映画『ファースト・マン』を観た日の日記 by 杉本達哉

こんばんは。
ストーリーテラー略して、ストテラ杉本です。

今回のブログは単なる『おじさんの日記』なのでお時間ある方だけ読んでください(*^^*)

今朝のブログでも書いたように新宿で映画『ファースト・マン』を観てきました。

人類で初めて月面に降り立ったニール・アームストロングの物語。

映画の内容についてあれこれ講釈を垂れても仕方ないので割愛させていただきますが、今、地上から見えている月に、実際50年前に行った人がいるという事実がなんだか感慨深い。

現在スマホで大急ぎでブログを書いています。

上映後、映画館のロビーにはサインの数々。

「いつか、僕もここに名を……」なんて高尚な気持ちのまま、たこ焼きとハイボールを注文。

決して昼間から飲みたかったわけではなく、脚本を書く上では、『昼間から飲む人の気持ち』を理解しておく必要があると思ったからです。

ごめんなさい、嘘です。
メチャクチャ飲みたかった。

現在、このブログを書いているのが23時30分。

この後は、地元の友人から先日書き上げた脚本の感想をもらって、ナンジャカンジャ読みたいモノに目を通します。

たぶん、朝までかかるかな。
しっかり頑張ります。
充実した午後を過ごせたので。

皆さん、ステキな休日をお過ごしください。

【追伸】
今日、メチャクチャブログ読んでいただいています。
たぶん、今までで一番多いかも。
ありがとうございまーす(*^^*)

(よければSNSで感想をつけてシェアしてね☆エゴサーチをしてみたいby杉本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。