杉本達哉は1年前の今日上京したらしい

みなさん、おはようございます。
「天才脚本家」と称され、国内トップクラスの影響力を持つには、あと数年はかかると予想している僕です。

さて。
その第一歩として、昨夜24時前に脚本を書き終えました。

余韻に浸る間もなく、次から次へと活動の幅を広げていく必要があるのですが、そういえば、今日で東京にやってきて1年らしいです。

3年間書き続けている日記によると、1年前の今日、朝、父親が仕事に行くのを見送り、その後、母親に見送ってもらい、地元の友達とカフェで語り合い、新大阪でばあちゃんに「行ってくるよ」と電話をかけたそう。

もちろん、なんとなくは覚えているものの、当然ながら細部の記憶はどんどん曖昧になっていくので、日記を書いておいて良かったなとつくづく。

今年はひと月に一つ、何かしらの“成果物”、あるいは“変化”を生み出そうとしていて、2月は『脚本の完成』だったので、ひとまずクリアをしました。
もちろん、次の脚本にも早々に着手しますし、止まる暇はありませんが、この疾走感も心地よく感じるようになってきたので、引き続き突っ走ります。

では、またー!

(よければSNSで感想をつけてシェアしてね☆エゴサーチをしてみたいby杉本)

#杉本達哉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。