慣れ

2019.7.31

ここ数ヶ月の間、思い返すといつもスマホでSNSをチェックしたりしていたような気がする。
外でも気軽に文章を書く。
その際に使用するのもスマホだ。

便利だが依存する。

個人的には後者、“依存”に目が向きやすい。

冒頭の写真。
今日アルバイト終了後に新宿で写真を撮った。

スマホで撮影した事はさておき、久々に風景をじっくり見た気がする。
SNSと距離を置き始めたからかもしれない。

20代。

舞台の台本と演出の仕事で東京に居た頃は「新宿って凄いなぁ」と思っていたけど時間の経過と共に東京に住むようになり、新宿は日常になった。

要するに慣れてしまった訳だ。
感動する事も、当時のように不安だけれどどこかワクワクした気持ちを感じる事も今となっては難しい。

慣れはある意味で安定と安心を生み出すが、物語を作る人間としては「うーん、あまり良くないのかもしれないな」と感じている。

昨日で、

『杉本達哉の書斎』を一旦ストップする事にした。

これも変化で、昔のように『脚本』に集中する事にした。

勿論、今回の判断の正解不正解は現段階ではわからないし、「やっぱりまた再開しよう!」となる可能性も充分あるけど、一旦はストップ。

不安はあるけど、慣れたくないね。