BLOG

ブログに書くことない時の対処法【ちょっとした考え方で解決できる】

2022年3月29日

「ブログを始めたけど、書くことがない…。どうすればいいの?」

こんな疑問に答えます。

  • ブログに書くことない時の対処法
  • それでも「ブログに書くことない」と感じる人へ【補足です】

今回は上記の流れで解説します。

前半が「対処法」で、後半が「補足情報」です。

とくにブログ初心者の場合、やる気があっても「書くことないなぁ…。」みたいな状態になりがち。

僕自身、最初の頃はよく悩んだのですが、今ではほとんど困らなくなりました。

実は、「ちょっとした考え方」で解決できる問題なので、ぜひこの記事を読んでみてください。

5分ぐらいで読めます。
最後までどうぞ。

ブログに書くことない時の対処法

前半では、具体的な対処法を解説します。繰り返しですが、「ちょっとした考え方」を理解できるかどうかが大事です。

「ブログ=問題解決をするもの」と定義しよう

ちょっとした考え方とは、「ブログ=問題解決をするもの」と定義することです。正直これだけで「書くことない…」と悩む回数は大幅に減るはず。

というのも、ブログの定義をはっきりさせることで、僕らがやるべきことが明確になるから。

  • その①:読者の問題(悩み)を理解する
  • その②:読者の問題(悩み)を解決する

基本的にはこれだけです。

逆に言えば、「書くことがない」と悩む人の多くが、ブログの定義があいまいです。

注意:ありがちなパターン

ちなみに、ブログに対して以下のように思ってたりしないですか?

  • 書きたいことを書かなきゃ
  • 立派な内容を書かなきゃ
  • 誰も知らないことを書かなきゃ
  • 面白いことを書かなきゃ

ぶっちゃけ、これらはあまり重要ではないです。あくまで読者は、「このブログを読むことで、自分の問題は解決できるの?」が知りたいだけだから。

今すぐ、「ブログ=問題解決をするもの」と定義しましょう。そうすることで、やるべきことが明確になります。

  • その①:読者の問題(悩み)を理解する
  • その②:読者の問題(悩み)を解決する

繰り返しですが、上記2つが大事です。

グーグルの検索窓を活用しよう

ここからは、「具体的に何をすればいいの?」を見ていきましょう。

結論、グーグルの検索窓を使えばOKです。

なぜなら、読者がどんな言葉で検索しているかがわかるから。読者が検索している言葉がわかれば、読者の問題(悩み)が理解できるので、解決策を考えることができますよね。

ちょっと具体例を見てみましょう

例えば、グーグルの検索窓に「ブログ ネタ」と入れると、こんな画面になります。

Googleの検索窓に「ブログ ネタ」と入力した画面

実際に検索されている言葉なので、それぞれの言葉の組み合わせに対して、ブログを書けばOKです。当然ながら入力する言葉を変えれば、別の組み合わせがたくさん出てきます。

つまり「書くことがない」はあり得ないわけですね。グーグルの検索窓を使うだけで、書くべき内容はたくさん見つかります。

さらに効率化する方法

毎回グーグル検索窓で調べるのが面倒な人は、書けそうなキーワードを事前に洗い出しておくのがおすすめ。

僕もエクセルにまとめています。

キーワード選定したエクセル表

上記のとおり。

先に整理しておけば、より効率的ですよね。参考記事を載せておくので、興味があればあわせてどうぞ。
» SEOキーワード選定とは?【基礎知識からの入門編/完全初心者向け】

親しい友達に向けて書くイメージ

あと、親しい友達に向けてブログを書くイメージを持つと、わりと書きやすくなったりしますよ。

なぜなら、「書くことない=小難しいことを書かなきゃ」と思ってる可能性があるから。要するに、自分の勝手な思い込みで難しく考えすぎて、「書くことがない」と感じている状態ですね。これは間違いです。

僕自身、これまでたくさんブログを読んできましたが、「寄り添ってくれるブログ」は読みやすいなと思います。

自分の友達が困っていたら、助けてあげる人が多いはず。ブログも同じですね。親しい友達に向けて書くイメージで取り組むことで、肩の力も抜けるので、「書くことない、、、」と悩むことも減りますよ。

ブログの書き方がイマイチわからない方は、参考記事をご覧ください。
» ブログ記事の書き方を徹底解説します【初心者向け/保存版です】

書くことに慣れるのが大事です

加えて、ブログを書くこと自体に慣れることも大事です。

書く経験を重ねることで、「こんな感じで書けばいいのか」とわかってくるので、悩まなくなるから。

逆に言えば、書くことに慣れないことには、うまく書けないストレスを感じるので、結果として「書くことない、、、」とある種の逃避をすることになります。

ブログを書き始めたばかりの人は、まず「100記事」を目指しましょう。

100記事書き終える頃には、ブログに慣れている人が多いはず。当たり前かもですが、大事なことですね。
» ブログ初心者は100記事書けば伸びる?【続けるコツ7つを簡単解説】

それでも「ブログに書くことない」と感じる人へ【補足です】

後半は、補足的な内容です。自分に活かせそうなものがあるか、確認してみてください。

競合記事の内容を補う

他の人のブログを読んでみて、その内容を補う記事を書くのもありです。

  • 手順①:競合記事を読む
  • 手順②:足りないと感じたポイントを見つける
  • 手順③:補足しつつ記事にする

具体的な流れは、上記のとおり。

例えば、「ブログネタの探し方は書いてあるけど、注意点の情報がないなぁ」と思えば、注意点を加えた記事を書くなどですね。

分析は、レベルUPにつながる

他の人のブログを読むことで、内容を分析するスキルも身につきますし、自分自身のレベルUPにもつながります。

あと、色んなブログを読むことで文章のリズムをつかめるようにもなるので、僕的にはおすすめの方法ですね。

  • 読みやすいブログ⇨参考にする
  • 読みにくいブログ⇨反面教師にする

上記を繰り返すことで、確実にレベルUPするので、「書くことがない」と感じる頻度は更に下がると思います。

どうしても書けないなら、、、

それでも、どうしても書けないなら、ブログ更新を一旦ストップして、何か興味ある分野を勉強してみるものあり。

書けないからといって、手を抜いて適当に書くのはNGです。アクセスも増えませんし、後から修正が必要になるので、時間の無駄です。

  • 英語の勉強をする⇨効果的な勉強方法をブログに書く
  • 筋トレする⇨「やり方&成果」をブログに書く
  • 本を読む⇨面白かった本をレビューする

例えばこんな感じで活かせますよね。

ただし、僕は「同時進行」をおすすめする

この記事の前半でも書いたように、「ブログ=書くことに慣れる必要がある」から。インプットしても、実際に書けるかどうかはまた別の問題です。

無理する必要はなしですが、可能な限り同時進行がおすすめです。

まとめ:「ブログに書くことない」は、解決できる

今回は「ブログに書くことない」と悩む方向けに、記事を書きました。

正直、この問題は解決できます。

「ブログ=問題解決をするもの」と定義して、取り組んでみましょう。難しく考えすぎなくてOKです。

普段、「Twitter」でも「ブログ運営のノウハウ」をつぶやいているので、これからブログを頑張る方は、よければお役立てください。

コツコツとブログ記事を書いていきましょう。収益化が目的の方は、以下もどうぞ。
» ブログアフィリエイト記事の書き方【最初の1円を稼ぐ3つの手順】

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-BLOG
-