ブログのジャンルを複数書くメリット・デメリット【経験から解説】

「ブログのジャンルって複数書いてもいいの?」

「実際、複数ジャンル書く場合のメリット・デメリットが知りたい」

こんな感じのお悩みを解決します。

記事の内容

・ブログのジャンルを複数書くメリット
・ブログのジャンルを複数書くデメリット
・結論、ブログジャンルは複数書いていいの?

この記事を書いている僕は、ブログ歴1年7ヶ月。これまで230記事ほど更新しています。

今回は『ブログジャンルを複数書くときのメリット・デメリット』について解説します。

「1つのジャンルに絞って書ければいいんだけど、自信がないし、まずは複数ジャンルで書こうと思ってる」という方向け。

僕自身、今日まで200記事以上、複数ジャンルでブログ記事を書いてきたので、その経験をもとにまとめてみました。

とくにブログ初心者の方には参考になると思うので、ぜひ最後まで読んでみてください。



ブログのジャンルを複数書くメリット

まずは、複数ジャンルを書くときのメリットを3つ解説します。

メリット①:ブログが継続しやすい

1つめのは、複数ジャンルで書く方が『ブログが継続しやすい』です。

とくにブログを始めたばかりのころは「何を書こう…」と迷いがちになるので、「1つのジャンルだけしか書かない!」と決めてしまうと行き詰まってしまうことも…

複数ジャンルなら『書けそうなことから書く』というスタンスがとれるので、ブログが継続しやすくなるわけですね。

たとえば、

・食事
・ダイエット
・筋トレ

上記3つのジャンルを書いている場合、『食事』のことが書けなくても、『ダイエット』『筋トレ』など、別のジャンルで書くこともできますよね。

僕自身そうだったのですが、ブログを始めたばかりのころは、案外、楽観的で『ブログは継続がむずかしい』という事実をあまり深く考えていないもの。継続できないことには、結果も出ないので注意が必要です。

1つめのメリットは、ブログが継続しやすくなることですね。

メリット②:自分の向き不向きが見えてくる

続いて、複数ジャンルに取り組む2つめのメリットは『自分の向き不向きが見えてくる』です。

正直、いったん書いてみないことには、選んだジャンルが自分に合っているのかどうかわからないもの。
「このジャンルは自分に向いてるハズ!」と思っていても、実際はぜんぜん書けなかったりすることもありますし、またその逆も同じです。

僕も普段から家で筋トレをしているので、「自重トレーニングに関するジャンルを書いてみようかな」と思って少しだけ書いたこともあるのですが、結果的には続きませんでした…
簡単に言えば、向いていなかったわけですね。

もちろん、何も考えずに「とりあえずテキトーに書けば、いつか書きたいジャンルが見つかるでしょ〜」的な軽いノリだと、時間が無駄になる可能性もありますが、とはいえ、最初から一発で最適なジャンルが見つかるとは限らないので、複数ジャンルに挑戦しながら少しずつ方向性を定めていくのがいいと思います。

2つめのメリットは、『自分の向き不向きが見えてくる』ですね。

メリット③:ダメなら方向転換できる

メリット3つめは、『ダメなら方向転換できる』です。

頑張っても、どうしてもうまくいかない場合もあります。そんなときは、方向転換してジャンルを変える判断も必要になります。

ジャンルを完全に1つに絞っていたら逃げ場はないですが、複数あれば、別のジャンルをメインにして書くこともできますよね。

読者が増えたり、収益が出たりと、うまく結果が出ればいいですが、なかなか結果が出ない状況で、ジャンルも1つだけだと精神的にキツくなるかと。
たぶん、なりますね。

最初から守りに入りすぎるのも微妙ですが、とはいえ、逃げ道(保険)がないと、それはそれでキツイので、まずは複数ジャンル書いてみて、少しずつ方向性を絞っていく流れがいいですよ。

3つめのメリットは、『ダメなら方向転換できる』ですね。

ブログのジャンルを複数書くデメリット

前半で、複数ジャンルに挑戦するメリットを3つ紹介したので、次にデメリットになり得るポイントを解説します。

同じく3つ、ピックアップしました。

デメリット①:ブログの内容が薄くなる

デメリットの1つめは、『ブログの内容が薄くなる可能性がある』ことです。

言うまでもないかもですが、複数ジャンル書くということは、ブログの方向性が分散するから。

ほかにも、1つのジャンルに特化してブログを書く場合は、深く知識を勉強しないと書けなくなってきますが、複数ジャンルの場合、言い方は少し悪いですが保険がある状態なので、少しぐらい勉強不足でも書けたりします。

たとえば、「なんだかうまく書けないし、今日は別のジャンルで書こう」的な感じですね。

メリット①で紹介したように、ブログが継続しやすくはなりますが、気持ちの甘えにもつながる部分なので注意が必要です。。。メリットとデメリットは表裏一体ということですね。

1つめのデメリットは、『ブログの内容が薄くなる可能性がある』です。

デメリット②:ブログの「色」が出にくい

ブログの「色」が出にくいのもデメリットの1つです。

ようするに、ブログの『特徴』ですね。

理由は、先ほどと同じように複数ジャンルの場合は、内容(方向性)が分散するから。

・ブログA⇒『ブログ運営』に特化している
・ブログB⇒『ブログ運営、料理、旅行』など複数ジャンルに分かれている

上記2つのブログを単純にくらべると、当然ながらブログAの方がわかりやすい「特徴」を持っていますよね。

すなわち、『複数ジャンル=ブログの特徴が消えやすい』とも言え、デメリットになりえるポイントです。

デメリット③:信頼性が分散する

最後、3つめのデメリットは『信頼性が分散する』です。

感覚的な問題かもしれませんが、1つのジャンルに特化しているブログの方が、なんだか情報が信頼できそうな気がするからですね。(※もちろん、絶対ではないです)

僕自身もそうですが、たとえば、「ブログ運営のスキルについて調べたいな〜」というときは、いろんなジャンルが入り乱れたブログではなく、ある程度、『ブログ運営に特化したブログ』を読みます。

つまり、特化している方が、「信頼性が高い」と感じているわけですね。

あくまで感覚的ですが、印象って大事だったりするので、デメリットと言えば、デメリットだと思います。

結論、ブログジャンルは複数書いていいの?

結論、ブログは複数ジャンル書いてOKです。

解説したように、デメリットもありますが、まずは『ブログを継続できるかどうか』が最大のポイントだから。最初の難関は、継続できるかどうかです。

ブログの『色』とか『信頼性』は、継続できるようになってから少しずつ高めていけば大丈夫です。それよりも、まずは継続!これができないと先に進めません。

具体的には、『3つぐらいのジャンル』で書き始めて、少しずつ絞っていくようなイメージがいいと思います。

その際、以下2つのポイントに注意しましょう。

注意1:なるべく関連性が高いジャンルを選ぶ
注意2:むやみにジャンルを増やさない

なるべく各ジャンルの関連性が高い方が、他のブログ記事も読んでもらえたりしますよ。

収益化できるジャンルか調べよう

ブログを書く理由が『収益化のため』なら、事前にきちんと「収益化できるジャンルかどうか?」を調べておきましょう。

ASPで案内できそうな商品があるかどうかを調べておくことで、あとから「収益化できないジャンルだった!!」と、時間を無駄にしたり後悔しなくてすみます。

無料で登録できる有名どころの定番ASPをまとめているので、【登録無料】アフィリエイトASPおすすめ5社【収益化へ必須準備】からすべて登録しておきましょう。

まとめ:ブログのジャンルは「複数」でOK!

今回は、『ブログの複数ジャンル』をテーマに解説しました。

結論、複数ジャンル書いてOKです。

最初は複数ジャンルからスタートして、「これだ!」と思うものが見つかれば、少しずつ絞っていくようなイメージでいきましょう。

再度、メリット・デメリットのおさらいです。

ブログのジャンルを複数書くメリット

①:ブログが継続しやすい
②:自分の向き不向きが見えてくる
③:ダメなら方向転換できる

ブログのジャンルを複数書くデメリット

①:ブログの内容が薄くなる可能性がある
②:ブログの「色」が出にくい
③:信頼性が分散する

ブログをまだ作っていない方は、【WordPress始め方】初心者安心、最短10分でブログ作成!を参考にどうぞ。

「ブログは作ったけど、ジャンルが決まらなくて…」と悩んでいる方は、以下の記事をご覧ください。
» ブログジャンルが決まらない時にやること3つ【僕は500時間無駄にした】




1件のコメント

コメントはできません。