ブログの継続が難しいと感じるときは、根っこにある原因を探る

Photo by Burst from StockSnap

こんにちは。杉本です。

本日のブログでは、「ブログって継続が難しいなぁ」と感じるときに、一旦時間を作ってその原因を探ることの重要性について書いていこうと思います。

先程、下記のツイートをしました。

特に、ブログを書き始めたばかりの人であれば、「継続が難しい……」と感じている人も多いかもしれません。

僕自身、本格的に記事を書き始めからまだ1ヶ月半しか経っていないので、正直なところ、「んー」と頭を悩ませてしまうことは結構あります。

実際にまだ書き始めてから日が浅く、この問題自体、他人ごとではなく自分ごとである今、書いておくべき内容だと思ったので、こうして記事としてまとめることにしました。

本記事では、ブログの継続が難しいときの対処法や、継続のコツではなく、「そもそも、どうしてブログの継続って難しいの?」という根っこの部分について書きます。

冒頭でも書いた通り、ここは時間を作って考えてみた方がいいかなと。

もちろん、対処法であったり、ブログ継続のコツを学ぶことも大切ですが、あえて、急がば回れの精神で根っこの部分(継続が難しい理由)をきちんと時間を使って把握しておくことで、今後、より正しく、なおかつ自分に合った方法で対処できるようになると思います。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

ブログの継続が難しいと感じるときは、根っこにある原因を探る

Photo by Holly’s Coastal View from StockSnap

ブログの「キーワード」選定が難しい

ブログ継続が難しい原因はいくつもありますが、僕が思う一番の原因は、“ブログの「キーワード」選びが難しい”ということです。

もちろん、ブログは自分のコンテンツなので自分が書きたい内容を自由に書いて問題はないのですが、とはいえ、検索からたくさんの読者を集めようと思うと、この「キーワード選び」が大切になります。

ザックリ言えば、書き始める前に検索されやすいキーワードの組み合わせを選んで、それに合わせて記事を書くということ。

つまり、書き始める前にひと作業あって、しかもその作業がなかなか難しいということです。

例えば今日のこの記事で言えば、本文を書き始める前に、「何をキーワードに書こうかなぁ?」と考え、Googleなどで検索されやすい言葉の組み合わせを調べながら、「ブログ」「継続」「難しい」という3つのキーワードを選別し、それをもとに全体の文章構成を考え、そこからようやく本文を書いている状態。

以前、「ブログ」と「継続」、この2つのキーワードを使って記事を書きました。

【参考記事】:ブログを継続するためのコツ【継続歴1年半の初心者が語る】

今回、同じような内容になってもあまり意味がないので、別のアプローチで書こうと思い、対処法やコツではなく、原因となる根っこの部分について書こうと考えました。

記事の文字数は、毎回約2000字前後(原稿用紙5枚)なので、書く行為自体はそれほど苦にはなりませんが、書き始める前に、キーワードを選んで構成を考えるという作業があるので、これが継続が難しくさせている原因の一つになっていると思います。

ブログを書く時間帯がバラバラ

先程までの「キーワード選定」という少し専門的な内容とは違って、ここからの2つはイメージがしやすいと思います。

まず一つは、ブログを書く時間帯がバラバラであるということ。

これも継続を難しくする原因の一つかなと。

このブログもそうですが、誰かに強制されて書いているわけではないので、自由であるぶん、怠けることも簡単で、そのような環境下で継続して書き続けるためには、ある程度、自分を律する必要があります。

よくよく考えてみると、僕自身、「よし書くぞ!」と思ったときにブログを書いていて、朝に書くこともあれば、午後に書くこともありますし、遅い深夜帯に書くこともあります。

つまり、決まっていないわけですね。

あまりルールをガチガチに固めてしまうと、それがしんどくて継続できなくなる可能性もありますが、ここ数日は、「ある程度、書く時間を決めてしまう方がいいかもしれないなぁ」と思い始めました。

出社時間が決まっていればその時間にきちんと仕事に行くのと同じように、ブログも執筆にあてる時間を決めてしまった方が継続しやすいというわけです。

まぁ、今回は対処法ではなく、あくまで「継続が難しい原因を探る」というテーマで書いているので、ここまでにしておきますが、ブログを書く時間帯がバラバラである、というのは、継続を阻害している原因の一つではないかなと、そう思います。

ブログの成果が出なくて先が見えない

ブログの成果が出なくて先が見えない。

ある意味、これが一番わかりやすいかもしれません。

ブログの成果とは、例えば閲覧数が増えたり、収益が出たりということを指します。

やはり人間なので、時間をかけて取り組んでいることが、なかなか成果が出せないと、「しんどいなぁ」と感じたり、「これって、そもそも意味あるのかなぁ」と思ったりするもの。

ブログも同じですね。

僕は、なるべく一喜一憂しないように心がけていますが、気合いを入れて記事を書いても、結果的に全然読まれなかったりすると結構つらかったりします。

誰しもそういう部分はありますよね。

でも、成果が出ることを想像すると楽しくなりますし、「よし頑張るか!」と気合いも入るので、逆に言えば、成果さえ出始めれば継続できる可能性はグンと高まるということ。

まだ、現段階でたいした成果は出ていないので、あまり偉そうに語ることはできませんが、これはほぼ間違いないと思っています。

成果が出ないゆえにブログの継続が難しいのであれば、成果を出す。

シンプルですね。

人によって継続を難しくさせている原因は違うと思いますが、時間をとって、根っこの部分に目を向けてみることはいかがでしょうか?