ブログネタがない?主な原因2つと解決策4つを簡単解説【初心者向け】

「ブログのネタがない…」

「そんな時、どうすればいいの?」

こんなお悩みを解決する記事を書きました。

記事の内容

・ブログネタがない? 主な原因2つ
・「ブログネタがない」の解決策4つを簡単解説

この記事を書いてるボクは…

ブログ歴1年4ヶ月。これまで220記事ほど更新しています。

今回の記事は『ブログネタがない』がテーマ。

ブログを書き始めたばかりの頃は、どうしても「ネタがない…」と悩んでしまうもの。

この記事では、ネタがないと感じる主な原因2つと解決策4つを簡単に解説します。

本質的な原因は2つだけなので、これからどんどんブログを書いていくために、最後までサクッと読んでください。



ブログネタがない? 主な原因2つ

「ブログネタがない…」となるのは、主に今から説明する2つが原因です。

自分に当てはまってないかどうか確認してください。

原因①:ブログの軸があいまい

ブログの軸があいまいだと「ネタがない…」と感じます。ようするに、『ブログの方向性』が決まってない状態ですね。

見方を変えれば『何を書いてもOK』な状態なのですが、ある程度、内容を絞らないと逆にネタがないように感じて書くのが難しくなります。

例えば、「何でもいいから書いて」と言われるのと、「高校で1番の思い出を書いて」と言われるのでは、たぶん後者の方が書きやすいはず。ブログも同じで、適度な制約(方向性を決める)があることで書きやすくなるわけですね。

1つめの原因は、ブログの軸があいまいだからです。

原因②:自分主体の内容ばかり書こうとしている

2つめの原因は、『自分主体の内容ばかり書こうとしている』です。簡単に言えば、自分語りばかりの状態ですね。

自分語りも同じく『何を書いてもOK』な状態なので、逆にネタ切れしているような感覚になります。

・日常の出来事
・経験談
・物事の考え方
・面白エピソード

他にもたくさんありますが、例えば上記のような内容の場合、ついつい自分語りばかりしてしまうことが多いです。

「ネタがない」と感じるときは、ブログで自分語りばかりしていないかどうか、いま一度、確認してみてください。

「ブログネタがない」の解決策4つを簡単解説

「ネタがない…」と感じる時に有効な解決策4つを解説します。本質的なものだけに絞ったので、参考にどうぞ。

解決策1:ブログの方向性を定める

まず、ブログの方向性を定めましょう。

簡単に言えば、内容の『ジャンル』ですね。
なぜなら、ある程度、内容を絞った方が書きやすいから。

例えば、下記のようなイメージ。

・ブログ運営のノウハウ
・映画や本の感想
・生活の知恵(料理・節約)

「方向性を決めた方がネタがなくなりそう」と不安に思うかもしれませんが、逆に絞ることで、1つのジャンルを深掘りして考えるクセがつくので、「ネタがない…」と感じにくくなりますよ。

自分で方向性を定めてもいいですし、「よくわからない…」という方は参考記事を用意したので、ブログを始める前にやるべきことは1つ!知っておきたい注意点も解説をご覧ください。

ブログの方向性を定めるのは重要です。

解決策2:自分語りはやめて読者視点で書く

2つめは、自分語りはやめて読者視点で書くこと。ようするに、読者が抱える問題を解決する記事を書くわけですね。

ブログの目的を『問題解決』にすることで、さらに内容が定まり、書きやすくなります。

例えば、この記事は『ブログネタがない』をテーマにしていますが、僕の個人的な苦労話ばかりを並べて自分語りをしても、「知らねーよ」となりますよね。

であれば、「ブログネタがない」と感じる原因と解決策を書いた方が、役立つ可能性が高いはず。

読者視点で書くと決めれば、やることも明確になるので、「あぁ、ネタがない…」となりにくくなります。

解決策3:SEOキーワードから逆算

 
3つめは、SEOキーワードから逆算してネタを考えること。キーワードから逆算することで、毎回ゼロからネタを考えなくて済みます。

なぜなら、キーワードには読者の悩みが詰まってるから。

仮に『ブログネタ』に関する悩みがある人なら、Googleに打ち込んで検索する人も多いはず。

解決策3:SEOキーワードから逆算

すると、こんな感じに『キーワードの組み合わせ』が出てくるので、それぞれのキーワードに対して、「これを検索する人ってどんな悩みがあるのかな?」と想像しながらブログを書いていけばOK。

キーワード選定についてさらに詳しく知りたい方は、ブログキーワードの選定方法解説!キーワードプランナーを使えばOKをどうぞ。

SEOキーワードから逆算して考えれば、解決できます。

解決策4:勉強する

 
最後4つめの解説策は、勉強すること。

自分の書けることだけを書いていると、次第に内容が薄くなっていくのはたしか。方向性を絞って書くぶん、勉強時間を作ってインプットするのが重要です。

本とかで学ぶのもいいですが、手軽なのはネットで勉強ですね。興味があることや、自分がブログに書こうとしている内容を調べて、少しずつ知識を蓄えていく感じ。

個人的には、勉強方法は『競合分析』するのがいいと思っていて、知識を得る勉強にもなりますし、ブログの書き方の勉強にもなるので、時間を無駄にしなくていいです。やり方は、ブログの勉強は「競合分析」がおすすめ!偏らない知識を得る手順4つにまとめてるので、興味ある人はサクッと学んでみてください。

当たり前かもですが、勉強は大事です。

まとめ:「ブログネタがない」は、逆に絞ることで解決できる

今回は『ブログネタがない』をテーマに解説しました。

ブログの方向性を絞り、さらに「読者視点で書く」と絞ることで、逆に「ネタがない…」という状態を解決できます。

再度、おさらいです。

ブログネタがない? 主な原因2つ

原因①:ブログの軸があいまい
原因②:自分主体の内容ばかり書こうとしている

「ブログネタがない」の解決策4つを簡単解説

解決策1:ブログの方向性を定める
解決策2:自分語りはやめて読者視点で書く
解決策3:SEOキーワードから逆算
解決策4:勉強する

本記事を読んでくれた人に参考になりそうな記事を2つ用意したで、よければ合わせて参考にしてください。

ブログ初心者も実践できる!読みやすいブログの書き方のコツ8つ

ブログアフィリエイト記事の書き方【最初の1円を稼ぐ3つの手順】