ブログはジャンルごとに分けるべき?【初心者は1つに絞ればOKです】

「ブログって、ジャンルごとに分けて作るべき?」

「何個かにブログジャンルを分けるとき、気をつけることとかある?」

こんな感じの悩みにお答えします。

記事の内容

・ブログはジャンルごとに分けるべき?
・ブログジャンルを分けるときに大切なこと

この記事を書いている僕は、ブログ歴1年7ヶ月。これまで240記事ほど更新しています。

今回は『ブログジャンルを分ける人向け』の内容を解説。

「何個か書きたいジャンルがあるんだけど、それぞれのジャンルに対して、ブログって分けて作った方がいいのかなぁ?」

こんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。むかし、僕も「どうなんだろ…?」と思って検索した記憶があります。

本記事では、これまで240記事ほどブログを書いてきた経験をもとに、『ブログはジャンルごとに分けるべきか?』について説明します。

ようするに、ブログは1個でいいのか、ジャンルごとに複数個作るか、ですね。

後半では、ジャンルを分ける(複数のジャンルを書く)ときに大切なことも合わせて解説しますので、これからブログを始める人、初心者の人は、ぜひ参考にしてください。



ブログはジャンルごとに分けるべき?

下記が、僕の結論です。

ブログ初心者は、分けずに1つでいい

ブログ初心者は、ジャンルごとにブログを分けずに、まずは1つでいいです。

理由はシンプルで、ブログの数を増やすと、作業量が増えるから。ブログを書くのに慣れていない状態で、作業量が多くなると挫折する可能性が高いです。

たとえば、書きたいブログジャンルが3つある場合、ブログを3つに分けたい気持ちもわかりますが、まずは1つのブログの中で3つのジャンルを書くほうがいいです。

ブログジャンルを複数書くつもりの人は、ブログのジャンルを複数書くメリット・デメリット【経験から解説】も参考になると思いますのでどうぞ。

例外はある?

すでに、結果を出しているブログを持っている場合は、もう1つブログを分けて作ってもいいです。

なぜなら、うまくいってるブログに、いきなり別ジャンルの記事を入れると混乱するから。
それに、『結果を出したブログがある=ブログ運営に慣れている人』だと思うので、作業量が増えても挫折する可能性は低くなるはず。

その場合は、ブログを分けてもOKです。

まずは、1つのブログを育てよう

ブログ初心者は、まずは1つのブログを育てることに意識を向けましょう。

ある程度、ブログの記事数を増やしていかないことには、なかなか読まれるようになりません。複数のブログをつくると、1つあたりのブログに蓄積する記事数が伸びにくくなるので、まずは1つに集中した方がいいです。

よく、「初心者はまず100記事を目指そう」と言われます。

たしかに、100記事ぐらい書くと、執筆のコツがつかめてきたり、なかには閲覧数が伸びる記事が出てきたりします。最初の目標としては、100記事がいいと思います。けっこう大変ではありますが…

話を戻すと、まずは、ブログを育てる意識が大事です。

ブログ運営は、計画通りにいかない

僕も本当に痛いぐらい経験しましたが、ブログ運営は、なかなか計画通りにいかないものです。

理由は単純で、最初の頃は、つい計画を甘く見積もってしまうからですね。言いかえると、自分の能力を過信しているわけです。

たとえば、3つのブログをつくって、毎日更新するイメージができていたとしても、実際に書き始めると、1つのブログだけで精一杯だったり、なんなら何日もサボってしまうなんてこともあります。

「自分は大丈夫!」と思っていても、やってみるとむずかしいものです。僕もやる気に満ちてスタートしましたが、やる気が出なくて90日ぐらい完全にサボったりしたこともありました…

「絶対に大丈夫!」と言うならブログを複数個つくるのも止めませんが、計画通りにはいかないことだけは覚えておいたほうがいいです。僕はおすすめしません。

ブログジャンルを分けるときに大切なこと

記事の後半では、『1つのブログで複数ジャンル』を書くときに大切なことを解説します。(※ブログは1つです)

僕自身、最初のころあまり意識してなくて、あとから大幅に時間ロスした部分なので、初心者の人は参考にしてください。けっこう大事です。

①:各ジャンルの関連性を強める

1つのブログでいくつかジャンル分けする場合、なるべく各ジャンルの関連性が強いほうがいいです。

理由は次の2つ。

①:他の記事も読んでもらえる
②:ブログの信頼度が上がる

各ジャンルの関連性が高ければ、他の記事も読んでもらえる可能性が上がりますし、ブログのテーマも絞られるので読者からの信頼度も上がりがち。

なるべく関連性を高めるためには、『ブログの方向性』は定めておいたほうがいいですね。参考記事をのせるので、合わせてチェックしてみてください。
» ブログを始める前にやるべきことは1つ!知っておきたい注意点も解説

ジャンルの関連性を強める。大事です。

②:1つのジャンルを掘り下げる

いくつかのジャンルを書く場合でも、1つのジャンルを掘り下げる意識は忘れてはいけません。

理由は、深く掘り下げることで、記事の質が上がるから。

自分と同じジャンルでブログを書いてる人の文章を読んでみたり、わからないことがあれば自分でググってみたり。いわゆる、勉強ですね。

これは、NGです

「書くネタがないから別ジャンルを書こう」はNGです。

勉強をサボることになり、知識と経験も身につかないので、どんどん記事の内容が浅くなってしまいます。あと、ブログの方向性もブレますね。

僕は、これをやっちゃって、あとから大量の記事を消すことになったので、みなさんは注意してください。

ネタがないから違うジャンルで書くは、やめたほうがいいです。

③:ジャンル増減の基準をつくる

3つめは、『ジャンル増減の基準をつくる』です。

ブログを続けていると、「新たにジャンルを増やしたい」とか「今書いてるジャンルを減らしたいかも」という瞬間があります。そのときに、自分なりの基準があれば便利です。

逆に、基準がないと、中途半端になることも。

・新しいジャンルで10記事書ける?
・アクセス数が〇〇以下なら撤退
・1ヶ月後にまだ興味があれば参入

上記はあくまで例ですが、自分なりの基準があれば、冷静な判断ができます。

ちなみに、僕の基準は『迷ったらやらない(やめない)』です。絶対的に「イエス」でないかぎり、新しくジャンルを増やしたり、減らしたりしないようにしているわけですね。

ジャンル増減の基準は、ぜひつくっておきましょう。

まとめ:初心者は、ブログをジャンルごとに分けずに書こう

今回は『ブログジャンルを分ける人向け』の内容を解説してきました。

結論、複数ジャンル書くのはOKですが、初心者はブログを1つにしましょう。

以下、おさらいです。

ブログジャンルを分けるときに大切なこと(ブログは1つ)

①:各ジャンルの関連性を強める
②:1つのジャンルを掘り下げる
③:ジャンル増減の基準をつくる

「まだ1記事も書いてない」「どんな感じで書けばいいの…?」という人は、ブログ1記事目を書く前に読んでほしい!最低限のポイントのみ簡単解説もどうぞ。

文章を書くのが苦手だったり、不安な人は、以下も参考にしてください。
» ブログライティングに役立つ本はある?【なんでもいいから1冊読もう】