ブログ記事を書き始めて1ヶ月経過した今のリアルと思うこと

Photo by Nordwood Themes from StockSnap

本格的にブログ記事を書き始めて約1ヶ月が経過しました。

もしかすると、これからブログを始めようと思っている人もいるかもしれませんし、実際1ヶ月ぐらい書くとどんな感じなの?という疑問もあるかもしれませんので、今日はそのような方々に向けて、この記事を書きました。

本記事では以下の内容を解説します。

  • 1ヶ月でブログの閲覧数は伸びるのか?
  • ブログの執筆スケジュールには柔軟性が必要
  • ブログは大変。でも希望もある。

先程、下記のツイートをしました。

僕自身、元々は、1年半ほど前にブログを立ち上げていたのですが、ずっと記事は書いていませんでした。

その時々で、自分の好きなことや書きたいことを書いていただけ。

それはそれで楽しいのですが、収益化するところまでをきちんとデザインしようと思えば、記事を書いて、検索からこのブログにたどり着いてくれる人を増やすことが必要だと考えました。

そして今、実際に記事を書き始めて約1ヶ月という段階です。

なので、ある程度のリアルをお伝えできると思います。

特にこれからブログを書こうと考えている人にとっては参考になる部分もあるのではないかと。

簡単にまとめますので、よければサクッと読んでください。

ブログ記事を書き始めて1ヶ月経過した今のリアルと思うこと

Photo by Bernard Spragg from StockSnap

1ヶ月でブログの閲覧数は伸びるのか?

ブログを1ヶ月書けば閲覧数は伸びるのか?

これからブログを始めようと思っている人にとっては気になる部分かもしれませんが、結論から言えば、それほど大きな伸びはありません。

人にもよるとは思いますが、少なくとも僕の場合、「これまでと比べて大きく伸びた!」ということはないです。

ちょっぴり読者(ユーザー)さんの人数は増えている気もしますが、それが直接的に閲覧数に反映されているかと言えば、残念ながらそんなことはありません。

理由は色々あるとは思うのですが、他のブログ記事を読んでも、実際に書き始めてからそれが閲覧数に現れてくるまでは時間がかかるようです。

おそらくGoogle側の問題だと思いますが、今現在、僕もそのあたりの知識が豊富なわけではありませんし、間違った内容を書くのはなるべく避けたいので、「どうやら数値として現れてくるまでには時間がかかるらしいよ」ということだけお伝えしておきます。

他の記事を読んで知ったのは、少なくとも数ヶ月はかかるということ。

人によってその期間は違うと思うので、もちろん一概には言えませんが、どうやら1ヶ月ではほとんど数値には現れないようです。

なので、1ヶ月で閲覧数が爆発的に伸びるイメージを持っている人は、もう少し厳しめに見積もっていた方がいいかもしれませんね。

中には天才的な人もいるかもしれませんが、ほとんどの場合、1ヶ月だけでは難しいようです。

残念ながら、実際に僕もそうです。

ブログの執筆スケジュールには柔軟性が必要

時間がかかるということは、とりあえず1ヶ月間ブログを書いた人は2ヶ月目に入る必要があって、その時に考えておくべきは執筆スケジュールについてです。

ブログは、長期戦になる可能性が高いので、自分を律するためにも執筆のスケジュールを立てるのは大事です。

特に、個人的に大事だなぁと思うのはスケジュールの立て方で、具体的に言えば、常にスケジュールは柔軟に変化させつつ、余裕を持ちましょうということ。

例えば、よく「毎日更新」という言葉を聞くかもしれません。

文字通り、毎日ブログを更新するという意味です。

僕も可能な限り、その方がいいと思いますし、継続するクセをつけるのは必要不可欠ですが、とはいえ、続けていると書けない日が出てくることもあります。

気合いが足りないと言ってしまえばそれまでなのですが、そこは冷静に考える必要があって、常に柔軟に変化しながら余裕を持ってスケジュールを立てるべきだと思います。

僕の場合、まず3ヶ月というスパンでどのようにブログが伸びるのかを観察しようと思っていて、その期間に100記事書こうというのが今現在の執筆スケジュール。

最初は毎日更新を考えていましたが、柔軟に変化させました。

3ヶ月で100記事というのは、単純に毎日更新を約10記事ほど上回る分量ですが、とはいえ、このようなスケジュールを設定することで、たとえ書けない日があっても必要以上に自分を責めなくて済みます。

要するに、最後の着地を合わせればいいので。

このように、ブログは長丁場になる可能性が高いので、ブログの執筆スケジュールには柔軟性が必要だと思います。

ブログは大変。でも希望もある。

ブログ記事を1ヶ月書き続けて思うのは、シンプルに「大変だなぁ」ということ。

悩むことなくラクにスラスラ書けることなんてほとんどありませんし、1記事書くのに3時間前後はかかりますから、人生の時間を「書く」という行為に費やすことになります。

これは実際に書き始めてみると、その大変さがわかります。

でも同時に希望もあって、きちんと書き続けていれば多くの人が読んでくれるブログへと成長する可能性もあります。

それが希望。

そうなれば収益化へと繋がったりするでしょう。

今この時点で僕が思っているのは、やっぱり希望って大事だよなぁ、ということ。

当たり前と言えば当たり前ですが、結構大事です。

書くのは大変で、時に挫折しそうな瞬間もありますが、でも書き続けた先のことを考えると頑張る気力が湧いてきたりします。

辞めるのは簡単。

ほとんどの人が早い段階で辞めていくと聞きますし、実際に書いてみて、まぁそうだろうなと思いました。

でも言い換えると、続ければ可能性はあるということ。

なので、辛くなったら「もう少し頑張ってみよう」と自分に言い聞かせてみるのもいいと思います。