テレワークでストレスを溜めないためにトライする3つのこと

Photo by Burst from StockSnap

新型コロナウイルスの感染拡大にともなって、これまでの会社勤務からテレワークに移行した方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

その中には、「ずっと自宅だとストレスが溜まらないかなぁ?」と心配になっている方もいると思います。

今日はそのような不安を抱えた方に向けて、この記事を書きました。

現在、僕は派遣社員として働いていて、つい先日、テレワーク初日を迎えました。

実際にテレワークで働いたのはまだ1日だけなので、テレワークのメリットやデメリット、あるいは、効率的なやり方などについては、現段階で解説することはできません。

語るべき内容を持ち合わせていないわけですね。

もちろん、今後テレワークを継続していく上で、感じたことや気づいたことはブログにまとめるつもりですが、今日は別の視点から。

先程、下記のツイートをしました。

テレワークによってストレスが溜まるのかどうかは、人にもよりますし、仕事の内容や、あるいは自宅の状況(環境)などにもよるので、一概には断言できませんが、おそらく完全にゼロにすることは限りなく難しいと思います。

ここで重要なのは、ストレスは確実に溜まるという前提で考えておいた方がいいということで、その上でなるべく溜まらないように発散させていく方向で考えた方がいいということ。

とりあえず今日のブログに関しては、まず1日テレワークをしてみて今の段階で感じていることを3つ、簡単にまとめました。

サクッと読んでみてください。

基本的な内容ですが、もし参考になる部分があれば嬉しいです。

テレワークでストレスを溜めないためにトライする3つのこと

Photo by Joseph Albanese from StockSnap

テレワークの環境を整える!

個人的には、これがかなりの重要度を占めるような気がしているのですが、実際にテレワークが決まったら、自宅の掃除(片付け)をした方がいいと思います。

テレワークになったからといって、急に仕事をサボりまくる人はいないとはいますが、とはいえ、自宅での仕事になると会社とは違い周囲の目がありませんし、慣れてしまえば自由度は高いので、次第にダレてしまう可能性はあります。

まぁ、人間なので仕方がない部分ですね。

これを完全になくすのは難しいと思っていて、であれば、なるべく集中を阻害したり、ダレる要因になるものをあらかじめ排除しておくべきかなと。

例えば、目の届く範囲に娯楽(漫画、ゲーム、など)が存在している場合は、しまっておいた方がいいでしょうし、あと単純に部屋が散らかっていると気分がどんよりします。

これまでは、出社すればそこには会社の雰囲気があって、同僚がいて、いい意味で気分転換になるところもあったと思いますが、ずっと自宅での業務になるとそのあたりが難しいと思いますので、せめて部屋を綺麗にして、なるべく心がよどまないようにしている方が良さそうです。

テレワーク初日を終えて、今後の日々を想像した時にその辺が気になったので、僕は早速、部屋の片付けをしました。

部屋の片付け、掃除。

基本的なことかもしれませんが、ここを疎かにすると後々響いてきそうな気がしたので、あえて本記事では触れることにしました。

適度な運動を心がける

これも基本的なことですが、かなり大事だと思います。

適度な運動ですね。

ずっと自宅で仕事をしていると身体を動かすことも少ないですし、トイレに行く時も会社と比べると移動距離が短いと思いますので、どうしても運動不足になりがち。

僕も1日テレワークをしてみて、「あ、これは運動不足になるなぁ」と。

たとえ短い時間でも、日頃から身体を動かすクセをつけておいた方がいいと思います。

ストレッチ、筋トレ、散歩など。

運動に関しては、体力的な衰えをカバーするのはもちろんですが、同時に、精神の安定をはかる役割も担っているので、かなり大事なんじゃないかなぁと感じています。

今後、コロナが落ち着いた後、いつまでテレワークが続くかわからないですし、企業によっては継続的にテレワークを行うところも出てくると思います。

ある程度、長いスパンでテレワークが続くことを考えると、どうしてもその間に気分の浮き沈みは出てくるでしょうし、それらをうまくコントロールしていくためにも、適度な運動で心身ともに健康な状態を保っておくことは大切です。

睡眠のリズムを乱さない

テレワークによって自宅で過ごす時間が長くなるので、これまで以上に睡眠時間を確保できると思いますが、寝すぎには注意した方がいいです。

もちろん、必要な睡眠時間はちゃんと取るべきですし、それによって体力が回復するならオッケーなのですが、今回注意すべきは、俗に言う「惰眠を貪る」という状態。

これをやっちゃうとダレますし、無意識の内にやる気が阻害されます。

テレワークであっても、仕事以外の時間に外に出る機会がたくさんあればあまり問題ではないかもしれませんが、今は自粛もあいまって、どうしても自宅での時間ばかりになってしまうので、一度ダレ始めると気分転換が難しくて、元のペースを取り戻すことになかなか苦労するかもしれません。

寝ることは大事ですが、テレワークの環境下では必要以上に寝過ぎないというのも、また同じぐらい大事のようです。