ブログキーワードの選定方法解説!キーワードプランナーを使えばOK

「ブログのキーワード選定ってなに?」

「ブログはキーワード選定が大切って聞くけど、実際どんなメリットがあるの?」

「具体的なやり方を教えてほしい!なにかツールとか使うの?」

このようなお悩みを解決できる記事になっています!

記事の内容

・ブログのキーワード選定の重要性とは?
・ブログのキーワード選定するメリット3つ
・ブログキーワードの選定方法解説!キーワードプランナーを使えばOK
・ブログのキーワード選定が終わったあとにやること

記事の信頼性

ブログ歴:1年3ヶ月
執筆記事数:210以上
少しずつ収益も生まれています

今回は『ブログのキーワード選定』をテーマに解説します!

「ブログはキーワード選びが大事っぽいけど、ぶっちゃけよくわからない…」なんて方も多いのではないでしょうか?

実は、僕もよくわかっていなかった時期があって、なんとなく雰囲気で記事を書いては、思うようにアクセスが伸びず、結果として無駄な時間を過ごしてしていました…

なので、本記事では「これ、ブログ初心者の頃に知りたかった!」という内容を網羅的にまとめています

この記事を読み終えるころには、『ブログのキーワード選定』をマスターしていただけますよ!



ブログのキーワード選定の重要性とは?

わかりやすいように、まず先に、『キーワード』の定義から説明します。

そもそも『キーワード』ってなに?

キーワードとは、読者がGoogleなどの検索窓に入れて検索する言葉のこと。主に読者の知りたいことや、解決したいことなどが投影されています。

例えば、新宿駅の近くにあるおしゃれな店で一杯飲みたいなぁと思った場合、『新宿 バー おしゃれ』などと検索しますよね!このときの、『新宿 バー おしゃれ』がキーワードです。

押さえておきたいキーワード種別

・メインキーワード
・複合キーワード

本記事のキーワードは、『ブログ キーワード 選定』の3語ですが、メインキーワードが『ブログ』で、メインに付属する残り2つのキーワードを『複合キーワード』と呼びます。

・ビックキーワード
・ミドルキーワード
・ロングテールキーワード

続いて上記3つは、検索需要(1ヶ月の検索数)の多さによって変わるキーワードの呼び名です。検索数が多いキーワードが『ビックキーワード』で、下にいくにつれて少なくなります。

キーワード種別は他にもありますが、まずは今回説明した分けだけ覚えていただければOK。

まとめると、キーワードとは、読者がGoogleなどの検索窓に入れて検索する言葉のことです。

ブログのキーワード選定が重要な理由

理由はとてもシンプルで、読んでほしい相手(読者)にきちんとブログ記事を届けるためです。

例えば、この記事では『ブログのキーワード選定の方法』について解説していますが、もし僕がキーワード選定を無視して、タイトルに『僕が伝えたい大事なこと!』などとつけてしまうと、間違いなく検索で引っかからなくなってしまいます。

結果、キーワード選定の方法を知りたい人に、この記事が届かなくなってしまうわけですね!

読んでほしい読者にきちんと記事を届けるために、キーワード選定は重要なのです。

ブログのキーワード選定するメリット3つ

先にキーワード選定のメリットを理解しておくことで、実際の手順を説明する際の理解も深まるので、ゆっくり読み進めてみてください。

メリット①:検索からの読者が増える

ブログのキーワード選定のメリット1つめは、検索からブログに訪れる読者が増えることです。

なぜなら、正しいキーワード選定で記事を書けば、読者が検索してくれる可能性が高まるから

・検索されやすいキーワードで記事を書く → 読者が集まる
・検索されないキーワードで記事を書く → 読者は集まらない

テキトーな思いつきで言葉を並べるより、読者が検索するであろう言葉(キーワード)を選んで記事を書いた方が、読まれる確率は高くなりますよね!実にシンプルな理屈です。

1つめのメリットは、検索からブログに訪れる読者が増えることです。

メリット②:読んでほしい人にブログを届けられる

前半部分でも解説しましたが、大事なポイントなのでもう1度繰り返すと、読んでほしい人にブログを届けられるのが2つめのメリットです。

理由は、キーワード選定が正しくできれば、そのキーワードから読者の知りたいことや悩みが想像でき、解決するための記事が書けるから

例えば、『ブログ キーワード 選定』と検索する人は、かなりの確率で、ブログのキーワード選定について知りたい人ですよね。

間違っても、「新宿のおしゃれなバーが知りたい!」という人ではないはず。

2つめのメリットは、読んでほしい人にブログを届けられることです。

メリット③:記事執筆に取り組む『優先順位』がわかる

メリット3つめは、記事執筆に取り組む『優先順位』がわかることです。

なぜなら、キーワード選定をすることで『検索ボリューム』がわかるから。検索ボリュームとは、1ヶ月の間に何回キーワードが検索されているかを表す指標のことです。

・キーワード① → 1ヶ月の検索回数500回
・キーワード② → 1ヶ月の検索回数0回

仮に上記のような2つのキーワードがあれば、検索ニーズがある①のキーワードを選んでブログを書くはずですよね!

このように、キーワード選定を行うことで、記事執筆に取り組む『優先順位』がわかります。

ブログキーワードの選定方法解説!キーワードプランナーを使えばOK

ここからは、実際にブログキーワードの選定方法を解説していきます。

大きく分けて5つの手順です!

①:ブログのメインキーワードを決める

まず、ブログのメインキーワードを決めます。

例えば、『ブログ』に関する内容を書いている場合は、『SEO』『アフィリエイト』『フリーランス』『副業』『WEBマーケティング』などがメインキーワードになりえます。

思いつくままにキーワードを出してOKですが、自分の『ブログミッション』に関連する内容を選んだ方が、無駄がなくて効果的です。

「ブログミッションってなに?」という方は、以下の記事を参考にしてください。

» ブログを始める前にやるべきことは1つ!知っておきたい注意点も解説

メインキーワードを決めたら、次に進みます。

②:『複合キーワード』を出す

続いては、メインキーワードに続く『複合キーワード』を洗い出していきます。

前半パートでも触れましたが、複合キーワードとは『(メインキーワード) 〇〇』の〇〇の部分に入るキーワードのことですね。

複合キーワードは、『ラッコキーワード』を使って出します。

今回は『ブログ』をメインキーワードにした場合の、複合キーワードの出し方を解説します。

複合キーワードの出し方

ラッコキーワードの検索窓に『ブログ』と入力します。

ラッコキーワード①

すると、下の画像のように『ブログ』に関連するキーワードの一覧が出てきます。

ラッコキーワード②

赤い矢印の先に『全キーワードコピー(重複除去)』があるのでクリック!

この段階で、『ブログ』の複合キーワードがコピーされている状況です。

注意点1つあり

『全キーワードコピー(重複除去)』を押しても、この世に存在するすべての『ブログ』に続く複合キーワードを選べているわけではありません。なので、気になったキーワードについては、その都度調べる必要があります!

③:キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる

次に、キーワードプランナーを使って『検索ボリューム』を調べます。

キーワードプランナーとは、Google広告内の機能の1つで、キーワードの『検索ボリューム』などを調べることができるツールのこと。

先ほどラッコキーワードで『全キーワードコピー(重複除去)』を押しているので、キーワードプランナーにペーストして調べる流れです。

ただし、1つだけ注意点があって、キーワードプランナーで広告を出したことがない場合は、『検索ボリューム』がザックリした数字でしか出てきません!

なので、少額でいいのでお金を払って広告を出してから、詳細な『検索ボリューム』を見れるようにした方がいいです。ちなみに僕も広告費を払って、細かい『検索ボリューム』が見れるようにしました!

参考記事を以下に載せておきます。

» キーワードプランナーの月間平均検索ボリューム数を詳細化させる【200円台でOK】(外部リンク)

キーワードプランナーの使い方

まず、『キーワードプランナー』にアクセス。

Google広告に登録したら、『ツールと設定』から『キーワードプランナー』へ移動。

Google広告①

右の『検索のボリュームと予測のデータを確認する』を選択。

Google広告②

ラッコキーワードの『全キーワードコピー(重複除去)』でコピーしたものをベースとして、『開始する』を押す。

検索ボリューム①

『月間平均検索ボリューム』をクリックすると、検索数の多い順番で並べ替えができます。

検索ボリューム②

続いて矢印の先へ。過去のプラン指標から『Googleスプレッドシート』を選択。

以上で、『検索ボリューム』調べは完了です。

④:必要なキーワードだけに絞る

ここからは、Googleスプレッドシートに保存した『キーワード』と『検索ボリューム』を軸にして必要なキーワードだけに絞ります。

つまり、メリット③で説明した『優先順位』をつけていく作業です!

※抽出したデータのシートをコピーして予備を作ってから絞り込みを行えば、元データを残しておけますので、より安心ですよ!

以下、2つのステップで絞り込みます。

ステップ1:少ない検索数は削除

『検索ボリューム』が少なすぎるキーワードを削除します。

なぜなら、少なすぎるキーワードに対して記事を書いてもコスパが悪すぎるから。

ちなみに僕は、検索数「0〜50」を対象外にしています。

ステップ2:ブログミッションに合うか?

自分のブログミッションと照らし合わせて、関係あるキーワードに色付けをします。(※関係ないキーワードについては白のまま残しておきます)

スプレッドシート②

ブログミッションがわからない場合は、以下の記事を参考にして考えてみてください。

» ブログを始める前にやるべきことは1つ!知っておきたい注意点も解説

⑤:ジャンルごとに整理する

キーワードの絞り込みが終わったら、最後はジャンル分けです。

ジャンル分けをしておくことで、似たキーワードに対して同じような内容を書くことを防げます。

細かくジャンル分けするとキリがないので、僕はGoogleスプレッドシートの『キーワード列』を基準にしてシートを並べ替えしているだけ

スプレッドシート①

こうすることで、近いキーワードが連続するので把握しやすいですよ。

※似たようなキーワードが順番を変えて存在している可能性はあるので、気になる場合は、その都度検索をかけて調べる方が確実ですね!

ブログのキーワード選定が終わったあとにやること

ブログのキーワード選定が終わったら、ロングテールキーワードから記事を書きましょう

ロングテールは、『検索ボリューム』が少ないので、競合が多い記事とくらべて検索上位が狙える可能性が高いからです。

目安としては、検索ボリュームが『100〜500』ぐらいのものですね。

「どうせなら、検索ボリュームが多いキーワードを書いた方が、読者が増えていいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、競合が強すぎて上位表示を狙うのがむずかしすぎるので、ブログを始めたばかりであればロングテールキーワードから書くのがおすすめです。

キーワード選定後は、ロングテールキーワードから書いていきましょう!

まとめ:ブログのキーワード選定はかならずやろう!

今回は『ブログのキーワード選定』を解説しました!

おさらいとして、流れをまとめておきます。

ブログキーワードの選定方法

①:ブログのメインキーワードを決める
②:『複合キーワード』を出す
③:キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる
④:必要なキーワードだけに絞る
⑤:ジャンルごとに整理する

キーワード選定を無視すると、アクセスが伸びず、貴重な時間が無駄になるのでかならずやりましょう!