったり、うまく内容がまとまらない時は、休みつつ、準備の時間に充てるのも効率的です。

結論、1本ずつ、真剣に記事を書きましょう。

ブログアクセスが伸びれば、マネタイズは可能です【初心者でも大丈夫】

ブログから収益を得る方法を解説します。

アクセスが伸びれば、初心者でも収益化できる

ブログのアクセスが伸びれば、初心者でも収益化できます。

ただし、かなりの確率で「少額」だということ。

「ブログは稼げる!」という言葉を鵜呑みにして、最初から期待値を上げすぎると、挫折するので注意が必要です。

ブログは、主に「広告費」が収益です。

具体的には、

①:Googleアドセンス
②:ASPアフィリエイト

この2つ。

初心者のうちは、たぶん「Googleアドセンス」の方が、収益になりやすいです。

ここまで読み進めていただくまでに、1つ、本文の間に広告が入っていたと思います。
それが、「Googleアドセンス」です。

読者が、クリックするだけで、僕に収益が入る仕組みの広告ですね。

続いて、②のアフィリエイトで収益化するには、ASPに登録する必要があります。

僕は今のところ下記3社に登録済み。

A8.net
アクセストレード
afb

無料で登録できるので、先に審査は済ませておいた方がいいかもですね。

初心者は、Amazonアソシエイトも利用しよう

初心者は、Amazonアソシエイトもいいです。

実際、僕もAmazonアソシエイトから収益が出始めました。

Amazonは、ブランド力も高いので、収益化までのハードルが下がります。

例えば、同じ商品を買うにしても、名前も聞いたことがない会社と、Amazonを比較すると、よほど値段に差があるとかでない限り、「Amazonから買う」を選ぶ人が多いのではないでしょうか。

安心感があるからですね。

Amazonアソシエイト



例えば、上記のようなものを見たことがある人も多いと思います。

このリンクを読者がクリックして、商品が売れると、一部が収益として入る仕組みです。

ちなみに、上記のように書籍などを売る場合、「Kindle」のリンクも作れるので、その点も、Amazonアソシエイトはオススメですね。

まずは、アクセスを優先

ここまで、3つほどマネタイズする方法を説明しましたが、とはいえ、まずは、アクセスを集めることを優先しましょう。

アクセスがないと、いくら広告やリンクを設置しても、効率は悪いです。

どうやってアクセスを集める?

結論、「読者優先」の記事を書くです。

やはり、ここが出発点。
どうやら、外すことができないポイントのようです。

読者優先の記事を書く → ブログのアクセスが上がる → マネタイズできる可能性が高まる

シンプルに、この理屈です。

以下に、本記事の内容をまとめますので、再度サクッとおさらいしてください。

・ブログが伸びないのは、読者優先で書いていないから
・自分が書きたいことを書く=NG
・ブログを書く「目的」を再確認しよう
・読者ニーズを最優先にする
・検索されるキーワードを軸に、記事を書く
・読者の悩みを正しく把握する
・1本ずつ、真剣に記事を書く
・アクセスが伸びれば、初心者でも収益化できる
・初心者は、Amazonアソシエイトも利用しよう
・まずは、アクセスを優先

本記事は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。