LIFE

【ぶっちゃけどうなの?】Audibleを使った感想を本音で解説します

2022年6月17日

「Audibleに興味があるので、実際に使った人の感想を聞いてみたい」

こんなふうに思っていませんか?

こんにちは、Tatsuyaです。
今回は「Audibleの感想」を解説します。

Audible(オーディブル)とは、Amazonのオーディオブックサービスのこと。「耳で聴く読書」ですね。

月額1,500円(税込)で、12万以上の対象作品が聴き放題で楽しめます。
無料体験(30日間)もあり、お金を払う前にあなたに合うかどうかも確認できるので安心。

この記事では、実際に僕がAudible使ってみた経験から、「ぶっちゃけどうなの?」を本音でレビューします。Audibleに興味をお持ちなら、ぜひ参考にしてみてください。

Audibleを使った感想を本音で解説

忖度しませんので、ちょっとだけ語らせてください。

ドンピシャで刺さる人は居そう

実際、Audibleを試してみた感想は、「ドンピシャで刺さる人は居そうだなぁ」でした。

というのも、「耳からの学習」に需要はあると思ったからですね。

例えば、

  • 読書習慣を身につけたいけど、紙の本だと続かない
  • 移動時間が長いので、有効活用したい
  • スマホゲームやSNSに使っていた時間を勉強にあてたい

こういった方には、向いてると思います。

加えて、再生速度の調整もできるので、自分にあったペースで聴けるのも良いポイントですね。

本音:僕はぶっちゃけ微妙だった

ただ、僕は微妙でした。

Audibleのサービスそのものに不満があるわけではなく、単純に紙の本が好きだし、文字で読んだ方がスムーズに内容が頭に入ってくるなと。これが、忖度なしの本音です。

もともと、僕は昔から読書習慣がありますし、移動中は街の音を聞いていたいタイプなので、「移動中に音声で本を聴きたいなぁ」という気持ちにならなかったんですね。なので、いったん試してみて、無料体験の間に解約しちゃいました。なので、お金はかかってません。

「これ良いじゃん」って方は絶対にいると思いますが、僕は微妙でした。

疑問:音声学習は、ながら作業に向いてるの?

ながら作業には、向いてないです。

なぜなら、Audibleはあくまで「朗読」なので、ある程度集中した状態で聴かないと、頭に入ってこないから。

まぁとはいえ、ここは個人差があるかもしれませんが。

僕は部屋のベットに寝転がりながら、ゆったり朗読を聴いていたので、そこそこ理解できましたが、何か別の作業をしながらだと、「頭に入るのかな?」って感じです。しかも、過去に1回紙で読んでた本でもそんな感じだったので、初めての本だったら、もう少し理解できなかったかもしれません。

もちろん、時間を作ってゆったり聴ける方は、Audibleは悪くないと思います。「音声の方が頭に入る」って方もいると思うので、あなたはどちらのタイプかを、無料体験で試してみてください。

30日間の無料体験があるのはうれしい

Audibleに無料体験があるのは、ありがたいです。さすが、Amazon。

やっぱり「本を耳で聴く」という試みは、人によって向き不向きが出ると思うんですよね。

なので、無料体験で使い勝手の良さを確認してみるのが大事かなと思います。その上で、継続するかどうかを決めるのがスマートです。

Audibleの感想より大切なこと

僕の正直な感想はさっき伝えたので、もう少しだけ解説しておきます。

まずは、自分で試してほしい

Audibleに興味があれば、まずは無料体験で試してみましょう。お金もかからないので、特に迷う理由もありません。

僕みたく「微妙だなぁ」と思う人もいれば、逆に「これ最高!」という人もいるはず。あなたがどちらのタイプか、正直ここは僕にはわからないので、いったん試してみて、微妙なら無料体験の間に解約すれば大丈夫です。「良いサービスだなぁ」と思えば、お金を払って続ければOK。

無料体験を使わない手はないです。
0円ですからね。

インプット習慣を作るキッカケになる

実際、Audibleを使うことで、インプットの習慣は身につくと思います。

なんとなく無意識にスマホを見てた時間が、音声読書のインプットに変わるからですね。特に、通勤電車などは利用シーンに最適かなと。

朝とか頭がスッキリしてる時はAudibleで本を聴いて、仕事帰りで疲れてる時は、普通に音楽を聴いてリラックスするのもあり。

「紙の本だと続かないんだよなぁ」って方は、特にAudibleに向いてます。聴く読書で、インプット習慣を身につけましょう。

【2022年】利用料金が変更になりました

Audible

出典:Audible

ちなみにAudibleは、2022年1月27日より利用料金が変更になりました。

  • 以前:月額1500円+本の料金(結構高い)+毎月1冊無料
  • 現在:月額1500円で12万以上の対象作品が聴き放題

僕的には、聴き放題で楽しめるようになったのは熱いなと。

Audibleって、本を購入する際の値段が高いのがネックだったんです。でも、聴き放題に変わったなら話が変わってきます。

今後、僕も生活スタイルが変われば、もう一回使ってみようかなとも思い始めました。もう少し長く使ってみれば、前は気付かなかった良さに気づくかもしれませんし。ちなみに、これわりとガチで思ってます。

聴き放題で月額1,500円なら払えるなって感じ。コンビニで油断してポテチとか酎ハイ買ったらすぐ消える金額ですからね。

一応念のため、利用前にはご自身でも料金を確認してくださいね。今後、タイミングによっては変更になる可能性もゼロではないので。

聴き放題は素晴らしい。
Amazonありがとうʕʘ‿ʘʔ

まとめ:Audibleの感想を判断材料に、ぜひ無料体験で試してみましょう

今回は「Audibleの感想」をテーマに解説しました。

いかがでしたか?

もしあなたがAudibleに興味をお持ちなら、まずは0円で試してみてください。最初からお金がかかるなら話は別ですが、無料体験があるので迷う必要はありません。試す価値ありです。

めちゃくちゃあなたに向いてる可能性もあるので、機会損失だけしないようにしてください。

使ってみて微妙なら、無料期間で解約すればOKです。放置すると自動更新されちゃうので、その点は注意してくださいね。

以上、Audibleのレビューでした。
まずは0円の無料体験で、向き不向きを確かめてみましょう。以下リンクをクリックして詳細をご確認ください。
Audibleの無料体験を試す(30日間)

  • この記事を書いた人

杉本 達哉

ブログ・アフィリエイト・SEOの記事がメインです。英語情報も翻訳して、Twitterでシェアします。フォローしてお役立てください。

-LIFE
-