プライベートラジオで言及した新たな「挑戦」


昨夜、しばらく開いていなかったnoteを起動し、5分間音声を吹き込んでみた。

「プライベートラジオ」のような感覚で。

コチラ→深夜に脚本の構想を考え中

日頃、脚本の執筆やらブログなど、基本的に文字を書く時間が長い。

日中、仕事場でも人に会うが、それほどダラダラ話したりはしないし、家に帰れば一人なので、時々、無性に声を出して話したくなる。

昨夜がそんな感じだった。

実は以前にも「杉本達哉のピロートークナイトニッポン」というネーミングで音声収録(ラジオのようなもの)をしていた時期がある。

その時は「毎日更新」で、番組名とは裏腹にほとんど下ネタエピソードを持ち合わせていない自分のつまらなさに嫌気がさし(勿論、他の理由もあるよ!)、130回収録して辞めてしまった。

今回は別に毎日更新(収録)するつもりもないし、単に僕の気持ちのはけ口というか、喋ることで頭の中が整理されれば良いなぁぐらいの軽い気持ちなので、「てか、お前のブログにはもう飽きた!」という不届き者や、「案外、声がカッコいいね!」という美人な方は、是非こちらを楽しみにしていただけると幸いだ。

実際、スマホに向かって声を収録してみると緊張感も相まって、いつもと違う脳の部位が刺激されているような気がするし、なにより「何事も勉強だなぁ」と考えさせられる。

ラジオパーソナリティさんって凄い。

深夜に収録し、結局ほとんど寝れなかったので、今になって強烈な眠気に襲われているのだが、ブラックコーヒーをガブ飲みしつつ、こうしてブログを書き、気を紛らわせている。

さて。

昨日のプライベートラジオで言及したように、新たな「挑戦」をしようと思っているので、早速、この後、脚本における諸々の作業に移ることする。

皆さんもステキな夜を。