完全に死んだ

昨夜、ブログにてロン毛時代の写真を載せたところ「似合うと思う」というお言葉を頂戴し、たいそう喜んだのですが、改めて考えると「似合う=ハンサム」ではない事に気付き、今更ながら自分のバカさ加減にちょっぴり絶望しているストーリーテラーの杉本達哉です。

7年ほど前の杉本氏
31歳、現在の杉本氏

日頃、何やら偉そうな言葉遣いでブログを書くことが多いので、今日はなるべく丁寧な口調で書こうと思っていて、元々の僕を知ってくださっている方であれば、「それでこそ杉本だ!」と思っていただけるのではないでしょうか。

本来の僕はコチラです(*^^*)

勿論、毎日偉そうにふんぞり返りたいわけではなくて、キチンとした理由があるのですが、今すぐブログで種明かしをしてしまうとつまらないので、また時期が来たら明かそうと思います。

と、言いながら、以前noteにてちょっぴり語っています。
興味がある方のみ→コチラ

今日は『創作』のお話

今現在、取り組んでいる『創作物』といえば、もう何度もブログに書いているのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、1年半前から書き始めたオリジナルの映画脚本と、絶賛『出す出す詐欺中』の書籍、んでもって先日「書いてみない?」と打診を受けたショートフィルムの脚本。

この「3つ」です。

オリジナルの映画脚本は完全に長期戦の様相を呈していて、現在第5稿目なのでそろそろ本当に完成させる必要がありますし(させなきゃ先に進めない!)、書籍に関しては原稿のド頭からガッツリ手を加え始めていて完全に迷走中。

なかなか苦しい展開がここ数ヶ月、なんなら1年単位で続いています。

時々ではありますが、

「早く完成させろよタコ!」と懇切丁寧な言葉遣いをもって急かしてくださる方も居て、そのような方々には「うるせーブス!」という言葉を4000枚ほどのオブラートで優しくコーティングして「ありがとうございます。頑張ります」とお伝えしております。

まあ、冗談はさておき、そんな感じてウダウダとやっているのですが、ショートフィルムの脚本に関しては「いやー、まだ完成しないんですよね。テヘペロ」は絶対に通用しなくて、僕自身も必死。

お話をいただけているだけでも感謝なので、あらゆる無理難題に応えながらも、しっかりとくらいついていく所存です。

企画の立ち上がりから、あらすじの提出、脚本初稿の提出と、まさに怒涛の日々で、こうして毎日文章を書いている僕でさえ、「ふぅ~」と思わず疲労で溜息が漏れるレベル。
普段あまり文章を書かない人からすると大袈裟ではなく気が狂うレベルだと思います。

ポーズでも頑張ってるアピールでもなく、リアルにタイトなスケジュール。

なんだか今書いた一文が横文字ばかりで違和感しかないので、簡単な日本語で要約すると「やばい」です。

んでもって、昨日(初稿提出の翌日)、先方より新たな連絡が入ってきました。

「第2稿は月曜日にお願いしまーす!」

……ヤバイ。

死んだ。

完全に死んだぞ!

おい!

こうなりゃ丁寧な言葉遣いなんてどうでもいいわ!

何が「月曜日にお願いしまーす!」だ。

短えよ。

期間が短えんだよ!

ちなみに、昨日ブログ「一旦、脚本から離れます」って書いたんだよ。

離れられねえよ。

これじゃあ離れられねえんだよ!

今日は休みだからこうしてダラダラとブログ書いてるけどな、明日は出勤で1日潰れるし、日曜日は女の子と遊ぶんだよ!

ほんで、おい!

こんなことをブログに書くと、「言葉遣いは丁寧にするべきだと思います」「先方に失礼」「そんなヒマがあればさっさと脚本書け!」と真正面から正論で殺してくるやつがいるけどな、これだけは言うとくぞ!

演出だよ。

演出なんだよ!

ちゃんと先方にも「キレていいですか?」と許可取ってんだよ。

手間暇かかってんだよ。
少しでもブログの内容がマンネリしないように変化をつけて毎日お届けしようと頭を捻ってんだ。

それもこれもオメーに楽しんで読んでほしいからだよ!

何一つ誇れる実績がない奴が書く、ただただ真面目なブログなんてどこが面白いんだよ!

ちなみに、「脚本書け!」って偉そうに言ってくる奴らよ。

オメーらより絶対に頑張ってるからな。
6000倍は頑張ってるからな!

仕事から帰ってビールを飲みながら奥さんに「おい!風呂!」なんてオメーが偉そうに言ってる間に、こっちはボロいアパートで文章書いてんだよ。

言っとくけどな、オートロックじゃねぇぞ!
玄関が通りに面してるよ。

ちなみに、誰だよ!
しょっちゅう、いたずらピンポンしてくるやつ!

怖えよ。
怖えんだよ!

今日のブログはな、真面目に書くと見せかけて完全に逆ギレするパターンのやつだよ。

案外気が小さいからな、ここでしかキレられねえんだよ!

わかったか!

このイカ!!

ブス!!

イカブス!!

おぉ!?

……あ、すみません。
つい興奮してしまいました。

ちなみに、イカブスって何ですか?

しばらく完全に身体を乗っ取られていたようなので、憑依しやすい体質なのだと思います。
来世は脚本家なんてとっとと辞めて、イタコになります。

まあ、このブログを肴に「コイツ、バカだねぇ」と思いながらお酒でも飲んでください。
結構、美味しく飲めると思います。

今週もお疲れ様でした。
お互いよく生きましたね。

僕はもう少し頑張ります。

素敵な休日を。

【note】
深夜の東京で脚本を書く杉本達哉が、『アカデミー脚本賞』なる、現在地からどんでもなく遠いところにある「夢」を掴む為に奮闘する日々の記録。

杉本達哉の書斎

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。