BLOG

ブログが書けない方へのアドバイス。原因と解決方法5つを解説します

2021年1月15日

「ブログを頑張りたいけど、なぜか書けなくてつらい…」

と悩んでいませんか?

こんにちは、Tatsuyaです。
今回は「ブログが書けない」をテーマに解説します。

実際にブログを書き始めると、気分が乗ってスラスラ書ける日もあれば、全然進まない日もありますよね。

「365日、絶好調です!」という人は、たぶんいないはず。

僕もこれまで300記事ほど書いてきましたが、うまく書けない日は何度もありました。

2年以上、試行錯誤しながら、ブログが書けない原因と解決方法がつかめてきたので、共有しますね。

この記事を読んでいただくことで、ブログが書けない原因、解決方法を学んでいただけます。

初心者向けに、わかりやすく解説するので、ぜひ最後までお付き合いください。

あなたがブログを書けない原因とは?

ブログが書けない状況を抜け出すためには、まず原因を特定することが重要です。

主な原因は次の5つ。

  • 原因①:ブログのネタが思いつかない
  • 原因②:何から書けばいいかわからない
  • 原因③:記事構成を作っていない
  • 原因④:完璧主義になっている
  • 原因⑤:なぜかモチベが下がる

この5つは、多くの人に当てはまっているはず。僕もブログを書き始めたころに悩んだものばかりです。

このあと、それぞれの解決方法を書いていきますね。

もしも、「ブログ疲れがひどくて書けない」という方は、以下記事から読んでもらえると、より参考になると思います↓↓

ブログが書けない方へのアドバイス。解決方法5つを解説します

ここからは、具体的な解決方法を5つ解説します。

復習として、ブログが書けない原因を載せておきますね。

  • 原因①:ブログのネタが思いつかない
  • 原因②:何から書けばいいかわからない
  • 原因③:記事構成を作っていない
  • 原因④:完璧主義になっている
  • 原因⑤:なぜかモチベが下がる

では、順番に見ていきましょう。

解決方法①:「書きたいことを書く」の考えを捨てる

ブログのネタが思いつかない方へ。

まず、「書きたいことを書く」という発想を捨てましょう。

なぜなら、自分中心で内容を考えると、いつかネタは枯渇するから。

この問題は、キーワードから逆算して書けば解決します。

例えば、今読んでいただいているこの記事もキーワードから逆算して書いています。

本記事のキーワードは「ブログ」「書けない」の2語なので、これをラッコキーワードに入力します。

ラックキーワード

すると、上記のような画面になるので、赤枠の部分をながめてみて、「これなら書けそうかも」というキーワードから書けばOK。

キーワードを無視して、毎回ゼロから自分で内容を考えるのは無謀ですよ。間違いなく、ネタ切れします。

キーワードは、実際に読者が検索している言葉の組み合わせなので、そこから逆算してブログを書けば、ネタ切れも防げますし、読者ニーズを満たせますよね?

「自分が書きたいことを優先したい」と思うかもしれませんしが、読者ニーズを満たせないと、そもそも読んでもらえないので疲れますよ。

「書きたいことを書く」の発想を捨てることで、スムーズに書けるようになります。

解決方法②:読者のお悩み解決を最優先にする

何から書けばいいかわからない方へ。

ブログは、「読者のお悩み解決」を最優先にしましょう。

なぜなら、ブログを読んでる人の多くが、何かしら悩みを抱えていて、その悩みを解決したくて読んでいるから。

グーグル検索する時を想像すれば、僕らも同じですよね?

やるべきことはシンプルで、キーワードから「読者の悩みはなんだろう?」と想像をふくらませて、その悩みに対する解決策を示すだけ。

ちなみに先ほどもお伝えしたように、この記事のキーワードは「ブログ」「書けない」の2語なので、この言葉の組み合わせで検索する読者をイメージしてみました。

「読者はブログが書けなくて悩んでるはずだよなぁ…。じゃあ、まずは書けない原因をピックアップして、そのあとに、解決方法をアドバイスしよう」

こんな感じで考えていくわけですね。

読者のお悩み解決を最優先にすれば、あれこれ迷うことなく書くべき内容が決まります。

解決方法③:記事を書く前に「構成」を作る

記事構成を作っていない方へ。

あなたはブログを書き始める前に、ちゃんと「記事構成」を作っていますか?

もしも作っていないなら、これからは必ず作ってください。

記事構成を作らずにブログを書き始めるのは、設計図なしで家をつくるのと同じ。無謀だし、当然ながらどこかのタイミングで「書けない…」と、行き詰まる確率が高い。

ブログの記事構成の作り方をここで説明するとボリューミーなので、参考記事を入れておきます。

記事構成を作れば、書きながら迷うこともなくなりますので、ぜひチェックしておいてください。記事構成づくりは必須ですよ↓↓

解決方法④:完璧主義は無意味だと理解しよう

完璧主義になっている方へ。

ブログを書いてると「完璧に書きたい」と思いがちですが、ブログにおける完璧主義は無意味です。

その理由は、最初から完璧にこだわるとマジで終わらないから。

もちろん、「手を抜いてOKでーす」という意味ではありません。
全力を尽くすことは大事です。

でも完璧ってのは、所詮その人の頭の中にしか存在しない幻想なわけです。

高いクオリティを求める姿勢は素晴らしいですが、とはいえ完璧にこだわりすぎると、苦しくなりますよ。

繰り返しですが、「その瞬間、全力を尽くせばOK」のスタンスで取り組むのが理想的です。

ブログは後から何度でも書き直しができるので、存在しない完璧を求めて挫折せずに、ガリガリ書いて前進してやりましょう。

解決方法⑤:モチベーションを無駄に上げようとしない

なぜかモチベが下がる方へ。

ブログを続けてると、モチベが上がらない日ってありませんか?
ぶっちゃけ、僕はあります。

モチベーションは、無理に上げようとしなくて良いですよ。

なぜなら、やる気なんてのは上がる日もあれば、下がる日もあるから。

当たり前に思うかもしれませんが、この事実を無視して、右往左往している方が結構多い。

もちろん手を動かせば、その瞬間モチベは上がったりします。でも、根本的な解決にはならないんですよ。しばらくすると、またモチベは上下しますよね?

振り回されちゃいけないんです。

モチベに苦しんでる人は、以下の記事もあわせてご覧ください。きっとお役立ていただけるはずです↓↓

ブログが書けない時の注意点2つ【経験談よりシェアします】

これまで300記事ほどブログを書いてきた経験をもとに、ブログが書けない時の注意点を2つ紹介しておきます。

テキトーに書くのはNG

書けないからといって、「とりあえずテキトーに書く」はNGです。

理由は、記事の質が上がらないので、Google検索の上位表示獲得が難しくなるから。

ブログが上位表示されないと読まれる回数が少なくなるので、リライトにも膨大な時間がかかります。シンプルに、二度手間ですよね?

  • 読者の悩みを無視して、自分が書きたいことだけを優先する
  • 記事構成を作らず、雰囲気で書く
  • 解決案がない
  • 誤字脱字のオンパレード

例えばこんな感じ。

完璧主義もNGですが、テキトーもNG…。このあたりは、バランス感覚が大事ですね。

実現不可能な計画に逃げない

注意点2つめは、「実現不可能な計画に逃げない」こと。

ブログが書けない時って、なんだか「気合い論」で乗り切りたくなりませんか?

実現不可能な計画を立ててモチベを上げようとしたり…。

僕も「気合い出せば、1日3記事ぐらい書けんじゃない?」なんて妄想したこともありますが、結論から言えば不可能です。

仮に今日はできたとしても、継続は無理。

なので、あなたができる範囲でコツコツ書くのが重要です。

無謀な計画で気合いを入れても、解決にはなりませんのでご注意を。

まとめ:ブログが書けない時は、原因を特定し、改善あるのみ

いかがでしたか?

今回は「ブログが書けない」をテーマに解説しました。

ブログが書けない時は、冷静に原因を特定し、改善すること。

特に初心者のうちは大変かもしれませんが、小さな結果が出ることで気持ちも軽くなり、スムーズに書けるようになるので、コツコツやりましょう。

普段、Twitterでもブログ関連の情報をシェアしています。この記事が少しでも参考になった方は、よければフォローしてお役立てください。

ブログ記事の書き方は、以下もどうぞ↓↓

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-BLOG
-