BLOG

ブログ初心者がネタ切れする理由は超シンプルです【解決策あり】

2021年12月20日

「ブログ初心者ですが、すぐにネタ切れしてしまう…。理由と解決策を教えてほしい。」

こんな方向けです。

  • ブログ初心者がネタ切れする理由は超シンプルです
  • 【ブログ初心者向け】ネタ切れの解決策は1つでいける

本記事のもくじは、上記のとおり。
前半で「ブログがネタ切れする理由」、後半で「解決策」を解説します。

僕のブログ歴は1年11ヶ月ほどで、これまで270記事ほど書いたので参考になると思います。

この記事は5分ぐらいで読めます。最後までご覧くださいませ。

ブログ初心者がネタ切れする理由は超シンプルです

タイトルにもあるとおり、ブログ初心者のネタ切れ理由は超シンプルです。自分に当てはまっていないか確認しつつ、読み進めてみてください。

ネタ切れの理由は、思いついたことを書こうとしているから

ブログ初心者がネタ切れする理由は、「思いついたことを書こうとしているから」です。要するに、パソコンの前に座って「う〜ん、今回は何を書こうかな…。」と考えているイメージですね。

上記のスタンスだと、遅かれ早かれネタ切れします。毎回ゼロから自分の頭で考えてネタが思いつけばいいですが、当然ながら思いつかない日もありますよね。特に、ブログに慣れていない初心者だと、すぐにネタ切れする可能性が高いです。

「思いついたことをブログのネタにする」のスタンスは封印しましょう。繰り返しますが、間違いなくネタ切れします。

ブログのネタは、読者視点が重要な話

ブログを書くなら「読者の悩みを解決するネタ」が必要です。

なぜなら、多くの読者は自分の悩みを解決したくてブログを読んでいるから。別に、僕らブロガーのネタを知りたくて読んでいるわけではないですよね。

例えば本記事の場合は、「初心者向けに、ブログがネタ切れする理由と、解決策を解説」しています。要するに、「ブログのネタ切れを解決したい」と悩んでる読者の視点に立って書いてるわけですね。決して、単に思いついたネタを披露してるわけではないです。

このあたりは、「SEOにおける検索意図の大切さとは【ニーズベースで記事を作る方法】」を読んでもらえると理解が深まると思います。ブログネタは、読者視点で考えることが大切ですよ。

ヒラメキに頼るのは無謀

ちなみに、ネタ切れの解決を「ヒラメキに頼る」のはNGです。ヒラメキはめったに起きませんし、「どうすればひらめくのか?」も正直わからないので、不確実すぎます。「ヒラメキに頼る=ネタ切れする」だと思って間違いないです。

僕自身、今日まで270記事ほどブログを書いてきましたが、もしヒラメキに頼っていたら、たぶん100記事も書けていなかったかもです…。あくまで僕の肌感覚ですが、そんな印象ですね。

「じゃあ、なんで270記事書けたの?」は、このあと後半で解説します。マジで重要なので繰り返しますが、ブログのネタをヒラメキに頼るのはNGです。無謀なので絶対にやめましょう。

【ブログ初心者向け】ネタ切れの解決策は1つでいける

ネタ切れを防ぐための細かい対策は色々ありますが、ブログ初心者は、まず「1つの解決策」を実践すれば大丈夫です。

シンプルかつ丁寧に解説するので、ゆっくり読み進めてくださいね。あせらなくてOKです。

ブログネタは、キーワードから逆算する

ブログのネタ切れは、「キーワードからの逆算」で解決できます。

超大事なことを言いました。
もう一度言いますね、「キーワードからの逆算」です。

キーワードはたくさんあるので、順番に1つずつ書いていけば、理屈上はネタ切れしません。

そもそも、キーワードとは

簡単に言うと、グーグルなどで検索するときに、「検索窓に打ち込む言葉の組み合わせ」のことです。

何か調べる際、検索窓に言葉を入力しますよね? 
その言葉が、キーワードです。

例えば、本記事のキーワードは「ブログ 初心者 ネタ切れ」の3語の組み合わせであり、「このキーワードを検索する人は、一体何を悩んでいるんだろう…?」と想像しながら書いているわけですね。パソコンの前に座って、「今日はネタ切れの話でも書こうかなぁ〜」と思いついたわけでも、突然ひらめいたわけでもありません。

たくさんあるキーワードから逆算することで、ネタ切れは解決できます。くどいですが繰り返します。キーワードからの逆算です。

【簡単】具体的な流れを説明します

では実際に「キーワードから逆算する手順」を解説しますね。シンプルに説明するので、ゆっくりで大丈夫ですよ。

まず最初に、「どんなキーワードがあるの?」から調べてみましょう。

使うのは「ラッコキーワード」です。多くのブロガーが使っていますし、もちろん僕も使っていますよ。ブログを書くなら必須です。

ラッコキーワードを開くと、検索窓が見つかると思うので、「軸となるキーワード」を入力してみましょう。例えば、僕の場合は「ブログ運営のノウハウ」について書くことが多いので、「ブログ」と入力してみました。

ラッコキーワード「ブログ」

すると、こんな感じの画面が出てくると思います。キーワードがたくさん並んでいるのが確認できますよね。各キーワードで記事を書けるので、基本はネタ切れしないという理屈です。

そもそも軸となるキーワードがわからない人は、ブログのテーマ(ジャンル)が決まっていないかもなので、「ブログテーマの決め方に重要な3つの視点【初心者の失敗を防ぐ】」を参考に読んでみてください。

キーワードへの理解を深めたい人は、以下記事も役立つと思います。
» SEOキーワード選定とは?【基礎知識からの入門編/完全初心者向け】

「悩み→解決」のプロセスが1つのネタになる

「ラッコキーワード」から選んだキーワードをもとに、読者の悩みをイメージして解決策を考えれば、1つのネタになります。要するに「悩み→解決」のプロセス自体が、ブログのネタなわけですね。

「面白いことを書かなきゃ」「誰も知らない新しいことはないかな」と思うと、簡単にネタ切れします。読者がブログに求めているのは、「悩み→解決」のプロセスだということを忘れてはいけません。

具体的な記事の書き方は、「ブログ記事の書き方を徹底解説します【初心者向け/保存版です】」をご覧ください。

「悩み→解決」のプロセスが、僕らが書くべきブログのネタです。

まとめ:ブログ初心者のネタ切れは、逆算思考で解決できる

今回は「ブログ初心者のネタ切れ」をテーマに解説しました。

結論、ネタ切れは「キーワードからの逆算」で解決できます。

「キーワードを選ぶ → 読者の悩みを想像する → 解決策を出す」の流れ。間違ってもヒラメキだけに頼るとネタ切れするので気をつけてくださいね。読者ニーズも満たせませんし、意味なしです。

本記事の内容が理解できたら、アクセスアップを目指しつつ、ブログを収益化しましょう。参考記事を2つ載せておわります。最後までありがとうございました。

※当ブログでは、主に「ブログ運営のノウハウ」を解説しています。時々「Twitter」でも発信するので、よければお役立てください。

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-BLOG
-