ストーリーテラー杉本が、こっそり、ゴミ置き場を作っているらしい。

控え目に言って文章を書くことは好きですが、それと同じくらい「愛嬌がある女子」も大好き、杉本でございます。

ここ最近、自分の中でのハンサムランキング「第1位」を獲得した写真を載せておきます。

さて、さて。

昨日のブログで、現在、書き直し真っ最中の映画脚本「(仮)Voice from New York」の締め切りを「2019年2月13日」に決めました。

昨年12月から書き始め、すでに1年が経過した事もあり、永遠に終わらない空気が漂ってきたので半ば強引に決めました。実は今年の2月14日に東京に出てきたので、ちょうど365日目を締め切りに設定したというわけです。(♯生粋のロマンチスト)

「締め切りなんて聞いてねーぞ!」っていう方はこちらで読んでみてください。

【関連記事】大事なことから目を背けてる by ストーリーテラー杉本達哉

1年経っても完成しない脚本もあれば、つい先日書いた書籍「(仮)ストーリーテラー」は、たった3日で初稿が完成しました(てか、させました)。

な〜んか、よくわからんもんですなぁ。

ちなみに書籍「(仮)ストーリーテラー」は、2019年1月中の発売を目指しています。

諸々、調整なんかで初稿の公開が遅れておりますが、近日中には出せると思うので、お時間ある方は是非、ご一読ください。

余談ですが、毎日地元の友人2人に送っている『杉本達哉の毎日ミニコラム』は本日で「126話」に到達し、ぶっちゃけ、もはや「ミニコラム」とは言わせねー分量の長文を毎日ぶち込んでいます。スマートフォンで打つ文字の分量じゃねーです、マジで。

ゴミ置き場でも作るか


生粋のロマンチストとして有名な杉本ですが、とはいえ、毎日スマートに世の中を渡り歩いているわけではなく、それなりに泥臭い部分もあり、今日に限っては、ひとりで「ゴミ置き場」を作っていました。

 

……へ?

ゴミ置き場すか?

 

ついさっき、作っちゃいました!

noteの中に「杉本のゴミ置き場」。

杉本のゴミ置き場に遊びに行く方は→コチラ

 

スゲー簡単に説明しちゃうと、ブログも脚本も書籍『(仮)ストーリーテラー』も『杉本達哉の毎日ミニコラム』も、ぜーんぶ書いた後に書き直しをしていて、ぶっちゃけこれがまあまあ時間もかかるし、それなりに疲れます。

たまには書き直しゼロで、メモの切れ端なんかに思ったことを「ガーッ」と殴り書きして、気が済んだらすぐに「ポイっ!」と捨てられたらストレスの発散にもなるし、そんな環境があればなぁ〜と思いました。

なので、自分で作っちゃいました!

まあ、さっきのメモの切れ端っていうのは比喩ですが、簡単に言うと一切書き直しをしていない「文章」を集めたゴミ置き場みたいな場所です。

当然、「ゴミ置き場」なので入場も無料ですし、そこにあるのは、ほぼゴミなのでお金はかかりません。

こんな感じのゴミがあるかも?

 

ただ、ゴミ置き場だからと言って侮っちゃーいけませんぜ。

世界の秘密を表すような重大な真理がゴミ置き場の落書きに混じっているかもしれませんので、たまにはゴミも漁ってみてください。

時々、気が向いた時に「ゴミ」捨てときますので。

 

あー、暖かい布団で3日間、眠りたいなぁ〜

皆さんもゆっくり休んでください。最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もお互い頑張りましょう(*^^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。