簡単に作れる、イベリコ豚と小松菜のオムレツ風料理!

スーパーでの割引肉争奪戦をくぐり抜け、イベリコ豚なるものをゲットした。イベリコ豚、名前は聞いたことがあるけど食べた記憶はない。しかもスペイン産。凄いのか凄くないのかはよくわからないけど、イベリコ豚なんてなんだかオシャレではないか。早速、夕食にて使ってみることにした。冷蔵庫には先日買った小松菜が残っていたので、一緒に炒めて使うことにした。最近、スーパーで野菜を吟味するのが楽しくなってきた。その昔、スーパーでバイトをしていたけれど、まさか将来自分がスーパーであれやこれやと頭を悩ませながら買い物をすることになるなんて想像していなかった。人生何が起きるかわからないものである。ぼくが買った小松菜は100円とリーズナブルだったけれどかなりの分量があって、結果的に3日間に分けて食べることが出来た。100円でこれだけの分量(写真は撮っていない)があればかなりお買い得であろう。イベリコ豚と小松菜、そこにもう一品合わせて炒め物を作ろうと思い立ち、しめじを購入した。こちらも100円前後で半分を残して半分を使うことに。料理の最中にふとオムレツにしたい、と思い、急遽卵も使うことにした。出来上がりとしてはオムレツというより、卵で蓋をした炒め物と表現する方が近いような気がするけれど、今回はオムレツと呼ばせてもらうことにする。オムレツと言い切ろう。オムレツである。

では、簡単に作り方をまとめる。

主な材料は、イベリコ豚(一口サイズにカットしたものを適量)、小松菜3株程度、しめじ半パック、卵1個。

まず熱したフライパンにオリーブオイルを垂らし、イベリコ豚を焼く。味付けはシンプルに塩胡椒。肉に火が通った後は、洗ったしめじと、食べやすいサイズにカットした小松菜を投入。充分に炒める。味付けは同じく塩胡椒と、仕上げに醤油少々。ドボドボとかけずにさらりとかけるのがコツな気がする。個人的にはキチンと水分を飛ばす方が良いと思うが、僕が作った時はまたまた失敗してしまって水分が多く出てしまった。まあ、そこにも味が染み出して美味しいことは美味しかったけれど、この辺は個人の好みによると思う。炒め終えたらお皿に盛り付ける。すぐに卵を溶いてフライパンに広げ、焼けたら先程盛り付けた料理の上にかぶせる。これで完成である。

作り方もシンプルだし、材料や調味料もそれ程多くないので手間もほとんどかからない。仕事に疲れた日などにサクッと作って食べてみてはいかがだろうか。