ブログ初心者が「書けない」理由とその解決策を解説します

「ブログがうまく書けないし、書けたとしてもなかなか続かない…」
「どうすれば書けるようになるの?」

という方に向けて、この記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。

・ブログ初心者が書けない理由
・ブログ初心者が書けない状態から抜け出す方法

こんにちは。
杉本(@Sugimoto_2017)です。

ブログ歴は約2年。
こうして記事を書き始めてからは3ヶ月ほどで、今現在、合計60記事ぐらい書いています。

僕自身、まだ日が浅いので、初心者の方の「書けない…」という悩みは少しは理解しているつもり。

なのであえて、このタイミングで記事にすることにしました。

今回は、「書けない理由」と「その解決策」に分けて解説します。

何かしら参考になれば幸いです。

ブログ初心者が「書けない」理由

まずは、書けない理由から解説します。

理想が高すぎる

一つ目の理由は、ブログに対する理想が高すぎるからです。

要するに、「小さな成果=ダメ」としてしまうことですね。

「ブログ=稼げる」のイメージばかりが先行したり、すでにたくさんの結果を出しているブロガーさんと自分を比較して、「あぁ…自分はなんてダメな奴なんだ」と劣等感を持ったり。

どうしてもブログの良い面ばかりを見て、どんどん理想が高くなってしまいますが(この気持ちはよくわかりますが)、いきなりは無理だと思います。

少し冷静に考えれば当たり前なのですが、このあたりはなかなか見えなくなってしまうもの。

最初からなんの根拠もなく理想を高く持ちすぎることは、書けない理由につながります。

ヘタな自分を受け入れられない

二つ目の理由は、ヘタな自分を受け入れられないからです。

実際にブログを書いてみると次のようなことが起こります。

  • 文章がうまく書けない
  • 書けたとしてもなんかヘン

初心者なので当たり前なのですが、「ブログってただの文章でしょ?」と思ってるフシがあるので、いざ、うまく書けない現実に直面するとショックを受けたりします。

要するに、ヘタな自分を受け入れられないわけですね。

僕自身、普段からそれなりに文章を書く機会も多いので、「いやいや、ブログぐらい書けるでしょ?」なんて思っていましたが、いざ挑戦すると「あれ…?」となりました。

幸いなことに、ヘタクソな自分を受け入れることができたので、こうして今日も記事を書いているわけですが、「おかしい!こんなはずじゃない!」と受け入れることができないと、かなり厳しい日々が続くかもしれません。

結果を急ぎすぎ

三つ目の理由は、結果を急ぎすぎるからです。

主に次の2つですね。

  • PV(ページビュー)
  • 収益

もちろん、結果は大事です。

ブログを書くことで効果を感じる部分もありますし、書くことの意義も強く感じますが、とはいえ、「じゃあ、すぐに結果が出るか?」と言えば、そんなことはありません。

ブログは長期戦であることを理解する必要があります。「時間を捧げる覚悟はあるのか?」が試されるわけですね。

以前、以下の記事を書きました。
3ヶ月、ブログを継続してみた経験をもとに書いていますので、よければ参考にしてみてください。

【参考記事】:ブログを3ヶ月継続して感じる効果とは?【実体験から解説します】

ブログ初心者が書けない状態から抜け出す方法

次は、解決策です。

どうせリライトするんだから!

一つ目の方法は、完璧を求めずにヘタでも書いてみることです。

「えっ、ブログってヘタでもいいの?」と思うかもしれませんが、正直、いきなりうまく書くことは難しいですし、どうせ、後日リライトすることになります。

最初から完璧を求めると一歩も前に進めませんし、よくよく考えると、「そもそも完璧って何?」って話です。

僕自身、こうして記事を書いてますが、「初心者なのにこんなこと書いてもいいのかな?」「文章もヘタだし、やっぱりやめようかな」なんて足踏みをしていれば、ずっと走り出すことができません。

「どうせリライトするんだから!」という気持ちで、とにかく書きながら学ぶことが大切です。

そもそもなぜ書くんだっけ?

二つ目の方法は、「そもそもなぜ書くんだっけ?」を、自問自答することです。

どうしてもブログを書く過程において、初心を忘れてしまいがちになります。

目の前のことばかりに意識が向いて、大局が見えていない状態ですね。
もちろん、目の前のことに集中することは大切ですが、ここはバランスが必要です。

ブログは長期戦なので、初心を忘れてしまうと、「あれ、そもそも何でブログやってるんだっけ?」ということになり、場合によっては大きく時間をロスしてしまうことにも繋がりかねません。

ブログを書くスキル、方法論も大切ですが、とくにブログ初心者の間は、こうした意識的な部分が大切になってくると思います。

何回かに分けて書く

三つ目の方法は、何回かに分けて書くということです。

何事もそうかもしれませんが、「一気に全部やろう!」と気負いすぎると、なかなか骨が折れるもの。

僕自身、基本的には書き始めたらそのまま終わりまで書きますが、時々、テーマや構成だけを先に決めて、少し休んでから、本文を書いたりすることもあります。

案外、時間を置くことでスラスラと書けたりすることもあるので、「書けない…」となった時は、何回かに分けて書いてもいいんじゃないでしょうか?