日曜日の朝に友達から熱い熱いLINEが来た!!

朝起きてスマホを見て驚いた。

高校時代の友人から熱い熱い長文のLINE。

コトの発端は先日書いた僕のブログ。
『杉本のブログは自己満足なのか?』について。

毎日こうしてブログを書いていると、時々、感想というか意見をもらうことがある。正直、それ自体結構嬉しくて、「あー、時間を割いて読んでくれてるんだな」と感謝している。勿論、良い意見ばかりじゃなくて辛辣な意見を貰うこともあるし、僕も人間なのでそんな時はちゃんとヘコむ。

「杉本のブログって自己満ブログでしょ?」という意見。

何度もクドイかもしれないが誤解なきように伝えておくと、僕はその意見に対して怒っている訳でもなくて否定している訳でもない。色々な考え方があるし、あくまでその時々で自分が正しいと思ったことを書いているにすぎないし、結局のところ時間を使って書いているのは自分自身なので「自己満ブログやな!」という意見に対しては「自己満よ」と回答するより他ない。

勿論、「確かに!」という意見については参考にさせていただいているし、その辺は真面目である。

とはいえ、「はあぁぁ!?」という感情がゼロかと言えばそんな事はない。その瞬間は怒りにも似た感情が出ることだってあるし、「じゃあ、オマエが書け!」などとパーフェクトに的外れな思考を繰り広げたりしてしまうこともあるが、そもそも「ブログを書こう!」と決めたのは自分で、好きで書いているに過ぎないので、僕の怒りは完全に論外。

要は小さい男なのである。

今日LINEをくれた友達は、「杉本のブログって自己満でしょ?」という意見に対して若干ヒートアップしていた。

「自己満で良くない?」

「皆んな自己満やろ?」

と。

この意見は、僕の怒りとは出どころが全く違うし、応援してくれている気持ちを感じるので素直に嬉しい。ありがとう。

どのような形であれ応援してくれている人がいることにはキチンと感謝している。社会人経験が絶望的に乏しいので「常識がなってねー!」と友人にしょっちゅう怒られてはいるものの、その気持ちに嘘はない。

特別な成果は残せていないし、脚本は相変わらずだが(実は最近結構進んでる!)、応援してくれている人の期待には応えたい。なもんでせめて自分の時間を書くことに捧げるつもりだ。まあ当たり前と言えば当たり前だけども。

ちなみに、ちょっぴりハリウッド映画の脚本も読み始めた。
大好きでこれまで繰り返し観た『グッド・ウィル・ハンティング』。

当時無名のマットデイモンとベンアフレックが共同で脚本を執筆し、いきなりアカデミー賞の脚本賞を獲った映画。

ハリウッド映画の脚本はネットで公開されているものも多い。
ふと気づけばスマホを開いてくだらんワイドショーなんかを見てしまうこともあるので、画面から脚本へすぐに飛べるようにした。

時間を見つけてガシガシ読んでみようと思う。

もちろん全て英語。
しっかり勉強しなきゃね。

ではでは、皆さん素敵な休日を。