杉本のブログは自己満足なのか?

「先に仮眠してからブログを書こう」と思い、結果的に寝すぎて更新が間に合わなかった昨夜。
同じ過ちは繰り返すまいと今日は先にブログを書き始めた。

なんだか久しぶりに自撮りをしたような気がする。
思い返せば以前は自撮りを多用し、内容も今よりも砕けたものが多かった。最近はちょっぴり真面目に書く事も増えた。あまり深い理由はなくて単純に自分を飾る事なく文章を吐き出しているような感覚。ずっと読んでくれている人を無視している訳ではなくて、今は「自分が書きたい」と素直に感じることを書いている。

「ふざけていた時の方が面白い!」という意見があれば申し訳なく思うが、素の僕は多分こんな感じ。それなりに真面目なのだ。

さて。

世間はお盆休み真っ只中で、明日もお休みという方も多いかもしれないが僕は終日バイトがある。んでもってこの後、脚本を書いて、25時頃には地元の友達から電話が来ることになっているので、あまりダラダラは書かない。なので少しだけお付き合いいただければ幸いだ。

今日は、

『杉本のブログは自己満なのか?』について書く。

基本的には毎日更新。文章を書く人間としては致命的だが特別ズバ抜けた文才がある訳でもない。平々凡々。そんなわけで「自分が出来ることって何だろう?」と考えた時に真っ先に浮かんだのは『継続』すること。

とにかく続ける。
このシンプルな行為を絶対ルールにしよう。そう思った。

毎日毎日更新しているとちょくちょく読んでくれている人も居るようで(ありがたい!)、時々意見をもらう。これまでも何度かもらった意見で、なおかつつい先日も同様の意見を貰ったので、そのことについて書く。

その意見は、先程も触れたが、

「自己満ブログよね!」という意見だ。

その時に特別否定的な空気感も感じないし、今日述べる僕の見解も、その意見をくださった方々の意見を否定するものではない。あらかじめ伝えておく。その上で、一応は1年以上継続して書き続けてきた身として自分なりの考えを整理しておこうと思った。

「自己満ブログよね!」という意見に対して、結論から言えば「はい、そうです」ということになる。

喧嘩を売っている訳でも開き直っている訳でもない。
100%ではないにしても、多分自分の為に書いている。先程も書いたが、読者を無視して良いと思っている訳じゃない。

元々は「読んでくれる人の為に書こう!」と思って、『出口の密室からどうやって脱出するか?』というワンテーマで永遠に書こうと思った。面白おかしく。

だが、書き始めてすぐに気付いた。
苦しい。んでもって、楽しくないと。書いている僕もそうだし、読んでくれている人も「楽しくないだろうな」と思っていた。

次は芸人さんのブログを真似てみた。
これまで何度か書いてきたが、ブログを書き始めたのもある芸人さんのブログに影響を受けたから。必然的に学びたいと思うようになったし、もっと素直に言えばエッセンスをパクってやろうと思っていた。実際に学びもあったし、勉強にもなったけど、本質的なことを言えば、それは僕ではない。僕が一生懸命真似た僕以外でしかない。

本質から外れ道に迷ったような感覚にしばらく苦しんだ。「俺は何がやりたいのか?」と。

今後考え方が変わるかもしれないし、何一つ断言することは出来ないけれど、一旦は誰かの真似をすることなく、究極に自分の内側を書くことに集中しようと思った。

「ふざけてたブログ結構よかったよ」と言ってもらえることはある。確かに面白いと感じるものもあったし(あー、自分で言っちゃった!)、クスリとも笑えないくだらないものもある。書いていて何だか楽しくもあった。

でも一旦は、ふざけるのを辞めた。

これが自分。
これが僕だ。
真面目でくだらないかもしれないがこれが素。“今は”飾って背伸びするつもりもない。今後はわからないけど。

つまり、ある意味で読者を意識していない。
閲覧数もチェックしていないし、その他諸々あまり気にしていない。
実はメチャクチャ読まれているかもしれないし、ほぼゼロかもしれない。
でも、一旦はどうでも良い。

そんなことより、自分の心の赴くままに文字を吐き出すことが大事だ。

完全なる自己満。
それ以上でも以下でもない。

特定の誰かに向けて文章を書くのも素敵だけど、自分に向けて書き続けることで結果的に誰かに楽しんでもらえれば良い。今の僕はそう思っている。

読者のために書くことは素晴らしいけど、自分なりに1年間試行錯誤した感覚としては継続するのは難しいだろなと。もっと言えば明確なメリット(例えば広告費やアフィリエイト費)が見込めなければモチベーションを保つのは難しいだろうなと。

僕の場合、このブログは『ほぼ日記』なので(というか、日記に変化してきたので)、あまり周囲を気にしなくて良いような気がしてきた。

もっと個人的な内容を。
エゴ全快で。

そんな風になっても良いかなと思っている。

だから、「自己満ブログよね!」という意見には「そう、自己満!」と答えていくことにする。

1件のコメント

コメントはできません。