ブログのリード文の書き方【冒頭から読まれる文章設計を構築しよう】

「ブログのリード文って、なに?」

「リード文が大事って聞いたことあるけど、実際に学ぶことでどんなメリットがあるの?」

「ブログのリード文の書き方を知りたい!」

こんな疑問や悩みを解決します。

本記事の内容

・ブログリード文の前提知識
・ブログのリード文の書き方【冒頭から読まれる文章設計を構築しよう】

本記事の信頼性

本記事を執筆している僕は、ブログ記事を書き始めて約9ヶ月。
これまで、190記事ほど更新し、少しずつ「収益」も生まれはじめています。

この記事は、「ブログのリード文」というテーマで書きます。

本文の書き方や、収益を出す方法を学ぶことはあっても、ブログのリード文について考えることってあまりなくないですか?

僕自身、学び始めたのは、ブログ記事を本格的に書くようになってから。

本記事を読むことで、本文を読んでもらうための「ブログのリード文の書き方」を習得していただけます。

本文にどれだけ良いことを書いても、リード文でつまずいてしまうと「もう、この記事はいいや」と読んでもらえなくなるので、ぜひ最後まで本記事を読み進めてリード文を学んでください。



ブログリード文の前提知識

前半のパートでは、リード文の前提知識と、リード文を学ぶメリットを解説します。

ブログのリード文って、なに?

まず、「ブログのリード文って、なに?」の部分を整理しておきます。

リード文とは、ブログ記事の冒頭から本題に入る直前までの部分。
読者に本文を読んでもらうための導入部をさします。

本記事のリード文は?

冒頭からもくじの直前まで。

リード文の細かい定義は諸説あるかもしれませんが、まずはザックリの把握でOK。

リード文とは、ブログ記事の冒頭から本題に入る直前までの部分(導入部)のことです。

ブログのリード文を学ぶメリット

ブログのリード文を学んでおくことで、いくつかメリットがあります。

読者視点からみたメリットと、ブロガー視点からみたメリットを並べます。

読者側のメリット

・冒頭で自分にとって必要な記事かどうかわかる
・ブログ記事全体のイメージが、なんとなくわかる
・心理的なストレスが軽減される

ブロガー側のメリット

・読んでもらえやすくなる
・記事の内容が整理される
・記事の文章構造に問題がないかわかる

リード文の役割は、冒頭から読者を惹きつけ、きちんと本文(本題)まで誘導することです。

冒頭で読者の悩みを言語化し、ブログの内容を伝えてイメージしてもらうことで、心理的なストレスを軽減する効果もあります。

もともとライティングスキルが高い人であれば、いきなり自己流のリード文を書けるかもしれませんが、とはいえ、あらかじめ体系立てて学んでおくことで、ブログの内容がより整理できたり、文章構造に問題がないかなど、事前のチェックが働いたりします。

ブログのリード文を学ぶメリットは結構ありますよ。

ブログのリード文の書き方【冒頭から読まれる文章設計を構築しよう】

ここからは、具体的な「ブログのリード文の書き方」を解説していきます。

リード文の構成

・読者の悩みを言語化する
・「解決します」と提案する
・本記事の内容
・本記事の信頼性(ブロガーの実績)
・記事を読んで得られるもの

上記5つが、本記事のリード文の構成です。

今回、大きく「3つのパート(前半・中盤・後半)」に分けて解説していきますので、ゆっくり読み進めてください。

【前半】:読者に「当事者意識」を持ってもらう

リード文の前半では、読者に「当事者意識」を持ってもらうことが必要です。

記事の冒頭で、「このブログ記事なら、自分の悩みを解決してくれそう!」と感じれば、そのまま読み進めますよね?

逆に、「うーん、微妙かも、、、」となれば、それ以上読んでもらえない可能性が高いです。

前半でやるべきこと

リード文前半

・読者の悩みを言語化して、「解決します」と提案すること

本記事では、読者の悩みを3つ想定。

「ブログのリード文って、なに?」
「リード文が大事って聞いたことあるけど、実際に学ぶことでどんなメリットがあるの?」
「ブログのリード文の書き方を知りたい!」

本記事のキーワードが、「ブログ」「リード文」の2つなので、「この2つのキーワードを入力して検索する人って、一体どんな悩みがあるんだろうか?」という感じで想像しているわけです。

冒頭の段階で「この記事を読もう!」と読者に思ってもらうことがとても大切なので、「当事者意識」を持ってもらえるよう、真剣に読者の悩みを想像して言語化しましょう。

【中盤】:ブログを読み進めるかどうかを判断してもらう

リード文の中盤では、読者にこのままブログを読み進めるかどうかを判断してもらう必要があります。

記事冒頭で読者が「当事者意識」を持ったとしても、本文の内容が求めているものでなければ、時間の無駄になってしまうから。

中盤でやるべきこと

リード文中盤

・記事の内容(要約)
・記事の信頼性

本記事では上記2つを書いています。

「記事の内容(要約)」で、本文を読む前に全体像を想像してもらうことができますし、「記事の信頼性」の部分で書き手の実績に触れることで、求めているレベルの記事が期待できるかどうか、読者に判断してもらえます。

もちろん、全ての人に記事の最後まで読んでほしい気持ちはありますが、とはいえ、無理に読み進めてもらったとしても、読者の満足度を下げてしまうことになりますし、結果的にマネタイズにも繋がりません。

よって、中盤では、ブログを読み進めるかどうかを判断してもらいましょう。

【後半】:ブログの内容を整理して読者の背中を押す

リード文後半では、ブログの内容を整理して、ラストで読者の背中を押します。

後半でやるべきこと

リード文後半

・テーマを伝える
・読者への問いかけ
・経験談を交えて共感
・記事から得られるものを伝える
・「読んでね!」とプッシュする

僕が、後半パートで書いているのは、主に上記の5つ。

以下に、リード文の後半パートを改めてのせておくので、5つの要素がどのように含まれているかどうか、照らし合わせながら確認してみてください。

この記事は、「ブログのリード文」というテーマで書きます。→『テーマを伝える』

本文の書き方や、収益を出す方法を学ぶことはあっても、ブログのリード文について考えることってあまりなくないですか?→『読者への問いかけ』

僕自身、学び始めたのは、ブログ記事を本格的に書くようになってから。→『経験談を交えて共感』

本記事を読むことで、本文を読んでもらうための「ブログのリード文の書き方」を習得していただけます。→『記事から得られるものを伝える』

本文にどれだけ良いことを書いても、リード文でつまずいてしまうと「もう、この記事はいいや」と読んでもらえなくなるので、ぜひ最後まで本記事を読み進めてリード文を学んでください。→『「読んでね!」とプッシュする』

ここまで。

「なんだか、やることが多いなぁ、、、」と感じるかもしれませんが、パターンが決まっている分、慣れてしまえばラクです。
毎回、パターンを決めずに雰囲気でリード文を書くと、かなりツライですよ。

リード文後半では、ブログの内容を整理して、「読んでね!」と読者の背中を押しましょう。



まとめ:魅力的なブログリード文で、読み進めてもらえる記事を書こう!

今回は、「リード文の前提知識」と「リード文の書き方」を解説しました。

整理された読みやすいリード文は、読者のストレスを和らげ、安心感を与えます。

どうしても本文の内容ばかりに意識が向きがちですが、リード文をきちんと書いて、冒頭から読まれる文章設計を心がけましょう。

「読者優先」の意識を忘れずに書けば、最後まで読み進めてもらえる可能性が高まるはずです。

» ブログが伸びないのは、読者優先で書いていないから【解決策あり】

本記事は以上です。
最後までありがとうございました。



1件のコメント

コメントはできません。