BLOG

【初心者向け】ブログに書く内容の決め方3つを簡単に解説します

2021年6月10日

「ブログに書く内容って、どう決めればいいんだろう…」

と悩んでいませんか?

こんにちは、Tatsuyaです。
今回は「ブログ内容の決め方」をテーマに解説していきます。

「一体、何を書けばいいの?」と感じてる方が多いと思います。

僕自身、右も左もわらない状態のまま、とりあえず深く考えずスタートしたので、結果的に大きな回り道をしてしまった経験があります…。

なので、あなたが僕と同じ道を辿らないように、ズバリ「ブログ内容の決め方」と「注意点」を共有します。

この記事を読むことで、書くべきブログ内容を決めてスタートできますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

「まだブログを作っていないから、先に作っておきたい」という方は、以下記事を参考にどうぞ。

【初心者向け】ブログに書く内容の決め方3つを簡単に解説します

今回は3つの方法を解説します。
順番に見ていきましょう。

決め方①:ブログジャンルを絞る

内容を決めるには、まずブログジャンルをはっきりさせておくことが大切です。

ジャンルって、いわばブログの「大枠」なので、ここが曖昧だと内容がブレます。

例えば、

  • 副業
  • 筋トレ
  • 英語学習
  • ガジェット
  • 映画レビュー

こんな感じですね。

特にブログ初心者は、このジャンルが決まっていないケースが多いです。なんとなく、雰囲気で書き進めていこうと考えている状態。

でも、これだと苦戦しますよ。

あなたは、ブログジャンルを決めていますか?

もしまだなら、最初に決めておきましょう。ジャンルが決まれば、進む方向が見えるので、内容が定まります。

「ジャンルの選び方がわからない…」という方は、以下記事を参考にしてください。きっとお役立ていただけると思います。

決め方②:読者に役立つ内容を考える

ブログジャンルが決まったら、そのジャンルの中で「読者に役立つ内容は何だろう?」と考えてみましょう。

なぜなら、読み手は「このブログは、自分に役立つかどうか」を重視しているから。

これは、Google検索する時を思い浮かべればわかりやすいですよね?

何か知りたいことがあって検索してるわけですから、当然、誰しも自分に役立つ情報を得たいわけです。

こうして文章にすると当たり前に思うかもしれませんが、初心者の頃は、つい自分の書きたいことばかり優先してしまいがち…。

でもこれだと、読んでもらえないし、ネタが尽きます。

「でも、役立つ内容なんて思いつかないよ…」という方は、難しく考えず、次の2つを考えてみてください。

  • あなたが人より詳しいこと
  • 過去に悩んでいて、今は克服したこと

周りの人より詳しい知識は、誰かの参考になるし、あなたが過去に悩んでいたことは、今まさにこの瞬間、同じように悩んでいる人に役立ちます。

克服した方法を解説してあげると、ニーズがありますよね。

「読者に役立つ内容は何だろう?」と考えることで、ブログに書くべき内容が決まりますよ。

決め方③:売るべき商品から逆算して考える

3つ目の決め方。
それは、売るべき商品から逆算して考える、です。

ブログで稼ぐには、商品を売って報酬を得る必要があります。つまり、言い方をかえると、商品の成約がゴール。

なので、最初に「どんな商品を売ろうかな?」と考えることで、その商品を紹介する内容が書けますよね。

俗に言う、「レビュー記事」というやつです。

何か物を買う時って、「ホントに良い商品なんだろうか」と気になりませんか? ネットで口コミを拾って、読み漁った経験は誰しもあるはず。つまり、ブログ内容としてニーズがあるということ。

「売る商品とか、決まってない…」という方は、少し注意です。

理由は、ゴールが不明確だから。これだと、収益化できません。

でも、安心してください。
大丈夫です。

あなたが選んだジャンルに関連する商品を探しておけばOK。これで解決します。

ブログで売る商品を選ぶためには、ASPに登録します。

無料で登録できるので、まだASPを使っていない方は、先に済ませておきましょう。以下に参考記事を用意したので、「ASPって何なのよ?」という方は、必ずご覧ください。

ブログ内容を決める際の注意点3つ

続いて、ブログ内容を決める際の注意点3つを解説します。

無駄なまわり道をして時間をロスしないためにも、ぜひ押さえておきたいポイントです。

注意点①:私的な日記を書かない

ブログで収益化を目指すなら、私的な日記を書くのはNGです。

理由は、芸能人やタレントでない限り、私的な日記でアクセスを集めるのは難しいから。

全然知らない人の日記って、読みたいですか? たぶん、ほとんどの場合、別に読みたくないと思うんです。

実は、僕も2年ほど私的な日記ブログを書いていた時期があったのですが、結果として収益にはなりませんでした…。

もちろん、「お金とかは別にいい」って感じなら好き勝手書いてもOKです。

しかし、あなたのブログの目的が収益化することなら、読者の悩みを解決する内容を書いた方が良いです。

私的な日記はNGで。

注意点②:不得意なジャンルは書かない

不得意なジャンルも手を出さないのが吉です。

なぜなら「不得意=知識や経験がない」を意味するので、読者に役立つ内容が書けないから。

そうなると、読んでもらえません。

ブログ初心者は「稼げるジャンルは何?」を知ろうとしますが、このアプローチはおすすめしません。継続できないですよ。

もし仮に、「脱毛ジャンルが稼げる」とわかったとして、一度も脱毛したこともなければ、美容なんて興味ないっす、という状態でも書けますか?

結論、無理ですし、たとえ何本か記事を書けたとしても継続は難しい。ブログは続けないと伸びてこないので、これじゃダメですよね。

どうせブログを書くなら、人に読んでもらいたいと思うはずなので、不得意な内容は避けましょう。

注意点③:YMYLジャンルを避ける

あと、YMYLジャンルは避けた方がいいです。

YMYLとは、「Your Money or Your Life」の略で、お金・医療・健康などにまつわる分野のこと。

なぜ、避けるべきなのか?

理由は、YMYLジャンルで誤った情報を書くと世間への影響が大きいため、とりわけGoogleに厳しく品質評価されるから。

この界隈の情報に精通している専門家なら別ですが、ブログ初心者は、まず避けたほうが無難です。

まとめ:ブログの内容を決めたら、さっそく書き始めよう

今回は「ブログ内容の決め方」をテーマに解説しました。

いかがでしたか?

再度、おさらいで載せておきます。

  • ブログジャンルを絞る
  • 読者に役立つ内容を考える
  • 売るべき商品から逆算して考える

ブログに書く内容がハッキリすることで、読者により役立つ記事が書けますし、あなたのブログの特徴もしっかり出るので、掘り下げて考えておく価値ありです。

普段、Twitterでもブログに関する情報を発信しています。この記事が少しでも参考になった方は、ぜひフォローしてお役立てくださいませ。

これからブログを始める方は、以下の参考記事をご覧ください。簡単に10分ほどでブログを作れるので、ぜひこの機会にスタートしましょう。

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-BLOG
-