ブログ更新は、モチベーションがなくても可能な件【義務から習慣へ】

「ブログのモチベーションが上がらない」

「最初は何とか頑張って更新してたけど、書けない日もでてきた、、、」

「モチベーションを高める方法があれば知りたい!」

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

・ブログ更新は、モチベーションがなくても可能な件【義務から習慣へ】
・ブログのモチベーションアップに大切な3つのこと

本記事の信頼性

本記事を執筆している僕は、ブログで記事を書き始めて9ヶ月。
これまで、190記事ほど更新しました。
少しずつですが、「収益」も生まれはじめています。

この記事では、「ブログ更新のモチベーション」をテーマに書きます。

「よし、ブログを書くぞ!」と気合いを入れるも、気づけばパソコンの前で、ダラダラとサボってしまっていることってありませんか?

僕自身、これまでブログを継続して書き続けてきましたが、ずっとモチベーションが高かったかと言われると、そんなことはありません。

むしろ、微妙な日が多かった気がします。
何度も「モチベーションの壁」にぶつかりました。

たぶん、「1回もぶつかったことない」という人はいないですよね。。。

実際、200記事近くまで書き進めてきたプロセスの中で、自分なりに「モチベーションへの理解」もかなり深まりました。

今では、モチベーションの問題にあまり苦しまなくなったので、本記事では、そのあたりを解説しつつ、合わせて、モチベーションアップに大切なことについても解説します。

よければ、最後まで読んでみてください。



ブログ更新は、モチベーションがなくても可能な件【義務から習慣へ】

ブログ更新は、モチベーションがなくても可能です。

ブログ更新は、モチベーションに頼りすぎない

ブログ更新を継続するためには、モチベーションに頼りすぎない方がいいです。

そもそも、ブログは長期戦なので、モチベが高い時もあれば、低い時もあります。
この前提を忘れると、結構しんどいかも。

じゃあ、どうすればいいの?

モチベの有無に関わらず、淡々とブログを書ける方法を探した方が合理的です。

いくら「モチベを上げるぞ!」と躍起になっても、またいつか必ず下がるので、あまり執着しない方がいいですね。

あくまで、僕の肌感ですが、これまで190記事ほど書いてきて、「今日は調子がいいぞ!」と感じた日は、全体の2〜3割程度、、、リアルに、これが現実です。

事実、モチベが低い時も書き続けることができたので、特にモチベに頼らなくて問題はありません。

むしろ、モチベはかなり気まぐれなので、頼りすぎると振り回され、結果、高確率で挫折する可能性が、、、

ブログ更新は、モチベに頼りすぎない。

大事なポイントなので、ぜひ覚えておいてください。

ブログ更新のルールを作ろう【義務から習慣へ】

結論、ブログ更新のルールを作りましょう。

ルールがあれば、更新の基準を「モチベーションを高める → ルールを守る」に切り替えることができます。

途中で挫折する確率も下がるはず。

ようするに、モチベの影響を排除するわけですね。

ルールの種類は?

以下を、ご覧ください。

ルール①:最低ライン設定型
ルール②:ノルマ設定型

大きくわけて、2パターンのルールがあります。

ルール①は、「最低でも、100記事までは書く!」のような感じで、今の自分から少し無理をしないとたどり着かない位置に「目標」を設定します。

何が起ころうと、その目標までは「絶対、書き続ける!」と決めるわけですね。

ちなみに、「最低、100記事まで書く!」は、僕が最初に決めたルールでもあります。

ルール②は、特に最低ラインは決めず、継続する前提で、ブログ更新のペースを決めるというもの。

遠くの目標を見るのではなく、目の前のノルマをこなしていくパターン。
例えば、「3日で1記事書く」みたいな感じですね。

最低ライン設定型と、ノルマ設定型。

どちらも、一長一短あるので、自分に合う方を選んでみてください。

ルールを選んだ後に起こること

「ルールは決めたけど、ぶっちゃけ、守るのキツイ、、、」となるはず。

特に最初は、強烈な義務感を感じて、キツくなります。

余談ですが、ルール①とルール②、どちらを選んでも結構大変です。。。

でも、実はそれぐらいが丁度よくて、まず負荷をかけることで「義務」になり、その状態に耐えて継続すれば、気づけば「習慣」になります。

習慣になれば、少しラクになりますよ。

なかには、「でも、自分はどんなルールを決めればいいかわからない、、、」という人もいるかもしれません。

途中で変更してもいいので、まずは自分なりのルールを設定した方がいいです。

ルールを守る過程で、ブログ更新が習慣になり、少しずつモチベの呪縛から解放されます。

それでもダメなら、ジャンルを変えよう

ブログ更新のルールを設定し、それを守っても、モチベの呪縛から抜け出せないなら、書くジャンルを変えましょう。

そのまま続けてもツライだけですし、放置すると次第に書くのが嫌になって、結果、ブログを辞めてしまうかもしれません。

消耗戦は避けた方がいいですね。

ジャンル選びの基準とは?

3つあります。

・好きかどうか
・読者の役に立てるか
・将来性(普遍性)があるか

上記のとおり。

自分が好きなジャンルであれば、更新を継続できる確率が上がりますし、記事を書くことで、読者の役に立てば、アクセスも集まるはずなので、結果的に、モチベがアップします。(※もちろん、いつか下がりますが、、、)

あと、合わせて将来性(普遍性)もチェックしましょう。

ブログは、記事を積み重ねて価値を生んでいくものなので、どうせなら、時間経過に左右されないジャンルを選ぶ方がいいです。

今だけじゃなく、10年後も読まれた方がいいじゃないですか。

今のジャンルだけにこだわらず、ダメなら変えるのもありです。

ブログのモチベーションアップに大切な3つのこと

本記事の前半パートで書いたように、基本はモチベに左右されない方がいいです。

しかし、高いぶんには困らないとも思うので、モチベアップに大切なことを3つほど解説します。

最強の方法は、結果を出すこと

結論、何かしら「結果」を出すのが、最も効果的です。

たとえ小さな結果でもOK。

結果が出れば自信になりますし、自信になることで、より前向きにブログに取り組めるようになるので、さらに、新たな結果に繋がる可能性が高まります。

ようするに、良いサイクルが生まれるわけです。

「結果が出る → モチベ上がる」

シンプルです。

出すべき結果とは?

・アクセスアップ
・収益を出す

わかりやすいのは、上記の2つ。

僕自身、これまで少しずつアクセスが上がってきたり、収益が出はじめたりしていますが、正直、これにまさるモチベーションはあまりないかなと感じています。

やっぱり、うれしいものです。

「たしかに、何か結果が出せればいいけど、それが難しくて悩んでる」という方は、以下の記事を参考にしてください。

ブログが伸びない原因から、基本的なマネタイズの方法までを解説しています。

» ブログが伸びないのは、読者優先で書いていないから【解決策あり】

比較は、過去の自分とするべし

下記のツイートをご覧ください。

ブログの成長を感じたいなら、「今の自分」と「過去の自分」を比較しましょう。
周りのブロガーさんとの比較は、オススメしません。
やる気は出るかもですが、たぶん最初はリアリティがないはず。
ぶっちゃけ、スゴイ人はたくさんいるので、過去の自分と比較して、現実的に前進していく方がいいですね

上記のとおり。

それでも、周りと比較すると、、、

オワタ、、、となるかも。

僕自身、記事を書き始めた初月と、直近1ヶ月を比較すると、検索からサイトに来ていただけた読者は、約7倍まで増えましたが、単純に「読者数」だけをトップブロガーの人達と比較すると「オワタ、、、」となります。

結論、周りとの比較はやめましょう。

過去の自分と何を比較するの?

・アクセス
・収益
・ブログ執筆にかかる時間

このあたり。

以前と比べて、どれぐらい伸びたのか。
あるいは、執筆時間は短縮できたのか、など。

過去の自分と比較して伸びていれば、頑張れますよ。

一喜一憂せず、焦らない

毎日のブログの動きに一喜一憂せず、焦らないことが大切です。

基本、ブログは長期戦。
目先のことばかりに振り回されすぎると、ロクなことになりません。

「トータルで伸びれば、オッケー」ぐらいの考え方が、精神的にも健康だと思います。

長い目で見ましょう。

「種をまいて待つ」の精神です。

「読者優先」で記事を書こう

「読者優先で記事を書く → アクセス上がる → 収益が出る」

この順番です。

「読者優先で記事を書く」のプロセスをすっ飛ばしてはいけません。

テキトーに書くと、短絡的な思考になってしまい、長い目で見れば衰退するでしょう。

焦ってもロクなことになりません。

正しい順番で取り組めば、未来に希望が持てるので、結果としてモチベも上がっていきますよ。



まとめ:ブログを通して、「習慣」への冒険に出よう

今回は、「ブログ更新のモチベーション」というテーマで解説してきました。

ブログ更新は、モチベに頼るのではなく、「習慣」に落とし込むことが重要です。

なかなか大変な道のりかもしれませんが、ずっとモチベーションに左右されながら取り組むよりは良いと思うので、「義務」をくぐり抜け、「習慣」までたどり着いてください。

お互い、頑張りましょう!

本記事は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



1件のコメント

コメントはできません。