ブログのやる気が出ない時の、2つの問いかけと1つの行動【対処法】

Photo by Bruce Mars from StockSnap

普段からブログを書いていると、「なんとなくブログを書く気がしない」「更新しなきゃいけないんだけど、なんだかやる気が…」ということはよく起こります。

ブログを書いている人はたぶん経験済みですよね?

今日はこのような悩みを抱えている方に向けて、「ブログのやる気が出ない時の、2つの問いかけと1つの行動」というテーマで記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。

  • 問いかけ①:「やりたくないことじゃないか?」と確認する
  • 問いかけ②:「結果が出ていても同じように感じるか?」と確認する
  • 行動:その瞬間、すぐに取り掛かること!

先程、下記のツイートをしました。

頻度の多い少ないは別として、「なんだかやる気が出ない…」という日はあると思っていて、僕自身、最近はこうしてブログ記事を書くようになったので、この手の悩みには結構悩まされることもあります。

今まさに、僕がリアルタイムで向き合っている問題なので、記事にすることにしました。

本質的な部分に触れることが出来るんじゃないかなぁと思っています。

この記事では、枝葉部分のテクニック的な内容ではなく、根っこ部分の基本的な対処法について書きます。

もちろんブログだけではなく、仕事であったり、家事であったり、日常生活における他のことにも活かせる内容だと思いますので、参考になれば嬉しいです。

サクッと読んでください。

ブログのやる気が出ない時の、2つの問いかけと1つの行動

Photo by Ryan Holloway from StockSnap

問いかけ①:「やりたくないことじゃないか?」と確認する

基本的なことですが、まず、「これって、そもそもやりたくないことじゃないか?」と確認してみてください。

ここで、「うん、やりたくない!」という明確な答えが出た場合、シンプルに辞めてもいいと思います。

もちろん、日々、ブログを書く中で色々な葛藤はあるので慎重に考える必要はありますが、迷いなく「やりたくない!」という結論が出た場合については、これから先、継続していくのは難しいのかなと。

ブログは「やるぞ!」と前向きな気持ちで始めた人のほとんどが辞めてしまうそうなので(たしかに大変!)、この問いかけ①の段階で「やりたくない!」という回答だと、その方がいいかもしれません。

「やりたいことか?」ではなく「やりたくないか?」と否定的なニュアンスで問いかけるのには理由があって、この問いかけは“完全に気持ちが冷え切っていないかどうかを確認する”、という目的があります。

完全に冷え切っていない場合は、次の問いかけ②へと進みます。

「やりたくないわけじゃないけど、なんとなくやる気が…」という方ですね。

正直に言えば、僕もこの状態になることはよくあります。

問いかけ②:「結果が出ていても同じように感じるか?」と確認する

問いかけの重要度としては、①よりも②の方が高いと思います。

では、「結果が出ていても同じように感じるか?」と確認をしてみましょう。

当然、全ての場合に当てはまるわけではありませんが、「なんとなくやる気が出ない…」と感じている状況というのは、シンプルに、結果(成果)が出ていないからではないでしょうか?

ブログだと、なかなかアクセスが伸び悩んでいたり、収益が上がらなかったり。

ザックリ言えば、単純に疲れている状態。

ちなみに、僕の場合は、これに近い状態でした。

もちろん、ブログ記事の構成を考えたり、実際にこうして文章にしたり、ブログを書くこと自体大変なこともありますが、とはいえ、「じゃあ、アクセスも収益も右肩上がりであっても同じように感じるのか?」と問われると、結果がほとんど出ていない状態と比べると緩和していることは確実。

おそらく、「もっと書きたい!」と思うケースの方が多いんじゃないかなぁと思います。

要するに、やる気云々の問題ではなく、単純に疲れていることが原因というわけですね。

なので、問いかけの①では落とさず、問いかけ②へと進んだというわけです。

結果(成果)を出す、出すまでやる。

それがこの問いかけ②の先にある結論です。

行動:その瞬間、すぐに取り掛かること!

個人的には、問いかけよりも先にこの「行動」でもいいと思っているのですが、とにかく「やる気が出ない…」と思った瞬間に即、やり始めることが大切です。

結果を出さなきゃいけない、でもやる気が…

このスパイラルはいつでもやってくる可能性があります。

やる気が出ない状態で待っていても改善に時間がかかるかもしれないので、可能な限り、もうその瞬間にやり始めることがオススメかなと。

そもそも、やる気って何もない状態から湧き上がってくるというよりは、手を動かす中で徐々に出てくるものだと思うので、すぐに始めるというのはわりかし理にかなっている方法なのかなと思います。

実際、このブログ記事も仕事が終わった後に書き始めたのですが、「あー、今日は疲れたし、やる気が…」と言い訳をしそうになった瞬間、すぐに取り掛かり、結果的にここまで書き進めました。

あの瞬間、パソコンに向かわなかったら、ダラダラと時間をやり過ごしていたかもしれません。

不思議なことに、ある程度書き進めると、自然にやる気も湧き上がってきます。

なので、「別にやりたくないわけじゃないんだけど、やる気が…」となった時は、その瞬間、手を動かす。

それを意識してみてください。

もちろん、一気にやる必要はありません。

あくまで、やる気が出ない時の対処法として、とっかかりを掴むことが大切なのです。

Twitter:杉本達哉 Tatsuya Sugimoto