BLOG

ブログ記事の書き方を徹底解説します【初心者向け/保存版です】

2022年2月25日

「ブログ記事の書き方を知りたい。初心者向けの解説があればなぁ。」

こんな方向けです。

  • ブログ記事の書き方を徹底解説
  • ブログ記事の書き方とセットで学ぶこと

本記事は、上記の流れで解説します。前半が「書き方」、後半が「+αの情報」です。

途中、いくつか関連記事を入れますが、基本的にはこの記事だけでも理解してもらえるように書くつもりです。なので、より詳しく理解したい方のみ、参考記事も読んでいただけるとうれしいです。本記事は7〜10分ぐらいで読めます。

余談:想定読者について

この記事は、ブログのテーマ(ジャンル)が決まっている方向けに説明します。よって、「まだ何を書くか決まってない…。」という方は、そっとページを閉じていただくか、以下の参考記事をご覧くださいませ。
» ブログテーマの決め方に重要な3つの視点【初心者の失敗を防ぐ】

ブログ記事の書き方を徹底解説

全体の流れは以下のとおり。

  • ①キーワードを選ぶ
  • ②読者のニーズを考える
  • ③記事構成を作る
  • ④競合分析をする
  • ⑤本文を書く

①〜④までは準備で、実際に書くのは⑤だけです。ブログの執筆は、ほぼ準備で決まるので、順番に説明します。

①キーワードを選ぶ

まずは、ブログテーマに沿ったキーワードを選びましょう。最初にキーワードを選ぶことで、読者像や、読者の悩みをイメージできます。

具体的には、「キーワードを選ぶ→検索ボリュームを調べる」の2つのプロセスが必要になります。詳しくは、以下で説明しますね。

その①:ラッコキーワードを使う

ラッコキーワード」を使えば、簡単にキーワード候補を確認できます。例えば、「ブログ 記事」と入力すると、下記画像のように一覧で出してくれるわけですね。

ラッコキーワード

ラッコキーワード

上記の中からキーワードを選べばOKです。

その②:aramakijake.jpを使う

キーワードを選んだら、次に「aramakijake.jp」で検索ボリュームを調べます。主に狙うキーワードは、月間検索数が「100〜500」ぐらいのロングテールがおすすめ。ロングテールキーワードは別記事で解説しているので、詳しく知りたい方は合わせてどうぞ。ブログを書くなら、理解しておいて損はない内容です。
» ロングテールSEOの基礎知識と重要性とは?【個人ブロガー向け】

補足:作業を効率化する方法

毎回ブログを書くたびにキーワードを選んで、検索ボリュームを調べるのが面倒な場合は、先に「Googleスプレッドシート」などにまとめておくのもありかと思います。実際、僕もそうしています。作業を効率化したい人は、以下もどうぞ。
» SEOキーワード選定とは?【基礎知識からの入門編/完全初心者向け】

②読者のニーズを考える

続いて、選んだキーワードから読者のニーズ(検索意図)を考えます。

理由は、「ブログ=読者ニーズの解決が求められている」から。要するに、読者の問題を解決してなんぼなわけですね。

例えば、本記事のキーワードは、「ブログ 記事 書き方」ですが、読者のニーズは「ブログ記事の書き方が知りたい」だと思います。当たり前に思うかもですが、特に初心者の頃は、このへんを曖昧にしたまま書き始めてしまうことが多いので注意が必要です。

読者ニーズは2つある

  • 顕在ニーズ
  • 潜在ニーズ

上記のとおり読者のニーズは2つあるので、両方カバーするのがベター。かなり重要なポイントなので、「SEOにおける検索意図の大切さとは【ニーズベースで記事を作る方法】」もご覧ください。より理解が深まります。

③記事構成を作る

次にやるべきは、「記事構成」を作ることです。書き始めるまでに記事構成を作ることで、全体像がつかめるので迷わなくなります。「早く書きたい」と思うかもですが、超大事なプロセスなので、絶対にやることをおすすめします。

本記事の記事構成

具体例を見てもらった方がわかりやすいので、以外をご覧ください。スマホのメモ帳アプリがあれば、簡単に作れます。

記事構成

記事構成

見出しを並べて、大枠(全体像)を理解するだけでも書くのがラクになりますよ。より詳しくは「ブログの記事構成の作り方5ステップ【事前準備で執筆がラクになる】」をご覧いただきたいですが、ぶっちゃけ上記画像のとおりスマホだけでサクッと作ってもOKかなというのが最近の実感です。ブログの記事構成は、必ず作りましょう。

④競合分析をする

記事構成を作り終えたら、「競合分析」に移ります。競合分析をおこなう主な理由は次の2つ。

  • ①高評価の記事の特徴がつかめる
  • ②自分の記事を客観的に見れる

上記のとおり。いざ書き始めてからの内容を修正するのは大変なので、競合分析しつつ、構成の段階で修正しておくのがベター。

具体的な方法は、同じキーワードでグーグル検索して、上位5記事を読むだけ。分析ばかりに目が向くと途中で面倒になったりするので、サクッと目を通して雰囲気をつかめばOK。より細かく徹底的に分析したい方は、「ブログの勉強方法は競合分析がおすすめ【偏らない知識を得る手順4つ】」も参考にどうぞ。競合分析は、ブログの客観性を保つために大事です。

⑤本文を書く

いよいよ本文を書きます。準備が大変だったかもですが、ここまで出来れば「もはや書けたも同じ」なので大丈夫です。

本文の執筆は、「PREP法」を使いましょう。PREP方を使うことで、論理的な文章になり、読みやすくなるメリットありです。

PREPとは

  • 結論
  • 理由
  • 具体
  • 結論

上記の流れで文章を書くだけ。要するに、「文章の型」ですね。ちなみに先程の「競合分析」の部分を例にするとこんな感じになります。

  • 結論→競合分析しよう
  • 理由→自分の記事を客観的に見れる
  • 具体→同じキーワードで検索して、上位5記事を読む
  • 結論→競合分析しよう

あとは文章を肉付けすればOK。どうしても型に頼らずオリジナリティを出したい人は、「ブログの文章の書き方【悪いことは言わない、初心者は型を使おう】」あたりを読んでもらえると参考になると思います。最初は、PREP法で本文を書きましょう。

ブログ記事の書き方とセットで学ぶこと

前半で「ブログ記事の書き方」を解説したので、ここからは「セットで学ぶこと」を説明します。追加で伝えておきたいこと、と解釈してもらって大丈夫です。

ブログに文章力の心配はいらない

ブログを書く上で、文章力を心配しすぎる必要はないです。理由は、読みやすければOKだから。高度な文法やスキルはなくて大丈夫。この記事の前半で説明したとおり、流れに沿って書けばOKです。

おすすめ書籍あり

1冊だけ、文章力に関する書籍を紹介しておきます。「20歳の自分に受けさせたい文章講義」ですね。
多くのブロガーさんが推薦している書籍で、僕も買って読みました。本から学びたい方は、読んで損はない1冊だと思います。

created by Rinker
星海社
¥924 (2022/05/21 19:58:40時点 Amazon調べ-詳細)

②収益化の準備

2つめは、収益化の準備ですね。もし、ブログ運営の目的が収益化なら、早めに準備しておいた方がいいです。
なぜなら「準備しない=収益にならない」から。シンプルな理屈ですね。

ASPへの無料登録は必須

ASP登録は必ずやりましょう。いわば、収益化のためのスタート地点です。手間がかかったり、お金がかかる内容ではないので、先に済ませておきましょう。無料で登録できるので、やらない理由は特になしです。詳しくは、以下をご覧ください。
» 【無料登録】アフィリエイトASPおすすめ5社【収益化の必須準備】

③補足:本文以外の書き方について

最後3つめは、補足情報です。
ブログは本文以外にも、書き方を学んでおいた方がいい項目が3つあります。

  • タイトル
  • 書き出し
  • メタディスクリプション

参考記事を載せておくので、より詳しくはそちらを合わせてどうぞ。

まとめ:ブログ記事の書き方を学んで実践しよう

今回は「ブログ記事の書き方」を解説しました。

いきなり白紙に向かうと挫折するので、しっかり準備プロセスを踏んでから書きましょう。遠回りに思うかもですが、僕の経験から言ってその方が近道です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

※当ブログでは、主に「ブログ運営のノウハウ」を発信しています。時々、「Twitter」でも呟くので、よければお役立てください。

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-BLOG
-