新年度、一発目のブログ

新年度を迎えた。
現在、朝の5時51分。

つい先程、本日分のnoteを書き上げ、ブログに取り掛かる前に行ったコンビニにで強烈な寝癖をブチかましている事に気づき、そのショックを抱えたまま自宅に戻り、こうしてブログを書いている。

今日から新しい職場で働くことになっているので大急ぎでブログを書いて準備しなくちゃならない。

ちなみに、「1年前の4月1日って何してたっけ?」と気になり、過去の日記を引っ張り出した。
これまで東京と大阪で散々お世話になっている友達の引越しを手伝ったと書いてあった。
正直、「まだ1年かぁ」といった感じである。
もう3年程経った気さえする。

日記は随分と役に立つ。
時折、ペラペラと捲ると(杉本のメインダイアリーは手書き)、忘れていた多くの記憶に触れることになる。

新年度を迎え、新たな場所、新たな環境で、新たな挑戦をする人も多いんじゃないだろうか。
僕自身もその一人だ。

今日からnoteを有料(100円)にすることにした。

なかなか厳しい「挑戦」になると思う。
だが、ちょっとでも前進したいので、日々試行錯誤を繰り返しながら様々な挑戦をしていく。

ちなみに、
書籍の出版費用や、脚本など、未だ宙ぶらりんのものもあるので、その辺りもしっかり詰めながら、進めていくことにする。

勿論、ブログはずっと無料なので、時間が空いて「暇だな」って瞬間があればいつでも読みに来て欲しい。
ぶっちゃけ、読んでくれることが何より嬉しいので。

今日もお互い頑張りましょう(*^^*)

【noteマガジン】
深夜の東京で脚本を書く31歳のフリーター(杉本達哉)が、『アカデミー脚本賞』なる、現在地からどんでもなく遠いところにある「夢」を掴む為に奮闘する日々の記録。
興味がある方はコチラ↓

杉本達哉の書斎

お仕事の依頼「t.sugimoto.0907@gmail.com」へお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。