BLOG

なぜあなたはブログが続かないのか?【理由5個と対処法を解説】

2021年7月10日

あなたは、「ブログが続かない。俺って、ダメなやつかも…」と悩んでいませんか?

こんにちは、Tatsuyaです。
今回は「ブログが続かない理由」をメインテーマに解説します。

最初に伝えておくと、あなたは別にダメじゃないので大丈夫ですよ。この「ブログ続かない問題」は誰しもぶち当たる、いわば普通のことなので心配いりません。

もちろん、理由をピックアップして対処するのは大事なので、この記事ではそのあたりをフォローしますね。

僕自身ゼロからスタートしましたが、今では300記事以上書くことができたので、あなたもきっと大丈夫。

ブログが続かない理由5個と、それぞれに対する対処法をセットでご紹介します。

ぜひ最後まで読んで、お役立てください。

なぜあなたはブログが続かないのか?【理由5個と対処法を解説】

ブログが続かない理由は、全部で5個あるので先に箇条書きしますね。

おそらく、どれかに当てはまっているはず。なので、ピンポイントで読んでもらってもOKです。

  • 理由①:思ってたより結果が出ない
  • 理由②:優先順位が低い
  • 理由③:モチベーションで何とかしようとしている
  • 理由④:ブログ関連の勉強が不足している
  • 理由⑤:更新ペースが乱れると、自己嫌悪になる

これらすべてに解決策があるので安心してください。では、順番に見ていきましょう。

理由①:思ってたより結果が出ない

ブログって、想像してたより大変じゃないですか?

内容も決めなきゃいけないし、毎回文章を書かなきゃいけない。もちろん継続しなきゃいけないし、おまけに、書いたからと言って必ずアクセスが伸びるとは限らない。そう考えると、ブログって結構ハードですよね。

でも「何だかいけそう」と思ったからブログを始めたわけじゃないですか。この時、たぶん無意識だと思うんですけど、「期待値を上げすぎてた可能性」があると思うんです。

なぜ期待値を上げすぎるかというと、世の中の情報が煽ってくるから。「ブログは簡単に稼げますよ」「僕は3ヶ月で10万円稼ぎました」みたいな情報ですね。広告でも流れてくるし、Twitterのタイムラインにも大量に流れてくる。

こういった情報に繰り返し触れることで、無意識の間に「俺にもできるはず」と思うようになります。自信を持つのは素晴らしいですが、煽られすぎて無闇に期待値を上げすぎると、現実とのギャップにぶん殴られて、心が折れます。

対処法①:期待値を上げずに、コントロールできることだけに淡々と取り組む

ブログは長期戦ですからね。なるべく淡々と取り組むのが良いです。期待値を上げすぎないこと。結果を急ぎすぎないこと。

マジで伝えたいことなのですが、もし簡単に稼げるなら全員ブログやってますからね。でも現実はそうじゃなくて、途中で離脱してしまう人が多い。我慢できなくて、放り出してしまう。煽られて期待値を上げすぎると、こうなります。

具体的な対処法としては、自分がコントロールできることだけに集中すること。例えば、「今週、2本記事を書く」は自分でコントロール可能ですが、「今週、1000円稼ぐ」はコントロール出来ませんよね?

コントロール出来ないことは、無視する。だって、どうにもできませんから。淡々とやるべきことをやって、あとは委ねるしかありません。

思ってたより結果が出ない状況って、最初はショックだったりします。この時、向き合い方を間違えると「挫折」につながるので、「ちょっとヤバいかも…」という方は、以下記事もあわせてご覧ください。

理由②:優先順位が低い

あと、ブログの優先順位が低いと、まず続きませんね。

なぜなら、基本的に僕らは怠け者だから。ようするに、誰しもラクをしたいわけです。ラクして稼ぎたい。片手間でサラサラ書いたブログがお金を運んでくる。そんな妄想が渦巻いてます。あなたは、ラクしたくないですか?

でも無理なんですよ。これは受け入れるしかない。「空いた時間に、ブログ書けばいいや〜」という考えだと、間違いなく続きません。最初、まだ気持ちが新鮮なうちは書けるかもしれませんが、1週間後には続いてない可能性が高い。

対処法②:犠牲を受け入れよ

ブログの優先順位を上げると、当然ながら時間が取られます。なので、これまで別のことに割いていた時間を削ることになります。つまり、犠牲が必要になるということ。この事実を受け入れてください。

「犠牲は必要ないです」「我慢しなくてOKですよ」と甘い言葉であなたを勇気づけ、説得できれば良いのかもしれませんが、これは経験から言って無理です。

  • 早起きする
  • YouTube&SNSを見る時間をカットする
  • 飲み会を断る
  • 夜のひとりビールを控える
  • 休日もブログに時間を使う

例えば、こんな感じ。ブログの時間を作るために、何かを削る。

ストイックにやり過ぎると、パンクするのでやり過ぎは禁物ですが、とはいえ犠牲ゼロは現実的じゃないので、「自分は何を犠牲にすべきか」と思いを巡らせてみてください。

そうすれば時間が生まれるので、ブログの優先順位を上げることができます。

理由③:モチベーションで何とかしようとしている

ブログの継続をモチベーションに頼るのはNGです。

なぜなら、モチベは日によって変わるから。高いレベルでモチベを固定できれば良いですが、これは不可能なんです。気分が乗ってる日もあれば、どうしてもやる気が出ない日もありますよね? これは仕方ないし、避けられない。モチベーションに頼ると確実に振り回されますよ。

対処法③:小手先のテクニックでモチベを上げようとしない

モチベを上げるための小手先テクは不要です。瞬間的に上がったモチベはすぐに下がりますからね。それより、本質に目を向けるべき。基本的に、モチベーションが上がることと、ブログを継続できることは別の問題です。

これまで、モチベを上げようとした経験はありませんか?

  • 筋トレで格好良いからだをゲットしてモテまくる
  • 今年の夏までにダイエットする
  • 英語ペラペラ目指して猛勉強する

例えば、こういったことで。たぶん誰しも一度くらいあると思うんです。でも、そのモチベって今でも続いてますか? 実現できてますか?

厳しい現実ですが、ほとんどの人が続いていない。それが答えですよね。もちろん、モチベが高いにこしたことはないですが、依存しても意味はないということを伝えたいんです。モチベが高いことと、実際にやることは別問題なので。

ブログのモチベに関しては、他の記事でも解説しているので、「もう少し踏み込んで理解したい」という方は、以下を参考にどうぞ。モチベについて大事なことは一つだけだと、僕は思っています。

理由④:ブログ関連の勉強が不足している

4つ目の理由は、「ブログ関連の勉強が不足している」です。

勉強が不足すると、「ブログで結果を出すために何をやればいいのかわからない…」という完全手探り状態に陥るので、未来のイメージができないんですよね。つまり、走ってはいるけど、方向があっているかわからない状態。ぶっちゃけ、これは結構ツラいです。

「このままで良いのかなぁ…」と不安を抱きながら、ブログを書き続けるのって大変じゃないですか? しかも、仕事が終わった後にです。正直、不安だと思うんですよ。僕自身がそうだったので、この気持ちはよくわかります。「いつか伸びるはず」と信じてやるしかない。でも根拠はゼロです。ある種、ただの運任せみたいなもの。これだけだとキツイ。

対処法④:ブログ運営に必要な武器を手に入れる

ここで言う武器とは、知識のこと。つまり、知識を学ぶ。「少なくとも、進んでる方向は合ってるよね」という状態を作る。

そのためには、他人のブログを読みまくるのもありですが、より普遍的な知識を学ぶためには、本から知識を吸収するのが効率的かつ網羅的です。

  • 基本的な文章力
  • ブログ周りの知識
  • マーケティング
  • セールスライティング
  • 心理学

こういった知識を知ってるのと全く知らないのでは、あとあとブログ運営で大きな差になりますからね。

以下記事で、ブログ運営に役立つ本をまとめているので、この機会にぜひチェックしてください。きっと今後のブログ生活が明るくなるはずです。

理由⑤:更新ペースが乱れると、自己嫌悪になる

サボって自己嫌悪になって、ブログを書くのが嫌になるパターンも多いんですよね。自分で決めた更新ペースが乱れた時に、この状態になりがち。

ブログ執筆のペースが乱れて、書くのが嫌になって、ズルズルと数日サボった経験はありませんか? 自己嫌悪になって、再スタートまでに時間がかかって、余計に嫌になる負のスパイラルを経験したりしませんでしたか?

これ、ブログあるあるなんですよ。もちろん、僕もあります。というか、ブログ書いてる人なら誰しもあると思います。これについては、いちいち気にしてたらメンタルが疲れます。

対処法⑤:自分の最適な更新ペースを探す

ブログ更新への意識を変えましょう。

どう変えるか?

「更新ペースを守る」から「最適な更新ペースを探す」へと意識を変えます。ペースを守るのはその後。つまり、最適な更新ペースを探すのが先です。

この順番を間違えると、あなたに負担がかかる。「周りの人が毎日更新してるから」みたいな感じでポリシーなく影響されると、結局は守れないペースを選ぶことになり、待ち受けるは、自己嫌悪の未来です。

更新ペースなんて、体質と同じ。人それぞれですから、周りと比べて決める必要はありません。あなたにとって最適なペースを見つけること。そして、そのペースを守る。合わなきゃ、また最適なペースを探す。その繰り返しでベストを見つけるのが正解です。

それでもブログが続かない人へ伝えたいこと【経験談あり】

とはいえ、「それでもブログが続かない」なんてことも、ないとは言えません。後半では、そんな方に伝えたいことを簡単にまとめました。僕からの提案です。

いったんブログを休みませんか?

どうしてもブログが続かない時は、いったんブログを休憩しませんか?

理由は、無理に頑張っても悪循環になるだけだから。低品質な記事を書いても、結局のところ「読まれない → 結果が出ない」の流れを辿るので、さらにつらくなります。これだと意味がないですよね?

やることは超シンプル。
いったん、ブログから離れて休む。
これだけ。

正直なところ、僕は「中断する期間は決めなくていい」と思っていて、書きたくなるまで待つのが良いです。焦っても良いことないですからね。ブログは長期戦なので、完全に辞めない限り、ゆっくり休めばいいんですよ。

少しだけ僕の経験談をシェアしますね。

僕が90日間サボり倒して学んだ1つの真実

実は僕も、過去にブログ更新をサボリ倒していた時期があるんです。

やる気を出そうとしても出ない。やらなきゃいけないとわかってても、どうしても手が動かせない。メンタルの乱高下。気持ち的にも結構つらかったです。でも、その時に覚悟決めて、「徹底的に休んだろ」と思ったんです。丸90日、ブログから離れました。その結果、「1つ学んだこと」があります。

それは、自分の気持ちに嘘偽りなく、心から「俺はブログをやるんだ」と思えない限り、続けるのは難しいということ。

ブログの継続は大変なんですよ。自分の中で迷いなく納得してない状態で、「なんとなくお金になりそうだから」というフワフワした期待感で続けても、やっぱり厳しい。

しばらくブログから離れて、時間を作って、自問自答してみてください。自分の気持ちに嘘なく、心からブログを続けることに納得できるかどうか。ここを見極めましょう。

ブログを続けるには、「腹落ち」が重要な件

結論、ブログを続けるには、心からの納得が重要です。つまり、腹落ちですね。

腹落ちさえすれば、少しぐらいきつくても頑張れます。もちろん「腹落ちする = 継続が余裕になる」ではないですが、気持ち的に全然違う。迷いがなくなる。

繰り返しですが、腹落ちさせるには、徹底的な自問自答が欠かせません。「心から嘘なく、自分はブログを書きたいと思ってるのか?」と問いかけてみてください。言い聞かせはNGですよ。その瞬間は自分を騙せても、また「あぁ、やっぱり継続できない…」とヘコむことになるので。

仮に、腹落ちに時間がかかるとしても、ゆっくり時間をかければOKです。ブログ更新を休むことで見える景色もあるので、気長に待ちましょう。少しぐらいブログを休んだところで、何ら問題ないので大丈夫ですよ。安心してください。挫折して完全にやめてしまうぐらいなら、腹落ちするまで、ゆっくりすればいいんです。これマジです。

まとめ:ブログが続かない理由を把握して、一歩ずつ前進しよう

今回は「ブログが続かない理由」をテーマに解説しました。

いかがでしたか?

たぶん、あなたに当てはまっている理由が見つかったんじゃないでしょうか。この記事が、ブログを続けるキッカケになれば嬉しいです。

普段、Twitterでもブログに関する情報を発信しています。この記事が少しでも参考になった方は、ぜひフォローしてお役立てくださいませ。

ブログを続けられるようになったら、しっかりと収益化を目指して記事を書いていきましょう。以下記事も、よければ参考にしてください。

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-BLOG
-