広告

ブログに「広告」をつけることにした。

元々、ブログを書き始めた最初の頃に少しだけ「広告」を掲載していたのだが、ある日を境に「広告ってそもそも何だろうか?」と考えさせられる機会があり、当時色々と勉強していた(真似ようとしていた)人の考え方にダイレクトに影響を受け、そのまま深く自分の頭で考える(突き詰める)ことなく、完全に乗っかる形で「広告」を外す判断をした。これで一般的な「広告収入」と呼ばれるものは一切入ってこなくなる。どれだけブログが閲覧されようが0円。正直、それはそれで良いと思っていた。例え少しでも広告収入が入り始めると「なるべく多く閲覧されたい!」という気持ちが働き、読者に「おっ!」と興味を持ってもらう為に突拍子もないことを書いてみたり、「これって本当に自分が書きたいことなのだろうか?」と深く自問自答することなく「興味を持ってもらえそうかどうか?」という視点だけで判断をしてしまうことが増える。そこに「自分が本当に書きたいことを書く」という要素(行為)が入り込む余地はあまりない。毎日書くのだからどうせならお金になった方がいい。僕も最初はそう考えていた。それはある意味一般的な考え方かもしれないし、捉え方によっては弱さなのかもしれない。

結果的に「広告」を外すことにした。そうすることで自分の中から迷いが消え、良い意味で読者を意識しなくなった。誰かに興味を持ってもらえそうな内容をベースに考えるのではなく、なるべく自分が「書きたい!」と心から思える内容に意識が向き始めた。どうせ読まれようが読まれなかろうがお金にはならない。であれば、自分が書きたいことを書くべきだ。そう思った。

だが、同時にモチベーションの維持が難しくなるのもまた事実で、広告収入が無いからといって「ヤル気が出ない」ということは無いが、もし仮に少しでもあればその広告収入を何かに使うことが出来る。つまり可能性が広がる。なのに、ワザワザそれを放棄するのか?とも思った。どうせ毎日書くんだ。なのに、お前はあえてその権利を放棄するのか?と。つまり、色々な考えや意見、価値観などが自分の中でぶつかった。特にここ数日の間。「お金のためにブログを書くんじゃない」と思っている。少なくとも僕自身については。しかしながら、未だ生活費を仕事(バイト)に依存しているのもまた事実で、その状況で最初から広告収入を放棄するのも違うような気がしてきた。矛盾があるし、迷いが見てとれる。

諸々考えた結果、一旦、広告を復活させることにした。