店員さんや初対面の人にいきなり横柄な態度をとる人は正直ヤバイ……てか、僕は嫌いですね

普段生活してて、「こいつ嫌いやなぁ〜」って人は基本的にいないけど、横柄な態度とか偉そうな人はぶっちゃけ苦手。

 

てか、もっと正直に言えば「嫌い」ですね。

 

もちろん、その人の全てじゃないですよ。

横柄であったり、偉そうだったり……そんな一面がです。

 

朝からビートたけしさんの「大正論」を読んで、ふとそんなことを考えてました。

これほどの大御所の方が言うと、やはり重みが違いますね。

 

芸能人の方とか、タレントさんとか、社会的影響力が強い人がもっと今回のような発言をするべきだと思う。

(※あまり「べき」という言葉は好きではないですが、今回はあえて使わせてもらいますね)

 

まあ、大人の事情というか、好感度とか、スポンサーの存在とか、諸々難しいことはわかりますけどね。

 

もちろん、横柄な人や偉そうな人にも、そちら側の意見、見解があるかとは思いますが、それでもやっぱり好きにはなれないですね。

 

僕の場合、物語を書くことを生業にしようとしている以上、完全には避けないですよ。そんな人たちのことも。

「横柄なやつ」「偉そうなやつ」を書く時のために観察してると思います。

 

ただ、じゃあ、「友達になれるか?」「仲良くできるか?」と聞かれれば、やはり嫌やろうな〜と。

 

それはそうですよね。

なんでそんな人たちのために、こっちが気を使って疲弊しなアカンのやと。

 

とはいえ、言うからには、自分の振る舞いに対しても「横柄な部分はないか?」「偉そうな部分は?」と、常に自分を見つめ直す必要があると思っている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。