BLOG

ブログ初心者がネタ切れする3つの理由。解決策をアドバイスします

2021年12月20日

あなたは、ブログのネタ切れに悩んでいませんか?

「とりあえず10記事ほど書いてみたけど、すでにネタが尽きかけてる…」なんて方も少なくないと思います。正直、あせりますよね。

でもこれは、ブログ初心者にあるあるの問題なので、心配いりません。

こんにちは、Tatsuyaです。

僕自身も完全0からブログを始めましたが、今では300記事以上書くことができました。今回はその経験から大事なポイントをお伝えします。ブログ初心者がネタ切れする3つの理由と、それに対する解決策のご紹介です。

この記事を読み進めていただくことで、「あ、なるほど。ネタ切れする理由って、そういうことね」と理解していただけると思います。ぜひ最後までご覧くださいませ。

ブログ初心者がネタ切れする3つの理由

おそらく、あなたに当てはまっている理由もあると思うので、確認しながら読み進めてくださいね。具体的な解決策は、記事の後半で解説します。

ネタ切れ理由①:ジャンルを絞っていない

ブログがネタ切れする1つ目の理由は、「ブログジャンルを絞っていないから」です。

なぜなら、ジャンルを絞らないと、誰に向けてブログを書くのかが見えないんですよね。つまり、読者のイメージがぼんやりしてしまう。

すると、とりあえずブログを書くという状態になってしまって、どこに向かって進んでいるのかがわからなくなります。その結果、何を書けばいいのかがわからなくなり、ネタ切れします。

例えば、

  • 何を書いてもOK
  • 30代のサラリーマン向けに副業ブログのノウハウを解説する

この2つを比べたときに、どちらが書きやすいと思いますか? 一見、1つ目に感じますが、実は2つ目なんです。完全に自由な状態より、縛りがあった方が、やるべきことが整理されて明確になるから。ここ、勘違いしやすいポイントなんですよね。

あなたは、ブログのジャンルを絞っていますか?

ネタ切れ理由②:思いつきで書こうとしている

ネタ切れ2つ目の理由は、思いつきで書こうとしているから。これは、マジで初心者あるあるだと思います。

ようするに、部屋のパソコンの前に座って、真っ白な画面に向かい「うーん、今回は何を書こうかな…」と考えている状態。これだと、遅かれ早かれネタ切れします。毎回ゼロから自分の頭で考えてネタが思いつけば良いですが、当然ながら思いつかない日もありますよね。負担も大きいし、ある意味ギャンブルです。

その日の思いつきや、インスピレーションだけに頼って書こうとする。これが、ブログでネタ切れする2つ目の理由です。

ネタ切れ理由③:読者の立場に立っていない

ブログでネタ切れする3つめの理由は、読者の立場に立っていないからです。

読者って、別に僕らブロガーのことを知りたくてブログを読んでるわけじゃないんですよ。書いてある情報を知りたくて、ブログを読んでる。なのに、読者の立場を想像せず、自分本位の内容ばかり書こうとすると、それはいつかネタ切れしますよ。

当然ながら、熱く語れるネタもあれば、自分にとってそれほど重要じゃないネタもある。でもそれって、僕らの都合なんですよね。読者の都合じゃない。読者にとっては、関係のない話です。

自分の都合で「このネタ、興味ないなぁ」と思ったら書けません。でも、読者からしたらめちゃくちゃ知りたいことかもしれない。このあたり、自分本位で「俺の考えを聞け」的なスタンスだと、ブログは厳しいです。読者の立場を無視すると、ネタ切れしますね。

ブログ初心者のネタ切れに対する解決策をアドバイスします

前半でお伝えした、ネタ切れを招く3つの理由に対する解決策です。

解決策①:ブログのジャンルを絞る

まずは、ブログのジャンルを絞りましょう。ジャンルを絞ることで、何を書くのか、誰に向けて書くのかが、より具体的になります。

完全な自由は、逆にネタ切れを起こしやすいとお伝えしたのを覚えていますか? ブログジャンルをグッと限定することで、進むべき方向をはっきりさせましょう。ネタ探しの小手先のテクニックを使うより、本質的な部分に目を向ける方が、根本的な解決につながります。

ブログ初心者は、3つのジャンルに絞って書くのが良いと思います。できれば、それぞれが近いジャンルだとベストですね。ジャンルの関連性が強いと、読者層が共通するので、ブログ全体を通して読んでもらえる可能性が広がります。

あと、もう1つ補足すると、縛りがある方が勉強するんですよね。その結果、選んだジャンルについて深く知ることができる。深く知れば、新しい知見も生まれるし、それがさらにブログのネタになったりします。ブログのジャンルを絞ること。これが大事です。

「ブログジャンルの選び方がわからない」という方は、参考記事を用意しているので、以下のリンクから確認してください。

解決策②:選んだジャンルのキーワードを洗い出す

ジャンルを選んだ方、あるいはすでに決まってる方は、ジャンルに関連するキーワードを洗い出しましょう。

キーワードとは、ネット検索するときに「検索窓に打ち込む言葉」のことを指します。何か調べる際、検索窓に言葉を入力しますよね? それが、キーワードです。

実際に、読者が検索しているキーワードを洗い出すことで、「この人は何を知りたいんだろう」と予測できるので、逆算してブログ記事を書くことができます。つまり、書くべきネタが生まれるわけですね。

キーワードは、ラッコキーワードで簡単に出せます。ページを開くと検索窓があるので、あなたが選んだブログジャンルの言葉を入れてみましょう。例えば、あなたが「筋トレ」に関するジャンルを書くとしたら、「筋トレ」と入力します。すると、こんな感じの画面になります。

「筋トレ」で検索したラッコキーワードの画面

ラッコキーワードで「筋トレ」と検索した画面

矢印の先に「全キーワードコピー(重複除去)」とあるのが見えますか? ここを押します。そのあと、ワードでもメモ帳でも何でもいいので貼り付けます。

iPhoneのメモ帳に貼り付けた、筋トレ関連のキーワード画像

「筋トレ」に関するキーワード

いかがですか? 大量のキーワードが出てきましたよね。こういったキーワードを軸にしてブログを書けば、ネタ切れを心配することは、まずありません。今回は例として「筋トレ」を出しましたが、あなたが選んだジャンルを入力して、キーワードを洗い出してみてください。これで、ネタ切れ問題は、ほぼほぼ解決です。

解決策③:もし友達が悩んでいたら、どうアドバイスするかを考える

「キーワードは出した。でも、いざ書くときに、書けなかったらどうしよう…」と心配していませんか?

たしかに、これもネタ切れの一種と言えます。最後に、この問題だけ解決しておきましょう。

ブログ初心者は、悩んる友達を助けてあげるイメージをもつのが、わかりやすくておすすめ。「ブログを書かなきゃ」と思うと、力が入っちゃうこともあると思うんです。なので、少しフランクに考えてみる。「役立つ文章を書かなきゃ」と肩肘はらずに、友達の相談に乗ってアドバイスすると考えてみる。

これだけでも、ネタ切れの感覚から解決されると思いますよ。見ず知らずの人に、「挫折しない筋トレの方法を教えてください」と言われたら緊張するかもしれませんが、気心の知れた地元の友達に「筋トレのやり方教えてくれへん? なかなか続かんくて困ってんのよ…」って言われたら教えますよね? 別に緊張しないじゃないですか。このとき、ネタ切れの感覚とかってないと思うんです。リラックスして考える。友達の相談に乗るつもりでアドバイスする。

そうすれば、悩むこともないと思います。柔軟に考えることができるようにもなるので、ネタ切れの心配もなくなります。友達の相談に乗るイメージで、ブログに取り組んでみてください。

まとめ:ブログ初心者のネタ切れは、解決できる

今回は「ブログ初心者のネタ切れ」をテーマに解説しました。

いかがでしたか?

ネタ切れが起きる理由を正しく把握して、解決策を実行すれば、問題は解消できます。応援していますね。

普段、Twitterでもブログ関連の情報を発信しています。この記事が少しでも参考になった方は、ぜひフォローしてお役立てくださいませ。

ブログのネタ切れの心配がなくなったら、コツコツと記事を書いていきましょう。収益化を目指してブログを書く方法は、以下記事にて解説しています。初心者の方は、あわせて確認してみてください。

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-BLOG
-