ブログ疲れした時の対処法【結論:一旦休みながら、未来に備えよう】

「ブログを書くのが疲れた」

「ブログの更新に疲れてしまった時の対処法を知りたい」

「今後も書き続けていけるか不安」

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

・ブログ疲れした時の対処法【結論:一旦休みながら、未来に備えよう】
・ブログ疲れで休むのが不安な方へ伝えたいこと3つ

本記事の信頼性

本記事を執筆している僕は、本格的にブログ記事を書き始めて約9ヶ月。
これまで、190記事ほど更新し、少しずつ「収益」も生まれはじめてきました。

この記事は、「ブログ疲れ」というテーマで書きます。

ブログを更新していると、「なんだか疲れたなぁ、、、」と感じてしまうことってありますよね?

僕自身、もうすぐで200記事に到達しますが、今でも書くのは大変ですし、正直疲れます。
たぶんブログを書き始めたばかりの方であれば、なおさらだと思います。

本記事を読んでいただくことで、「ブログ疲れした時の対処法」を学べます。

「これから先、ブログを続けられるかどうか不安かも」という方に、3つほどお伝えしたいこともあるので、よければ最後までお読みください。

では、早速いきましょう。



ブログ疲れした時の対処法【結論:一旦休みながら、未来に備えよう】

結論、シンプルですが、一旦ブログの更新を休みましょう。

対処法①:無理をせず、ブログを休む

ブログ疲れした時は、無理せず一旦休むことが大切です。

疲れた状態で無理して書いても負担になりますし、記事のクオリティが大きく下がるから。

休む間、どうする?

・ブログ関連のスキルを学ぶ
・ブログから完全に離れ、遊ぶ

上記のどちらかがいいと思います。

「でも、ブログって継続した積み上げが大事なんでしょ、、、休んでいいの?」と思うかもしれません。

たしかに継続は大事ですが、とはいえ、「ブログ=長期戦」なので、仮に今無理をして精神論で乗り越えても、後々休むことになります。

であれば、限界まで追い込んで潰れてしまう前に、適度な休息をとる方が合理的です。

無理せず、一旦休みましょう。

このあとは、「休む間、どうする?」の項目2つを順番にみていきます。

対処法②:ブログ関連のスキルを学ぶ

ブログ更新を休みつつ、その間に「ブログ関連のスキルを学ぶ」のが1つの方法です。

「ブログは休むけど、あくまでスキルアップは目指すよ」というスタンスですね。

スキルアップの具体例

・SEOの勉強
・ライティングスキルの習得
・競合記事の分析

例えば、上記の3つ。

この3つは、かなり重要なものばかりです。

Google検索で上位を狙うには「SEOの勉強」は必須ですし、記事を書く上では「ライティングスキル」も重要です。
あと、自分の強みや足りないところを分析しながら記事の客観性を保つためにも、「競合記事の分析」も必要だったりします。

もちろん完全にブログから離れてゆっくり休むのもアリですが、休みすぎると次書き始める時がしんどかったりもするので、「ブログ更新は休むけど、その間に関連スキルは学んでおく」というスタンスはいいと思います。

「ライティングスキルを上げていきたい!」という方は、以下の記事も参考にしてください。

» 文章力の本は、まず1冊でOK【読みすぎると、頭でっかちになる】

対処法③:ブログから完全に離れ、遊ぶ

「たしかにブログ関連のスキルは学んだ方がいいんだろうけど、やっぱり今はなんだか疲れてるかも」という方は、ブログから完全に離れ、遊ぶのもOKです。

「ブログも更新したくないし、勉強もチョット、、、」という状態は、結構疲れてる状態だと思います。
無理をしても、長い目で見れば良いことはないので、一旦ブログから離れましょう。

完全に離れて何をすればいいの?

結論、何でもいいです。

・本を読む
・映画を観る
・友達に連絡してみる
・美味しいものを食べる
・運動する
・ゆっくり寝る

例えば、上記のような感じ。

今はコロナが大変な時期なので遊び方が限定されたりはしますが、とはいえ、「何もできない!」ということはないと思うので、ブログから完全に離れつつ、リフレッシュに時間を使いましょう。

一旦離れて、気力体力ともに復活すれば、また書き始めればいいです。

ブログ疲れで休むのが不安な方へ伝えたいこと3つ

ここでは、「休むのが大切なのはわかった!けど、、、やっぱり不安かも」という方に、伝えたいことを3つ書きます。

僕が自分の経験から感じたり、学んだ内容です。

ブログをテキトーに書くのは「NG」

ブログ更新を休むのが不安だからといって、ブログをテキトーに書くのは「NG」です。
手を抜いて書いても、まずブログは伸びません。
ラッキーパンチはあるかもしれませんが、何度も続かないので、結果的に時間の無駄かと。
しいて言うなら、「時間の無駄だった!」ということに気づけるぐらいです。

上記のとおり。

「とりあえず、書かないよりはマシか〜」と手を抜いて書くのはマジNGです。

記事の「質」を重視すべし

テキトーにブログ記事を書くぐらいなら、更新頻度を下げて、「質」を担保した方がいいです。

僕自身、最初は「毎日更新」を目標にしていましたが、「あ、これは無理だ」と気づいてからは、更新頻度を少なくしました。
今では2〜3日に1記事の更新です。

しかし、読者数は減っていませんし、むしろ、9ヶ月間ずっと右肩上がで伸びています。

もちろん、最初は「量」をこなして、失敗の中から学びを得ることも必要ですが、量に向き合うのと、テキトーに書くのは全く違うので、注意が必要になります。

結論、ブログをテキトーに書くのは「NG」です。

» ブログの量と質、重視すべきはどっち?【結論:段階的な問題です】

誰でもブログを休む時期はある

ちょっとした朗報ですが、あなただけでなく、誰でもブログを休む時期はあります。

疲れたり、一度立ち止まって未来のことを考えたり、、、
人によって理由は様々です。

試しにリサーチしてみては?

今現在、トップブロガーと呼ばれている人や、ブログで成果を出している人をリサーチしてみると、案外、ブログに挫折した時期があったり、更新を休んでいた時期があることがわかります。

つまり、誰しも同じだということ。

ブログを完全に辞めてしまうと、これまでの積み上げが「(ある意味)無駄」になってしまいますが、休んでもまた書けばOKなので、必要以上に不安になる必要もないと思います。

誰でもブログを休む時期はありますから。

ブログ疲れに潜む、別の原因

ブログ疲れの原因を探ると、別の原因が見えてくることもあります。

いつも、正しい原因が見えているとは限らないわけですね。

例えば、「ブログを書くのがしんどいし、疲れた」と思っていても、実は「結果が出ないフラストレーション」の方が、疲れの原因だったりすることもあります。

関連はしていますが、微妙なニュアンスが違いますね。

なので、何度も自問自答しながら、「なぜ自分は、ブログに疲れてるのか?」を正確に把握する必要があります。

答えによって、ゆっくり休むべきなのか、逆に、成果を出すために全力を尽くすべきなのかが、変わってきます。

その上で、休んだ方がいい状況ならしっかり休む。
結果を出した方がラクになるなら、全力でやる。

シンプルですが、なかなか見えにくい部分でもあるので、「もしかして、別の原因ってあるのかな?」という視点は持ち合わせておいた方がいいです。

» ブログのアフィリエイト記事の書き方【最初の1円を稼ぐまでの手順】

まとめ:ブログ疲れは普通!休んで、また歩けばOKです

今回は、「ブログ疲れ」というテーマで書いてきました。

結論、ブログ疲れを感じるのは「普通」です。

記事のクオリティを保とうとすれば大変ですし、書くのも毎回しんどいと感じる、、、そんなことの繰り返しばかり。

逆に、疲れないわけがありません。

だからこそ、休みながら自分のペースでやればいいのです。
完全に辞めてしまわない限り、休んでも、また歩けばOK。

お互い頑張りましょう!

今回は、以上です。




1件のコメント

コメントはできません。