書籍『(仮)ストーリーテラー』の「ほぼ初稿」、公開前夜でございます。

明日、書籍『(仮)ストーリーテラー』の「ほぼ初稿」を公開させていただきます。

ブログの更新と共に公開しますので、この連休中、お時間ある方は是非、読んでみてください(*^^*)

当たり前ですが、無料なので。

日頃、ブログ(アカデミー賞への道)を書くときはパソコンを使いますし、毎日地元の友人に『杉本達哉の毎日ミニコラム』と称して地獄的な長文(もはやミニコラムじゃねえ!)を送る時はスマホを使います。それなりに毎日大量の文章を書いているにも関わらず、たぶんシンプルに文字を書くのが好きで、手書きでもせっせとメモを取っています。

【画像】ストーリーテラー杉本の貴重な手書きメモ(0円なり)_φ( ̄ー ̄ )

ちなみにここに手書きメモの画像を挟んだ理由は、「多少、頑張ってるアピールになるかなぁ〜」という程度の、浅く、打算的なものでございます。

さて。

今回、『(仮)ストーリーテラー』なるタイトルで、偉そうに『自伝』を書かせていただきました。

無名男の『自伝』でございます。

ちなみに無名というのはあくまで現在の話であって、今後「アカデミー賞」へと近づいていく過程で、嫌でも名が売れていく予定でございますので、その辺りは何卒よろしくお願いします。

初稿(ほぼ初稿)公開後は、すぐ修正作業を開始して、2019年の1月中には書籍化して販売を開始しようと思っています。

12月19日(水曜日)のブログでも書かせていただきましたが、わたくし杉本とすでに接点を持っていただいている方に関しては、「俺も(私も)、自伝の中に登場させろやぁ〜」の一声で、販売する段階の原稿に書き加えさせていただきます(*^^*)

すでに、連絡をいただいた方もいらっしゃいますので(ありがとうございます!)「登場するのも悪くないかもなぁ〜」って方はお気軽に連絡してください。

てか、ちょいと近況報告なり、世間話でもしましょーぜw

男の一人暮らしは、孤独との戦いで、あまりに寝不足がたたると気が狂ったように部屋で自撮りなんかを始めちゃいます。

【画像】iphone自撮りでこのクオリティ。恐るべき杉本氏の顔面ポテンシャル。

もちろん、「初稿を読んでから登場するかどうか決めるよ〜」なんてのも全然、OKッス!

僕一人のイメージで作り上げた自伝の中に、みんなを登場させることで、書き始めた頃はまったく想像できなかった領域までクオリティを高めて、世界観を壮大にしようと思っています。

一緒に作りましょう。力を貸してください。

 

なんなら「この本、俺(私)が書いた!」と言っていただいても構いません。

(※絶対やめてね(^人^))

 

今回の公開はあくまで初稿ですが、発売バージョンまで鬼のごとく修正を行いますので、やるときゃ、やる男っつーところを見せてやります!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

お互い頑張りましょう(*^^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。