なんとなく、やる気が出ない時の対処法について【考え方・行動】

Photo by Burst from StockSnap

仕事でも家事でも、日常生活を送っていると「なんとなくやる気が出ないなぁ」という日はあるのではないでしょうか?

今日はそのような悩みを抱えている方に向けて、この記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。

・何もせずゆっくりと過ごす時間を作る
・その瞬間、何かしら動くようにする
・家の掃除をする
・普段やっていることを、いつもより丁寧にやる
・過去の記憶を振り返る

先程、下記のツイートをしました。

僕自身、日常生活を送る上で、「なんだか、やる気が出ないなぁ」なんてことはよくあります。

もちろん、やる気に満ち溢れていることもありますが、なんとなく気怠くて、何をするにしてもイマイチやる気が出ないことも。

人には多かれ少なかれ、気分の波があるようです。

これまでの人生を振り返ってみると、今この記事を読んでくださっているあなたもそうではないでしょうか?

僕は精神に関する専門家ではないので、残念ながら科学的根拠に基づいた対処法を語ることはできませんが、僕自身、実際にやる気が出ない時の考え方であったり、行動についてリアルにそのまま書きますので、何かしら一つでも参考になるものがあれば幸いです。

なんとなく、やる気が出ない時の対処法について

Photo by Johannes Plenio from StockSnap

何もせずゆっくりと過ごす時間を作る

何もせずゆっくりと過ごす時間を作る。

日常生活において、あえてこのような時間を作ることはとても大切だと思います。

いつもスマホが手元にあり、常にSNSで繋がっている時代だからこそ、無意識の間に大量の情報を浴び、疲れがでている可能性もあります。

昨日、僕も午後からイマイチやる気が出てこなくて、部屋でぼんやりしながら缶コーヒーを飲んでいました。

その時、何か明確なルールを作る必要もないと思っています。

音楽が好きな人は音楽を聴きながらゆっくり過ごしてもいいでしょうし、ただ無音の中でソファーにでも座ってゆっくりしてもいいでしょう。

自分を責める必要はありません。

再び気力が戻ってきたら、その時に動き出せばいいのです。

その瞬間、何かしら動くようにする

これは、先程の「何もせずゆっくりと過ごす時間を作る」とは違って、「なんだかやる気が出ないなぁ」と感じた瞬間、すぐに動く対処法です。

ゆっくりすることで解決できるならそれでもいいのですが、単純にだらけているだけの場合であれば、すぐに動くというのも効果的。

そもそも、やる気は徐々に湧き上がってくるものだと思うので、即動くことで少しずつやる気をみなぎらせようという作戦です。

例えば、僕もブログを書き始める瞬間なんかに、なかなかやる気が出なくて動けないことがあるのですが、そんな時こそ、心を鬼にしてすぐに書き始めるようにしています。

「今、自分にとって効果的なのはどっちだろう?」と考えてみてもいいかもしれません。

家の掃除をする

掃除をする。

古典的な方法に感じるかもしれませんが、個人的には結構効果があると思っていて、「やる気が出ない時って、一体どんな時だろう?」と考えてみると、おもに頭がパンクをしていて思考が停止している状態に近いのではないかなと。

少し表現を変えると、何から手をつければいいのかわからない状態。

頭の中にある考えを取捨選択できればベストなのですが、それが出きないからこそやる気に支障が出ているわけで、まずはリアルに身の回りの片付け、つまり掃除をします。

不思議なもので、周りが片付いてくると、頭の中まで少し整理されたような感覚になります。

科学的な因果関係はわかりませんが、あくまで僕は、そのように感じます。

一見すると遠回りに感じるかもしれませんが、「掃除をする」という行動は選択肢の一つとして持っていても良いと思います。

普段やっていることを、いつもより丁寧にやる

日常的におこなっていることを、いつもより丁寧にやる。

これも大切な心掛けです。

個人的には、やる気は連鎖すると思っていて、本来取り組むべきものに対してやる気が出ない場合、別のことに丁寧に取り組むことで、少しずつやる気がみなぎってくるように思います。

その時、なるべく簡単なものがいいです。

難しいものや普段あまりやらないようなことだと、それに取り組むこと自体、億劫になる可能性があるので注意が必要です。

僕の場合、4年ほど毎日日記を書いているので、「やる気が出ないなぁ…」と感じる時は、いつもより時間をかけて丁寧に日記と向き合うようにしています。

気付くと、日記を書き終える頃には、やる気が出始めているケースがほとんどです。

過去の記憶を振り返る

最初の項目で、「ゆっくりと過ごす時間を作る」と書きましたが、その時に過去の記憶を振り返ってみることもオススメです。

昔の出来事を振り返ると、懐かしい友人のことを思い出したりして、「頑張らなきゃいけないよな」と、やる気が湧き上がってくることもありますし、たとえそうでなくても、初心を思い出すことに繋がったりします。

思い出すだけでなく、久しぶりに友達に連絡をとってみるのもアリかと。

年齢にもよりますが、大人になると仕事が忙しくなったり、家族ができたりと、疎遠になりがちですし、どうしても今この瞬間ばかりに意識が向きがちになるので、初心を思い出す意味も込めて、友人に連絡をしてみてはいかがでしょうか?

初心を思い出す云々はぬきにしても、シンプルに楽しいと思います。

僕自身もそうなのですが、どうしても日常生活を送る中で「初心」は忘れがちになってしまうので、意識的に過去を振り返ることで、初心を思い出し、それによってやる気をコントロールしています。

「そんなことで本当にやる気が出るの?」と思っている方は、一度、ゆっくりと時間を作って過去の記憶を振り返ってみてください。

案外、効果的だと思いますし、少なくとも僕にはかなり効果がありますので。

▼杉本達哉のTwitter▼

Twitter:杉本達哉 Tatsuya Sugimoto