ブログに対する考え方について【初心者に伝えたい!】

Photo by Krzysztof Puszczyński from StockSnap

ブログを書き始めてから日が浅い初心者の方の場合、しばらく書いたところで、「てか、そもそもブログって本当に自分がやりたいことなんだろうか?」という疑問が湧くことがあるかもしれません。

かくいう僕もつい最近まで、そんな感覚に苛まれていました。

今日は、そのような悩みを抱えている方に向けて、この記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。

・ブログは「悩みを解決する記事」という考え方から離れてみる
・ブログは自身の「哲学」を書き記す場所という考え方
・「結局、ブログはリライトするんだから」と気楽な考え方

先程、下記のツイートをしました。

僕自身、こうして本格的にブログ記事を書き始めてからは2ヶ月ほどなので、まだ初心者の部類ですし、毎日なかなか書くのが大変で、正直、「これって僕のやりたいことなんだろうか?」と悩むこともあります。

やりたくないことであれば辞めれば済む話なので何も問題ないのですが、そもそも「ブログを書こう!」と思って自分で始めたことなので、きっとやりたいはず。

ブログを書くことに慣れていなくて、しんどくて、ある種、言い訳的に「やりたいことなんだろうか?」と自問自答している可能性があります。

最近、やっとその迷い事態が消え始めたので、今回記事にしてみることにしました。

想定読者は、比較的ブログを始めて日が浅い人です。

何かしら参考になる部分があれば幸いです。

ブログに対する考え方について

Photo by Burst from StockSnap

ブログは「悩みを解決する記事」という考え方から離れてみる

「ブログとはこうあるべきだ!」という考え方から離れることも大切だと思います。

特に、ブログを書き始めて日が浅い場合は、書くことそのものが大変なので、あまりブログのルールをガチガチに考えすぎると、途中で書くのを辞めてしまうことに繋がなりかねません。

かくいう僕も、比較的、物事を継続できるタイプなのですが、ことブログ記事に関しては「あー、ツライ!」と、かなり苦戦しました。

その理由が、「ブログとはこうあるべきだ!」という考えに支配されていたからです。

具体例を挙げると、「ブログとは読者の悩みを解決する記事である」というものがその一つ。

基本的には、読者は何かわからないことがあって、それを調べて記事に到達するので、もちろんその疑問を解決できる記事を書ければベストなのですが、そんなにポンポンと、毎日たくさん書けるとは限りません。

ちゃんと記事の内容を考えて、それでもどうしても書くべき内容(解決策が示せ内容)が思いつかない場合には、一旦、「ブログとは読者の悩みを解決する記事である」という考え方から離れてもいいのではないかと思います。

たとえ、それによって記事の質が下がろうが、価値が下がろうが、何も書けないよりはマシという考え方です。

読者の悩みを想定し、解決策を記事の中で示すことができればベストですが、うまくいかないときは、柔軟に考え方をずらしてもいいのではないでしょうか?

ブログは自身の「哲学」を書き記す場所という考え方

では、どのように考え方をずらすのか?

ズバリ、ブログは自身の「哲学」を書き記す場所である、という考え方を用います。

要するに、今、自分が思っていることを素直に書くということ。

ふと、このように思ったのは、自分が役に立つと思っていることが必ずしも読者の役に立つとは限りませんし、逆に言えば、自分が全く予想していないことが読者の役に立つかもしれません。

極論、突き詰めて考えていく、とこの辺は非常に難しい問題であることがわかります。

例えば、今日のこの記事は、ブログを書き始めて日が浅い初心者の方を想定読者としているわけですが、実はブログ歴が何年もある方が読んでも「あ、そっか!」と何かしら気づきがある可能性もあるわけです。

ブログ歴が長いことで、かなり複雑に考えている可能性もありますし、そんな方にはもしかするとブログ初心者(この場合、僕)が書いた記事が役に立つかもしれません。

結論、解決策は示していないけど、自分なりの「哲学」を素直に書くことで、結果的に誰かの役に立つ可能性があるかもしれないということ。

自分なりの「哲学」を書く。

そう考えると、「解決策を示す!」と考えるよりは簡単にできそうではないでしょうか?

「結局、ブログはリライトするんだから」と気楽な考え方

とは言え、「やっぱり読者の問題の解決してこそ記事としての価値がある!」と思うかもしれません。

たしかに。

もちろん、僕も根っこではそのように考えています。

ですが、結局、今書いている記事は後からリライトする可能性が高いでしょうし、まずは自分なりの「哲学(考え方)」を書いて、しかるべきタイミングで、そこから問題を整理し、解決策を示せればいいのではないでしょうか?

人は常に変化する生き物なので、今は見えていないことでも、後から気づいたりすることもあります。

その時、問題点とそれに対する解決策が見つかるかもしれません。

よくよく考えると、人生はそんなことの連続。

今うまく書けなくても必要以上に「あー、ダメだ!」と思わずに、「結局、ブログはリライトするんだから」と、気楽に考えてもいいのではないでしょうか?

自分に言い聞かせている節も否定できませんが、本質的でもあると、そう思っています。

▼杉本達哉のTwitter▼
Twitter:杉本達哉 Tatsuya Sugimoto