BLOG

【初心者向け】ブログにネタ帳はいらない3つの理由【経験談あり】

2021年11月27日

「ブログを書きはじめました。みんなネタ帳とかって、どうしてるんだろうか…。買った方がいいのかなぁ? 参考にしたいので、ブログを書いてる人の意見を教えてほしいです」

こんな感じの悩みにお答えします。

記事の内容

・【初心者向け】ブログにネタ帳はいらない3つの理由【経験談あり】
・【ブログ】どうしてもネタ帳を使いたい人へ伝えたいこと

本記事を書いてる僕は、ブログ歴1年8ヶ月。
これまで240記事ほど更新しています。

今回は「ブログのネタ帳」をテーマに解説します。

ブログをはじめたばかりの人にとっては、「ネタ帳とか用意した方がいいのかなぁ…。」みたいな疑問があるかもしれません。

結論から言うと、初心者は「ネタ帳はいらない」です。
本記事では「なぜいらないのか」、そのあたりの理由を簡単に掘り下げてみます。

誤解なきよう伝えておくと「ネタ帳=NG」ではないです。僕自身も、むかし、思いついたことをメモしていたこともあるので。

とはいえ、実際に今日まで240記事ほどブログを書いてきた経験から、初心者にはネタ帳は不要だと思ったので、記事にしました。過去の僕みたいな人に届けばいいなと思っています。
5分ぐらいでサクッと読める内容なので、ぜひ最後まで読んでください。参考になればうれしいです。

【初心者向け】ブログにネタ帳はいらない3つの理由【経験談あり】

繰り返しですが、ブログ初心者はネタ帳はいらないと思います。
理由を3つ解説しますね。

理由①:書きたいことを書いてしまう

ネタ帳があると、どうしても「書きたいことを書いてしまう」傾向があるから。

たぶんですが、何かブログネタを思いついたとしても、それが自分が書きたくない内容であればメモしないですよね? 
つまり、ネタ帳を用意すると、どうしても内容が偏る傾向があって「自分語り」が増えます。

ブログは、書きたいことを書いてはいけない

「え…?」と思うかもですが、ブログは基本的に自分が書きたいことを書くのではなく、「読者に役立つ内容かどうか」の視点で書く必要があります。

じゃないと、読んでもらえません。
よくよく考えると当たり前なのですが、読者は自分の疑問を解決したくてブログを読んでいるのに、そこで「自分語り」ばかりの記事があると、読むのをやめますよね。

「書きたいことを書いてはいけない」は、僕自身、最初なかなか受け入れることができない考えだったのですが、書き続けてきて気づきました。これは事実です。

なので、この状態をさけるためにも、初心者はネタ帳を使わない方がいいと思います。

理由②:検索キーワードからの逆算でOK

それに、ブログに書く内容は、ネタ帳から引っ張り出さなくても「検索キーワードから逆算」して考えれば書けます。

理由は、「検索キーワード=読者の悩み」だから。つまり、「このキーワードで検索した人って、何を知りたいんだろう?」と考えることで、ブログの内容が作れるわけですね。

読者の悩みを明らかにする → 解決策を示す

基本、上記がブログの本質です。

例えば、この記事のキーワードは「ブログ ネタ帳」なのですが、「ブログのネタ帳について書けば、みんな読んでくれるはずだ」と思って書いてるわけではなく、「ブログ ネタ帳」と検索する人がいることを知った上で、「どんな悩みがって検索してるんだろ…。僕なりに想像して、解決策を示そう」と思って書いてるわけです。

要するに、検索キーワード「ブログ ネタ帳」から逆算しているだけ。
逆算して書くことで、読者によりそった内容が書けます。

検索キーワードの調べ方

「ラッコキーワード」を使えば、簡単に出せます。
以下記事にやり方を書いてるので、合わせてご確認ください。ブログを書くなら、検索キーワードは必要ですよ。
» ブログアフィリエイト記事の書き方【最初の1円を稼ぐ3つの手順】

理由③:ネタ帳のメモって単なる思いつき→読者視点が欠ける

3つ目の理由ですが、ネタ帳のメモって、単なる「思いつき」に過ぎなかったりします。

なぜなら、パッと思いついたことや、「なんとなくいいかも」と感じたレベルで書いたりするから。

もちろん、それが大事だったりもするんですが、初心者はまず「どうすれば、読者に役立つ内容が書けるのか」を意識すべしです。ただでさえ、読者視点で考えるのって難しいので、最初は単なる思いつきレベルのネタは捨てるぐらいの気持ちでOKかと。

僕自身の経験から言えば、単なる思いつきのネタは、自分のものになっていないことがほとんどなので、たとえ書いたとしても、微妙な感じになります。

ネタ帳から書く内容を引っ張りだすスタンスは、読者視点が欠けがちなので、僕は初心者はネタ帳はいらないんじゃないかなという考えですね。大事なことは、ネタの披露でなく、お悩み解決です。

【ブログ】どうしてもネタ帳を使いたい人へ伝えたいこと

とはいえ、「いや、自分はどうしてもネタ帳を使いたい」という人もいると思うので、僕なりに伝えたいことをまとめました。

①:もし使うなら、シンプルに使おう

使うなら、シンプルに使った方がいいですね。
ネタ帳に細かいルールとかを作ったりすると、目的が入れかわっちゃう可能性があるから。ブログ執筆の参考にするためにネタ帳を作ったのに、気づいたらネタ帳を書くことに労力を使いすぎてるパターンなど。

スマホのメモ帳とかに、サクッと書き留める感じでOKかなと。
正しい文法で書く必要もないですし、キレイに書く必要もないですね。箇条書きで、自分がわかればOKぐらいのスタンスでいいと思います。

重要なのは、ネタ帳を書くことではなくて、ブログを書くことなので。シンプルに使うが吉です。

②:思いついたネタは、必ずしも使う必要はない

あと、ネタ帳に書いたからといって、必ずしも使わなくてOKです。

なかには、どうしようもないネタもあるでしょうし、今が旬じゃないネタもあると思います。「せっかく思いついたネタだし、書きたい」みたいなスタンスは、ちょい微妙ですね。要するに、「書きたいことを書いてる状態」なので。

しばらくネタを寝かせてみるのもいいかも。
ネタそのものに愛着を持ちすぎると、「自分語り」になりがちなので、必ずしも使う必要はないですよ。

③:ブログライフが楽しくなるならOK

今の僕は「ネタ帳いらない派」ですが、とはいえ、ネタ帳を使うことでブログを書くのが楽しくなるなら、使ってもいいのかなと思います。まぁ、別に自由ですもんね。

楽しくなれば、ブログもはかどるでしょうし。
モチベーションとかが上がるなら、使ってみてもいいんじゃないでしょうか。

自分で楽しむ方法を見つけないと、ブログって続けるのが難しいので。楽しくなるならネタ帳もOKです。

まとめ:ブログ初心者にネタ帳は不要です

今回は「ブログのネタ帳」をテーマに解説しました。

基本、ブログ初心者にネタ帳は不要かなと思います。

ネタ帳から書く内容を探すのではなく、「検索キーワードから逆算」して考えるクセをつけましょう。
キーワード選びは「ラッコキーワード」でできるので、詳しくはブログアフィリエイト記事の書き方【最初の1円を稼ぐ3つの手順】をご覧ください。

あと、以下記事も参考にどうぞ。
ネタに関する不安は色々あるかもですが、心配しすぎなくても大丈夫ですよ。ではでは、素敵なブログライフをお過ごしください。
» ブログネタがない?主な原因2つと解決策4つを簡単解説【初心者向け】

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-BLOG
-