BLOG

【誰しもある】ブログ挫折の原因は、期待値の高さです【対処法3つ】

2020年12月11日

「ブログを書き始めて3ヶ月ですが、早くも挫折しそう…。やばい、どうすればこの状況を乗り越えられるの? 誰か教えてください」

こんな感じのお悩みを解決します。

記事の内容

・ブログ挫折の原因は、期待値の高さです
・ブログで挫折しない対処法3つ

記事の信頼性

この記事を書いてる僕は、ブログ歴9ヶ月。
合計180記事ほど書きました。
(※リライト時点で、1年9ヶ月。合計250記事ほど)
» @Sugimoto_2017

今回は「ブログの挫折」をテーマに解説します。

ブログを書いてる多くの人が、「あぁ、もうダメだ。つらい…。」と挫折しかけた経験があるのではないでしょうか?

僕自身、これまで何度もありましたが、その度になんとか踏みとどまりながら、今日まで書いてきました。たぶん誰しもあるはずですよね。

本記事の前半では「ブログの挫折につながる原因」を解説し、後半では対処法を3つご紹介。

特にブログ初心者で「これからも頑張りたい」という方は、最後まで読みつつ、参考にしてください。

※この記事は、5分ぐらいで読めます。

ブログ挫折の原因は「期待値の高さ」にあり

まず、挫折の原因について見ていきましょう。

ブログ挫折の原因は、期待値の高さです

ブログを挫折する原因は、「期待値の高さ」にあります。

なぜなら世の中には、「ブログ=ラクに稼げる。不労所得」みたいなイメージがあるからですね。

実際にブログを書いてみれば、そんな簡単ではないとわかります。

ブログの高すぎる期待値

・ブログはラクに稼げる
・1時間ぐらいで書ける
・自分の好きなことが書ける

ブログのリアル

・ラクには稼げない
・1記事6時間ぐらいかかる
・読者優先の内容を書く

上記のとおり。

要するに、ブログを始める前のイメージと、始めたあとのギャップにぶち当たって「こんなはずじゃないのに…。」と苦しむパターンですね。

自信を持つのは大事ですが、高すぎる期待値で「余裕でしょ〜」と油断すると、リアルに挫折します。

なぜ「高すぎる期待値」を持ってしまうのか?

理由はシンプルで、「成功事例」に触れる機会が多いからです。

例えば、ツイッターなんかを眺めていても「1年で〇〇万円稼げました」みたいな情報が多かったりしますよね。あるいは有名ブロガーが、「ブログは稼げます」と発言するのを耳にする機会も多いはず。

このように、繰り返し「成功事例の情報」に触れることで、「簡単そうだし、自分もいけるはず」と期待値が上がります。

自信は大事ですが、とはいえ高すぎる期待値は、失望への反動も大きいので注意が必要ですよ。

僕自身、実際にブログを書いてる正直な感想は、「たしかに継続して書けば稼げそうだけど、マジで全然ラクじゃない…。」です。

成功事例だけに踊らされて期待値を爆上げしてしまうと、挫折するので、ほどほどにしましょう。

期待値を下げた状態からスタートすべし

なので、最初は期待値を下げておく方がいいですよ。

期待値を上げる → ブログのリアルを経験する → ギャップに苦しむ → 挫折する

上記の流れに陥ります。

「自分の想像よりは、たぶん大変なはず」と考えておくだけでも、謎に期待値が上がるのを防げるので効果的。(※詳しい対処法は、後半で解説しますね)

1つだけ経験談

僕が挫折しかけた原因を1つだけ紹介すると、「ブログって、本気を出せば1時間ぐらいで書けるでしょ」と思っていたことです。

謎に期待値を爆上げしていましたが、実際に書いてみると、現実は違いました。

下記のツイートをご覧ください。

250記事ぐらい書いてきた今でさえ、5時間前後かかります。1時間は僕には不可能でした。

スピードだけを意識すれば早く書くことは可能ですし、実際に書いていた時期もあるのですが、記事の質がボロボロで、全然読まれませんでした。マジで挫折しかけましたね…。

結論、挫折しないためにも、期待値は下げておきましょう。

ブログで挫折しない対処法3つ

過去の経験を踏まえつつ、ブログで挫折しないための対処法を3つ解説します。

対処法①:結果を急ぎすぎない

特に大事なのは、「結果を急ぎすぎないこと」です。

ブログは結果が出るまでに時間がかかります。目先の結果ばかりに振り回されると、気分が落ち込みますよ。

たぶん多くの挫折原因が、「自分はこんなに頑張ってるのに、結果が出ない…。」かと。

やるべきこと

・PV数(閲覧数)
・収益

例えば、上記2つを頻繁にチェックしないなどですね。どちらも最初は伸びないので、何度チェックしても「あぁ…。」と悲しくなるだけ。

目の前の記事を書くことに集中しつつ、ブログの成長を「長期的な視点」でとらえるのが大切です。

僕も毎日1回だけPV数と収益をチェックしていますが、それ以上は見ません。
(※リライト時点では、1週間に1回だけのチェックに減らしました)

もちろん試行錯誤しながら頑張るのは大事ですが、目先にことだけにとらわれてもつらくなるだけ。

ブログは長期戦です。結果を急ぎすぎず、コツコツ前進しましょう。

対処法②:ブログ更新に疲れたら休む

ブログの挫折を防ぐには、うまく休むことも大切です。

無理をしすぎると疲れますし、更新することばかりに意識が向いて、内容が雑になるから。

事実、内容が雑なブログはGoogleからの評価が得られず、検索結果に上位表示されないので読まれません。読まれないと、徐々につらくなってきて、挫折の原因になります。

わかりやすい悪循環ですね…。

すでにブログ疲れしている方は、「ブログに疲れたときの対処法【結論:一旦休みながら未来に備えよう】」も参考にどうぞ。

休むことでリフレッシュできますし、今後の方向性を考えたりする時間にもなるので、罪悪感を感じず休みましょう。

無理はしなくてOKです。

対処法③:基本に立ち返る

基本に立ち返ることも大事ですね。

なぜなら、つらく挫折しそうなときは、つい本質を見失いがちだから。

テクニックで乗り越えることも必要ですが、基本を見つめ直すことで、自分がやるべきことが見えたりします。

立ち返るべき基本とは?

ブログが検索順位に依存していることを考えると、「Googleの考え方」にフォーカスするのが、1つの方法です。

ちなみに僕はつらいとき、以下を意識しています。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
引用:Googleが掲げる10の事実

要するに、読者の悩みを想像して、解決することに集中するわけですね。

あるいは「自分はなぜブログを書こうと思ったんだろう?」と、初心を思い出すことも意味があります。

少し抽象的な印象があるかもですが、同時に本質的でもあるので、基本に立ち返ることは必要です。

まとめ:ブログの挫折は「期待値コントロール」で防げる

今回は「ブログの挫折」をテーマに解説しました。

結論、期待値をコントロールすることが大切。
謎の爆上げに気をつけましょう。

以下おさらいです。

ブログで挫折しない対処法3つ

①結果を急ぎすぎない
②ブログ更新に疲れたら休む
③基本に立ち返る

本質をおさえつつ、1歩ずつ前進です。

「まだ10記事ぐらいしか書けてないよ〜」という方は、「100記事」を1つの目標として目指しましょう。
» ブログは100記事書けば伸びるのか?【心折れない/続けるコツ7つ解説】

僕もこれまで何度も挫折しかけましたし、たくさん失敗もしたので、そんな経験を踏まえつつ、情報を共有していきます。初心者の方は、ぜひお役立てくださいませ。
» @Sugimoto_2017

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-BLOG
-