地獄真っ只中の杉本を誤解している年下女子たちに伝えたいこと

昨夜、夢の中に女優の長澤まさみさんが出てきて、あまりの可愛さに思わず二度寝した、杉本です。

さて。

もうすぐ上京して1年が経ちますが、なぜだか出会う年下女子、年下女子に「オメーは女好きだろ!?  おぉ!?」といわれのない噂を立てられることが多くあります。
まあその辺りは全く否定はしないのですが、単なる女好きではなく、それなりに努力もしています。

【画像】努力キャラを確立しようと画策する杉本氏。

もはや、土日祝日の概念はありませんし、時には女の子とも遊びますが、基本的にはエンタメに向き合っています。

現在は、本の原稿修正や、脚本、このブログ等がそうです。

今月発売予定の本に関して言えば、相変わらず原稿修正は終わらず(リアルにあと100ページ修正が残っている)、今日も東京のワンルームでもがいていますが、ただでさえそんなピンチな中、昨日のブログでお伝えした通り、地元の友人が僕の元に『地獄』を運んできました。

地獄運搬人は僕の隣で最高の笑顔を見せている彼です。


【画像】2018年の年始に泥酔している杉本氏と地獄運搬人の友人。

心優しい友達であることは間違いありませんし、今月発売予定の書籍(リアルにあと100ページ修正が残っている)にも登場する人物ですが、毎日僕のブログを読んでくれているらしく、『とある部分』に目をつけて、僕にこう言ってきました。
少々、脚色してお伝えします。

友人「そう言えばブログでよく見るけど、本のタイトルの前にずっと(仮)って入れてるね」

ボク「あ、まあ一応……

友達「さすが、たっちゃん!」

ボク「へ?」

友達「ストーリーテラーってタイトルじゃ満足出来へんから、もっと良いタイトルを付けようと思ってるんやろ?」

ボク「……

友達「いやー、やっぱ熱いな、その高みを目指す感じ。ええと思うで!」

ボク「…いや

友達「応援してる!」

ボク「……」

実は、このまま『ストーリーテラー』というタイトルで発売しようとしていたのですが、彼にその事を言い出せぬまま、さらにピッタリのタイトルを探すことになりました。

もう一度、言います。

原稿の修正もあと100ページ残っています!

今月、残りあと何日よ?
間に合うかね、ホント。

家だと原稿の事が頭から離れないので、強制的に中断するためにカフェでタイトルを考えることに。


【画像】休日だけでなく、ヒゲも失ったストーリーテラー。

僕はハンサムではあるかもしれませんが、天才ではないとちゃんと自覚していますので、「なんか良いタイトルが思い浮かベばいいなぁ~」ぐらいの感じだと、決して思い浮かばないので、とりあえず大量に案を書き出すことに。

1930分にカフェ入って、気づけば21時。
90分です。

何個、タイトルを考えたと思いますか?
10個程度じゃないですよ。

100個です。
100個。
100個のタイトル案。
1分間に1個のハイペース。
もうね、良し悪しは知らねえです。

今日が土曜日だということを忘れそうになりますし、もはやそんなことは知ったこっちゃねーです。

どうせ杉本は土日女の子と遊び呆けていると思っている年下女子たちよ!

これが31歳杉本の土曜日よ!

ちなみに、このブログもやよい軒で唐揚げ定食待ってる間にスマホで書いているからね。
家でゴロゴロしながら書いてるわけちゃうからな!

もし、少しでも「ゴメン、悪かったよ」って気持ちがあるなら、周りの可愛い女の子10人に「杉本って素敵な人がいる」ってことを必ず伝えるように。
わかったな!?

それなりに努力しるからね(*^^*)

 

【お知らせ】
一心不乱にスマホを連打し、なんとか3日間で本の初稿を書ききりました。
自身初の書籍で、「これまでの人生」と、執筆中の3日間が交錯する物語。
発売までに書き直しますが、お時間ある方は是非、初稿をご一読ください。

書籍『(仮)ストーリーテラー』の初稿

♯共感できたらシェアしてね

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。