本棚で寝ていた「英英辞典」を起こした

黄色とピンク色の蛍光ペンをそれぞれ一本ずつ買った。英語の辞書を読む時に使う為だ。自分で言うのもなんだが最近は英語学習への意欲、熱意が溢れている。僕の英語レベルは正直全然高くない。けれど自分の内側から自発的に「勉強したい」「学びたい」という想いが湧き出てきた時は結構強い。そう思う。

やっぱり自分で「やりたい!」と感じれるものでないと長続きしない。「やりたい」と思っても実際にやり始めてみると辛かったり苦しかったり退屈な時間が続いたりと、長続きしないこともある。やりたくないことを強制的にやることで学ぶことも勿論あるとは思うが、自発的な意欲と対峙した時には、そこには何かしら圧倒的な差があるような気がしてならない。

英語だけで映画や海外ドラマをみはじめてたぶん数ヶ月経った。内容はわかったり、わからなかったりだが、不思議となんとなく理解出来てくる。嬉しくもあり楽しくもある。次第に「もっと理解したい」と思うようになった。三日坊主になりたくなかったので、他の英語の勉強にはほとんど手を付けなかった。バテないため。長く続けるためだ。英語に触れる事が完全に日課として定着した。これなら他の英語の勉強をしても続けられる。そう思った。数ヶ月間、本棚に眠っていた「英英辞典」を取り出し読み始めた。基礎的な薄い辞典なので本を読む感覚でページをめくっている。日本語で意味を確かめたくなったりすることもあるが、「英英辞典」の為、そもそも日本語は載っていない。全て英語だ。わからない単語は、英英辞典で引いて、英語で意味を読む。勉強法として適切かどうかは全くもって不明だが、とりあえずしばらくはこの方法で進めることにする。

英語の脚本を読んだり小説を読んだりしてみたい。スラスラと。母国語以外の言語(僕の場合は英語)を学ぶことで新たな価値観に触れてみたいし、日本の事もより客観的に見えるようになるかもしれない。そんなワクワクがある。学生時代とは全くモチベーションが変わってきた。大人になるにつれて「もっと勉強したい」と思うようになってきた。性格としてはラッキーなのかもしれない。あとはキチンと続けること。今は楽しくても必ず「あー、しんどい!」と思う時はある。その時にもちゃんと続けること。英語を学ぼう、俺!