ブログで挫折する原因は、「期待値の高さ」にあり【対処法も解説】

(更新日:2020年12月15日)

「ブログを書き始めたけど、早くも挫折しそう」

「やばい、、、どうすれば、挫折せずに記事を書き続けられるの? 誰か教えて!」

こんなお悩みを、解消します。

本記事の内容

  • ブログで挫折する原因は、「期待値の高さ」にあり
  • ブログで挫折しないための、3つの対処法

本記事の信頼性

この記事を執筆している僕は、ブログで本格的に記事を書き始めて約9ヶ月。
これまで、180記事ほど書きました。
挫折しそうになるのを乗り越え、更新を継続しています。
少しずつですが、収益も出てきました🙂

この記事では、「ブログで挫折する原因」をテーマに書き進めます。

たぶん、ブログを書いている多くの人が、「もう、ダメだ、、、」と、挫折しかけた経験があるのではないでしょうか?

僕自身、これまで何度も踏みとどまりながら、今日まで書いてきました。

おかげで、少しずつですが成果も出始めています。

「頑張ろう!……いやでも、ツライ……いかん、いかん!頑張らねば!……あぁ……でもツライ……」

こんなことの連続だと思います。

本記事の前半では、ブログで挫折する原因をピックアップ。
さらに後半では、挫折しないための対処法を解説します。

「今後、ブログを頑張っていきたい!」という方は、最後まで、目を通していただけると幸いです。

では、本題に入ります。



ブログで挫折する原因は、「期待値の高さ」にあり

結論、ブログを挫折してしまう主な原因は、「期待値」の高さです。

ブログで挫折する、4つのパターン

高い「期待値」によって、挫折するパターンは、以下の4つです。

ブログの挫折につながる、4つの原因

①ブログのネタが思いつかない
②うまく文章が書けない
③想像より書くのが大変!
④アクセスと収益が、全然伸びない

上記のとおり。

ちなみに、僕はすべて経験済みです。

他にも原因はありますが、高い期待値ゆえに苦しむのは、主にこのあたりでしょう。

要するに、「これぐらいなら、余裕でしょ!」と軽く考えていて、いざ書き始めてみると、「あれ、、、?」と、苦戦する状態です。

ブログに、「高すぎる期待値」を持ってしまうワケ

「ブログ=稼げる!」というイメージが、強すぎるんだと思います。

インフルエンサーの方や、トップブロガーと呼ばれる方たちが、「ブログは稼げますよ〜」と発言しているのを耳にする機会が多いのかもしれません。

僕自身、実際にブログを書いている身としての率直な感想は、「たしかに、キチンと継続して書けば稼げそうな気もする、、、でも、全然ラクじゃねー!」です。

ブログ開始前の高すぎる期待値

・ブログは、ラクに稼げる
・書くネタなんて、簡単に見つかる
・慣れれば、簡単に書けるでしょ!
・自分の好きなことが書ける
・書けば閲覧数も伸びるし、収益も出るはず!

ブログ開始後のリアル

・ブログは、稼げそう(でも、ラクじゃない!)
・読まれるネタを見つけるのは大変!
・文章構成は奥が深い、、、これから、ずっと勉強!
・自分本位じゃなく、読者優先の内容を書く
・閲覧数も収益も、すぐには上がらない

こんな感じ。

「予想と違う、、、」と感じて、しんどくなり、途中で書くのを辞めてしまう人も多いはず。

周りの意見に踊らされて、期待値を爆上げしてしまうと、あとが大変なので、程々にしましょう。

期待値を下げて、書くべし!

ブログのリアルを体感して失望しないために、最初は期待値を下げておく方がいいです。

期待値を下げるとは?

・すぐに稼げそう → 時間がかかるものと考えておこう
・簡単に書けそう → 慣れるとは思うけど、ちゃんと勉強しなきゃ!
・好きなことが書ける → 読書優先の記事を書くことが必要

上記のような感じですね。

ちなみに僕は、「読者優先の記事を書く」という事実を受け入れるのに時間がかかりました。

「ブログは、自分の好きなことが書ける!」という高い期待値を持っていたわけです。

実際、自由に好きなことを書いた結果、全く閲覧数が伸びませんでした。

当たり前ですが、結果を出そうと思えば、自分がブログのルールに合わせる必要があったわけです。
ルールを受け入れ、その上で自分にできることを探した方が、いいですね。

挫折しないためにも、期待値は下げておきましょう。

» ブログが伸びないのは、読者優先で書いていないから【解決策あり】

ブログで挫折しないための、3つの対処法

ブログを途中で挫折しないための、3つの対処法を説明します。

基本的なことですが、とても重要です。

ブログを挫折しないための対処法

その①:閲覧数と収益の結果を急がない
その②:ブログの更新は、休んでもいい
その③:「質」を疎かにせずに書く

1つずつ、順番にみていきましょう。

その①:閲覧数と収益の結果を急がない

閲覧数や収益など、「結果」を急ぎすぎてはいけません。

基本、ブログは、すぐに結果は出ません。
毎日上下するので、その度に一喜一憂していたらメンタルがやられます。

具体的な行動プラン

・閲覧数や収益などのチェックを頻繁にしない
・淡々と記事を書くことに集中する
・ブログの成長を長期的な視点で考える

このあたり。

ブログの成長を短期的な視点だけで考えてしまうと、「うぅ、全然、結果が出ない、、、」と落ち込むことになるので、注意が必要。

僕も、毎日1回だけ閲覧数と収益をチェックする時間を設けていますが、あとは見ません。
なるべく集中して記事を書くためでもあります。

人によっては、もっと頻度が少なくてもいいかもです。

その②:ブログの更新は、休んでもいい

ブログの更新は、休んでもいいです。

無理をしすぎると疲れますし、更新することばかりに意識が向いてしまうと、内容が雑になるから。

事実として、内容が雑なブログは、読んでもらえません。
Googleからの評価が得られず、上位表示されないことが原因です。

結果として、時間の無駄になります。

ブログ更新を休む日にやること

・とにかく、ゆっくり休む
・ネタだけでも探しておく
・ブログの方向性を確認する

上記のとおり。

基本的には、「更新する」でいいですが、どうしても気分が優れない日や、うまく書けない日は、無理しなくてOK。

ブログは長期戦なので、ペース配分も大切です。

執筆オフ日を作れば、2〜3時間は余裕が生まれるはずなので、リフレッシュしたり、今後どんな記事を書くか、考えるのもありですね。

もちろん、単なるサボりは微妙ですが、とはいえ、疲れているかもしれないので、「ブログの更新は休んでいい」ということを覚えておいてください。

その③:「質」を疎かにせずに書く

ブログは、記事の「質」を疎かにしないようにしましょう。

「質」をテキトーに扱うと、そもそも読まれませんし、書くこと自体が楽しくなくなるので、結果的に挫折する確率が高まります。

どうやって、「質」を保つ?

シンプルに、「今できる最大限、頑張る」です。

日々、ブログを書いていると、調子の波はあります。
体調が良くて、気分がノリノリでも、いざパソコンに向かって書き始めると、「あれ、、、?」なんてこともしばしば。

こんな時、「とりあえず、テキトーに書いちゃえ!」と、雑になってしまうと、果ては「挫折」行きです。

そうならないためにも、記事の「質」を疎かにしてはいけません。
今だせる最大限の力で、頑張って書きましょう。

ブログは、辞めちゃう人が多いらしい

これが現実ですね、、、大変ですから。

でも、逆に言えば、「挫折」行きを回避して、きちんと正しく継続することができれば、誰にでもチャンスがあるということ。

この記事が、少しでもお役に立てたのなら、うれしいです。

ブログは大変ですが、お互い頑張りましょう。

本記事は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました🙂