深夜の記録

昨夜の流れを記録しておく。

23時〜24時 脚本執筆

24時〜25時 日記+読書

25時〜26時 海外ドラマ鑑賞

26時〜27時 英語の勉強

27時〜 就寝

メインである脚本の執筆が一時間だけだが、仕事が遅番だったこともあり開始時間が遅くなった。仕方ない。「短期集中!」とばかりに没頭したところ一瞬で一時間が経った。ダラダラと数時間やるよりはギュッと凝縮して集中力を高めた状態で走り抜ける方が良いかもしれない。今は登場人物のバックストーリー(過去)を掘り下げている。過去の出来事を羅列するだけでなく、どのようなことがあったのかをシーンの形で細かく書き始めた。直接脚本には出てこないシーンだ。物語に奥行きを持たせるためには必要だと思っていて、すっ飛ばしたい衝動を抑えてパチパチとパソコンを叩いている。完成した脚本は110ページ。その脚本を書くために書いたバックストーリーが1000ページ、てなことになれば格好良いではないか。

日記。これもなかなか大変。日々の出来事を事細かく書き始めたので、書き終えるまでに30分ぐらいかかる。しかも手書き。腕が疲れる。でも、良かった。字が綺麗で。これで字が汚いと地獄。つまりヤル気がうせる。

読書。これは楽しい。今は村上春樹さんのエッセイを読んでいる。昔、買ったもの。改めて読み返したくなった。本ならずっと読んでられるが、読み始めると「書く作業」の諸々が億劫になり始めるので、頃合いをみて読むのをやめることにしている。目安は日記と読書を合わせて一時間。日記に30分ほどかかるので読書も同じぐらいの時間になる。

海外ドラマ。面白い。英語なので細部はよくわからないが、なんとなくわかる。俳優さん達が渋い。それに演技がリアルだ。この深みはどこからくるの?

英語の勉強。やるぞ、やるぞ、やるぞ。英文全然読めないけど諦めん。これまでちゃんと勉強してなかったんだからむしろ出来なくて当然。そう思うことにする!てか、そうだ!それでしかない。最近、勉強が楽しい。わからないことだらけだけど。

就寝。部屋が寒い。隙間風の威力よ。暖房が完全に無効化される。カイロを寝袋に貼って「床暖房だ!」と思うことにしたが、冷静に考えると、やっぱりカイロだ。床暖房じゃない。でも、カイロ素敵。助かる。あたたかい。

横になってすぐに寝落ちた。一瞬で朝になる。凍えた。意を決して飛び起きる。そんな今日を生きてる。