杉本達哉のインスタを“フォロー”してくださっている方へ

先程、インスタグラムでお伝えしたのですが、本日で一旦、全ての方々のフォローを外させていただきました。

現状はこんな感じで、誰もフォローしていません。

ほとんどが友達なので今回の判断は結構迷ったのですが、日頃、絡んでくれる人も居たので、ちゃんと理由をお伝えしておきます。

シンプルに言えば、集中力が途切れてくると脚本を書いたりする合間に何度もSNS(特にインスタグラム)を開いて見てしまいます。

勿論、それでも執筆が順調なら何も問題はないのですが、決してそうとは言えないので、見たくても見れない状態を作ることにしました。

正直、友達がどんな毎日を送っているのかには興味があるし、単純に眺めていて楽しいのですが、とはいえ、気が散っている時点でもはや論外だなと。
今すぐに辞める訳ではないですが、そもそも更新する頻度も多くないし、今後は気が向いた時に“実験的に”使うつもりです。

全員分のフォローを外したので、「お前が外すなら俺(私)も杉本のフォローを外す!」という方がいらっしゃればお手数をかけますが、お願いします。
ごめんなさいね。

日頃から応援してくれている人達が居る中で、執筆の集中力を途切れさせている場合ではないので、友達の投稿(日常)を見れなくなるのは寂しいですが、今回の判断を下しました。

執筆および創作に、より集中していこうと思います。

Twitterもほぼ同様の理由で全てのフォローを外させていただきました。
Facebookについてはブログを『シェア』しているので、このまま使うつもりです。

語り出すとキリがなくなりますので、ザックリではありますが、これを説明とさせていただきます。
SNSとの距離感は難しいね。

これまでフォローさせていただいた方、ありがとうございました。

【杉本達哉の書斎】
深夜の東京で脚本を書く杉本達哉が、『アカデミー脚本賞』なる、現在地からどんでもなく遠いところにある「夢」を掴む為に奮闘する日々の記録↓

杉本達哉の書斎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。