ブログ初心者がネタ切れする理由は超シンプルです【解決策あり】

「ブログ初心者です。なんとか10記事ぐらい書きましたが、すぐにネタ切れしそう…。みんな、どうやってネタをひらめいてるの? 正直、先が思いやられます…。解決策があれば、教えてほしいです」

こんな感じの悩みにお答えします。

記事の内容

・ブログ初心者がネタ切れする理由は超シンプルです
・【ブログ初心者向け】ネタ切れの解決策は1つでいける

本記事を書いてる僕は、ブログ歴1年9ヶ月。
これまで250記事ほど更新しています。
» @Sugimoto_2017

今回は「ブログ初心者のネタ切れ」をテーマに解説します。

「ブログを書き始めたけど、ネタがない…。」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

実のところ「ブログのネタ探し」にはコツがあります。僕自身、そのコツを知らなかった頃は、「このままじゃ、絶対ネタ切れする。どうしよう…。」と心配していました。

ですがそんな僕でさえ250記事以上、ブログを書けているので大丈夫です。

この記事では、まず「ブログ初心者がネタ切れする理由」を解説して、後半で「ネタ切れの解決策を1つ」紹介します。

内容を理解しつつ実践していただくことで、「ブログのネタ切れ」はほぼ防げるので、ぜひ最後までお読みください。

※この記事は6〜7分ぐらいで読めます。



ブログ初心者がネタ切れする理由は超シンプルです

タイトルにもあるとおり、ブログ初心者のネタ切れ理由は超シンプルです。

ネタ切れの理由は、「思いついたことを書こう」としているから

ブログ初心者がネタ切れする理由は、「自分が思いついたことをネタとして書こうとしているから」です。

パソコンの前に座って「う〜ん、今回はどうしようか…。」と考えているイメージ。

ゼロから自分で考えて読者が求めるネタが思いつけばいいですが、当然ながら思いつかない日もありますよね。特にブログ自体に慣れていない初心者の方だと、すぐにネタ切れになる可能性が高いです。

「思いついたことをネタにする」のスタンスは、いったん封印しましょう。ネタ切れしますし、読者のニーズを満たせません。

ブログのネタは、読者視点が重要な話

ブログを書くなら、「読者の悩みを解決するネタ」が必要です。

なぜなら読者は、自分が抱える悩みを解決したくてブログを読んでいるから。別に、僕ら書き手の思いつきを知りたい親切心でブログを読んでいるわけではないですよね。

例えば本記事の場合は、「ブログ初心者に向けて、ネタ切れの理由と、解決策を説明」しています。

要するに、「ブログのネタ切れを解決したい」と思っている読者の視点に立って書いてるわけですね。

ブログのネタは、読者の悩みを解決するネタである必要があります。

ヒラメキに頼るのは無謀です

ちなみに、ネタ切れの解消を「ヒラメキに頼る」のはNGです。

理由は、ヒラメキはめったに起きないから。「どうすればひらめくのか?」もよくわからないので、不確実すぎますね。「ヒラメキに頼る=ネタ切れする」だと思ってください。

僕自身、今日まで250記事ほど書いてきましたが、もしヒラメキに頼ってネタ探しをしていたら、たぶん100記事も書けていなかったかも…。

「じゃあ、なんで250記事書けたの?」は、このあと解説しますね。

大事なので繰り返しますが、ブログのネタをヒラメキに頼るのはダメです。

【ブログ初心者向け】ネタ切れの解決策は1つでいける

ネタ切れを防ぐための細かい対策は色々ありますが、正直、ブログ初心者は、まず「1つの解決策」を実践すれば大丈夫です。

丁寧に解説するので、ゆっくり読み進めてください。

ブログネタは、キーワードから逆算する

ブログのネタ切れは、キーワードから逆算して考えることで解決できます。

超大事。
キーワードからの逆算です。

なぜならキーワードはたくさんあるので、1つずつ書いていけば、理屈上はネタ切れにならないからですね。

そもそも、キーワードって何?

キーワードとは、「読者の悩みを言語化したもの」です。

もう少し簡単に言うと、グーグル検索などをするときに、「検索窓に打ち込む言葉の組み合わせ」のこと。

何か調べる際、文字を入力しますよね? 
その言葉が、キーワードです。

ちなみに、この記事のキーワードは「ブログ 初心者 ネタ切れ」の3語の組み合わせ。

パソコンの前に座って「今日はネタ切れの話でも書こうかなぁ〜」と思いついたわけでも、突然ひらめいたわけでもありません。キーワードから逆算して、この記事を書いています。

「キーワード=読者の悩みを言語化したもの」です。

具体的な流れを説明します【簡単】

次は、「キーワードから逆算」する手順ですね。
シンプルに説明するので、ゆっくり大丈夫ですよ。

まず最初に、「どんなキーワードをあるの?」を調べましょう。

使うのは「ラッコキーワード」ですね。多くのブロガーが使っています。もちろん僕も使ってますよ。

ラッコキーワードを開くと、検索窓が見つかるはずなので、「軸となるキーワード」を入力しましょう。僕の場合であれば、「ブログ運営」について書くことが多いので、「ブログ」と入力してみました。

ラッコキーワード「ブログ」

すると、こんな感じの画面が出てくるかなと。

キーワードがたくさん並んでいるのが確認できますよね。それぞれのキーワードに対して記事を書けるので、「基本はネタ切れしない」という理屈です。

そもそも軸となるキーワードがわからない人は、ブログのジャンルが決まっていないかもなので、「ブログのジャンルの最適な選び方3パターン【完全初心者の方へ】」を参考にしてみてください。

ちなみに僕は、先にキーワードの一覧を洗い出して、グーグルスプレッドシートに整理しています。

キーワード(スプレッドシート)

こんな感じ。

先にキーワードの一覧を洗い出すことで、書くべき優先順位がわかったりするので、便利です。

詳しい方法を知りたい方は「ブログキーワードの選定方法解説!キーワードプランナーを使えばOK」をご覧ください。

イメージがつかめるまでは、「ラッコキーワード」を使う方法で大丈夫ですよ。
出てきたキーワードに対して、ブログを書けばOKです。(※慣れたら、優先順位を調べた方が効率的です。)

「悩み→解決」のプロセスが1つのネタになる

「ラッコキーワード」で出したキーワードをもとに、読者の悩みを考えて、解決策を出せば、1つのネタになります。

要するに「悩み→解決」のプロセスが、ブログのネタなわけですね。

「面白いことを書かなきゃ」「誰も知らない新しいことを書かなきゃ」と思うと、ネタ切れします。読者が求めているのは、「悩み→解決」のプロセスだということを忘れてはいけません。

記事の書き方は、「ブログアフィリエイト記事の書き方【最初の1円を稼ぐ3つの手順】」も参考になるはず。合わせて、ご覧くださいませ。

大事なので、繰り返しますね。「悩み→解決」のプロセスが、僕らが書くべきブログのネタです。

まとめ:ブログ初心者のネタ切れは、逆算思考で解決できる

今回は「ブログ初心者のネタ切れ」をテーマに解説しました。

結論、ブログのネタ切れは、キーワードからの逆算で解決できます。

「キーワードを選ぶ → 読者の悩みを想像する → 解決策を出す」

基本は、この流れですね。

間違っても、完全にゼロからのヒラメキに頼ると、遅かれ早かれネタ切れするので気をつけてくださいね。読者ニーズも満たせませんよ。くどいですが、「キーワードからの逆算」が大事です。

本記事の内容が理解できたら、アクセスアップを目指しつつ、ブログを書きましょう。
» 【基本】ブログをアクセスアップする方法5つ【初心者向けに解説】

ブログを収益化する方は、ASP登録もお忘れなく。定番ASPをまとめているので、以下を参考にどうぞ。
» 【登録無料】アフィリエイトASPおすすめ5社【収益化の必須準備】

こんな感じで、主に初心者の方向けに、ブログを書いています。
今後もわかりやすい説明を心がけるので、よければお役立てください。
» @Sugimoto_2017