BLOG

ブログのネタがないと感じる原因2つと解決策4つを解説【初心者向け】

2021年8月12日

「ブログを書き始めたけどネタがない…。」

こんな悩みを抱える方向けです。

  • ブログのネタがないと感じる原因2つ
  • ブログネタがない時の解決策4つ

こんにちは、Tatsuyaです。
今回は「ブログのネタがない」をテーマに解説します。

特にブログ初心者の方は「あぁ、書くネタがない…。」と悩むことも多いのではないでしょうか?

僕も「いつかネタがなくなるかも」と不安を感じていた時期もありましたが、2年以上継続して書いてこれたので大丈夫です。

この記事では、ブログのネタがないと感じる原因2つと、解決策4つを解説します。

読み進めていただくことで、ブログのネタに悩む回数も減ると思いますよ。

4分ほどでサクッと読めます。
最後までお付き合いください。

ブログのネタがないと感じる原因2つ

よくある原因2つを解説します。
自分に当てはまっていないかどうか確認してみてください。

原因①:ブログの軸があいまい

ブログの軸があいまいだと、ネタがないと感じます。

要するに、ブログの方向性が定まっていない状態ですね。

「とりあえず思いついたことから書いていくよ〜」というタイプの人は注意が必要です。

捉え方を変えれば「何を書いてもOK」なのでネタが無限に出てくるように感じるかもしれませんが、ある程度、方向性を定めておかないことには、途中で「何を書けばいいんだろう…。」となりがち。

例えば、下記をご覧ください。

  • 何でもいいから書いて
  • 高校時代のことを書いて

上記2つを比べると、後者の方が書きやすいはず。
なぜなら、ある種の縛りがあるから。

人は制約があった方が、頭がフル回転します。

ブログの軸があいまい=縛りがない状態なので、ネタがない、、、となりがちですね。

原因②:自分のことばかり書こうとしている

ブログで自分語りばかりするのも、「ネタがない…。」と感じる原因の一つです。

こちらも同じく「何を書いてもOK」な状態だから。
自分のことが好きすぎる人は別として、普通はどこかでネタが無くなります。

  • 日常の出来事
  • 経験談
  • 物事の考え方
  • 面白エピソード

特にこのような内容をメインで書いている場合は、自分語りが多くなるので注意です。

自分のことばかり書こうとしていないかどうか、確認してみてください。

ブログネタがない時の解決策4つ

後半では、解決策4つを解説します。
僕的に「これは大事だなぁ〜。」と思ったものに絞ったので、ぜひ参考にしてくださいね。

解決策①:ブログの方向性を定める

まずは、ブログの方向性を定めましょう。
要するに、ジャンルを絞ること。

前半でも解説したように、方向性を定めることである種の縛りが生まれるから。
繰り返しですが、制約があった方が、結果として書きやすくなりますよ。

例えば、

  • ブログ運営のノウハウ
  • 映画の感想
  • 主婦向けの節約術

こんな感じ。

ジャンルが決まらない人は、ブログジャンルが決まらない時にやること3つあたりも参考になると思います。

「ジャンルを絞るとネタがなくなりそう…。」と不安に思う人がいるかもしれませんが、僕の経験では、テーマを絞ることで1つのことを深掘りして考えるクセがつくので、逆にネタが増える感覚ですね。

まずは、ブログの方向性(ジャンル)を定めてみてください。

解決策②:読者視点で書く

2つめは、読者視点で書くこと。

つまり、読者に役立つ記事を書くことに集中するわけですね。

読者視点の持ち方

シンプルに考えてください。
大切なのは、次の2つです。

  • 読者の悩みを想像する
  • 想像した悩みを解決する

これもある種の縛りといえます。

ブログで自分語りばかりしている人は、いったん封印して、上記2つに集中してみてください。

読者視点でブログを書くことで、やるべきことが明確になるので、ネタがないと悩むことは少なくなりますよ。

読者の悩みを想像するためには、検索意図を考えることが重要なので、「この部分、もう少し掘り下げて学んでおきたい。」という方は、以下記事も参考にどうぞ。
» SEOにおける検索意図の大切さとは

解決策③:グーグルの検索窓を使う

 
3つめは、グーグル検索窓の活用です。

というもの、検索窓に言葉を打ち込むと、関連キーワードを表示してくれるから。

もし、ブログのネタに関する悩みがあるなら、「ブログ ネタ」とグーグルの検索窓に打ち込んでみましょう。

ブログネタの関連キーワード

たぶんこんな感じになるはず。

各キーワードが読者の悩みの断片なので、そこから悩みを想像して、解決策を考えればOKです。
これで1記事書けますね。

グーグルの検索窓は、ネタの宝庫ですよ。

解決策④:勉強する

 
4つめは、超シンプル。
自分が決めたブログジャンルの勉強です。

勉強する

知識が増える

ブログにアウトプットする

勉強することで、上記のサイクルが生み出せます。

自分が取り組むジャンルの勉強をサボると、いつかはネタが枯渇するので、日々少しずつ勉強を重ねるのが大事です。

ブロガー向け勉強法

競合分析がおすすめ。
要するに、ライバルの記事をたくさん読むことです。

たくさん読めば、幅広い知識に触れることができますし、ブログの書き方や、文章のリズムをつかむ勉強にもなります。

やることはシンプル。

  • ①同じキーワードでグーグル検索する
  • ②検索上位の記事に目を通す

これだけ。

勉強しましょう。
基本かつ、重要です。

まとめ:ブログのネタがない状況は、解決できる

今回は「ブログのネタがない」をテーマに解説しました。

再度おさらいです。

ブログネタがない時の解決策4つ

  • ①ブログの方向性を定める
  • ②読者視点で書く
  • ③グーグルの検索窓を使う
  • ④勉強する

ネタが無限に湧いてくる魔法のコツは存在しないので、基本を大切にながらコツコツと記事を書いていきましょう。

記事の書き方は、下記を参考にどうぞ。
» ブログアフィリエイト記事の書き方

🦉普段、Twitterでもブログに関する情報を発信しています。この記事が少しでも参考になった方は、フォローしてお役立てください。

最後までありがとうございました。
以上です。

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-BLOG
-