杉本にとって、マイナスな結論が出そうな気配しかしてこない。

これまで生きてきた31年を振り返って、人生最大のモテ期が小学校1年生だったことを思い出し、あまりの年数経過に震えがとまらない杉本です。

Where is my モテ期?

 

ちなみにこれは23歳の頃の僕でございまして、最大のモテ期を経験させていただいた6歳の頃と比べ、最も遠い場所に位置しておりました。朝からごめんなさい。

実は最近、男子諸君にとって超耳寄りな情報を入手いたしまして、本来であれば僕だけで独り占めしたいところなんですが、「恩を売る」ってのを今後のテーマにすえようと思っているものですから、今日のところはコッソリと教えようかな〜なんて思ってます。

 

杉本「聞きたいっすよね?」

男子諸君「聞きたい!」

杉本「オッケー!!1度しか言わないので、耳の穴かっぽじってよ〜く聞いてください。実はですね……」

 

女子は案外ギャップに弱いらしい!

 

男子諸君「……」

杉本「……」

 

えー、なんだかタコ殴りにされそうな気配が漂ってきたので、冗談はさておき、ちょっとばかし真剣に語らせていただきますね。

今から言う2パターンのうち、どっちの方がより好感度が高いんでしょうか?

 

「普段ふざけてて、たまに真面目な一面を見せるやつ」

「普段は真面目やけど、たまにふざけるやつ」

 

個人的には前者やと思ってて、人って他人の「意外な一面」をその人の本当の姿って捉えがちなんじゃないかな〜なんて思ってます。要するに普段あまり見れない一面を本当の姿だって思うってことです。

 

どうすか、なんかそんな気してきません?

 

ちなみにここ最近、ブログをこんな感じのテイスト(口調)で書いてるのは、キングコングの西野亮廣さんが書くブログの文章が好きで、完全に影響を受けているからです。あー、言っちゃった。

ちなみに、昨日の西野さんのブログのラストがシュールで面白かったので、もし時間があれば読んでみても良いかもですね。まあ、なんで宣伝してるのかわかりませんが……。

 

キンコン西野さんは芸人さんなので、もちろん普段散々ふざけたりしてるのに、たまに見せる真剣さが男前で、要するにこれがギャップつーやつなんですよ。だから、僕もギャップを…………

 

ん?

 

えー、ごめんなさい。ちょっとばかし勘違いしていたんですけど、さっき自分で、「普段あまり見れない一面を本当の姿だって思う」って言っちゃったんですが、その理論を当てはめると……

 

キンコン西野(普段ふざける、たまに真面目)→本当の姿は真面目

わたくし杉本(普段真面目、たまにふざける)→本当の姿はふざける

 

……諸々、考えた結果、完全に僕にとってマイナスな結論が出そうな気配しかしてこないので、この辺で、話題を変えさせていただきます。

 

久々にブログ5本書いたよ!


昨夜、5本ブログ記事書きました。

今ですね、午前6時ジャストです。5時間ぐらい前から書いてたんかなぁ〜

やっぱり日々妥協することなく「量」にしっかり向き合わないといけないですね。なんせアカデミー賞最優秀脚本賞を狙ってるわけですから。もちろん、量だけじゃなくクオリティの維持も必要になってくるので、なかなか大変ですが、しっかり頑張ります。

でも、31って年齢のせいか、睡眠が少ないとさすがに身体にくるようになりましたw

まあ、睡眠ゼロってわけにもいかないので隙間時間を見つけて仮眠でもしながら今日を乗り切ります。

 

ちなみに、先日から何度も伝えています、スマホで書いた「本」に関しても早めに公開出来るように諸々やってますので今しばらくお待ちください。

これからも日々、ナンジャカンジャ、グダグダ言いながらブログの更新を続けていくつもりなので、お時間があれば是非読んでください。しっかり頑張ります。

皆さんも無理のないように頑張ってください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。