ショートフィルム脚本の「初稿」無事完成!

つい先程、本日分のnoteを書き上げた。

【今日のnote:無名の人間が書く“有料文章”について

んでもって、今からブログである。
今日はこの後、遅番の仕事があるので、それなりに急いで書いて向かわなきゃならない。
一瞬「夜でも良いかな?」と思ったのだが、何だか朝に投稿したい気分で大急ぎで書いている。

さて。

昨日のブログでもちょっぴり触れたが、現在、ショートフィルムの脚本執筆の仕事を受けている。

昨日のブログはコチラ→杉本ファンの皆様。朗報です。

ちなみに、昨日が初稿の「締切日」。

キチンと時間通りに提出。

日頃、取り組んでいる脚本は執筆開始から1年半が経過し、それでも仕上がらないポンコツぶりを遺憾無く発揮しているものの、ショートフィルムの初稿は「数日間」という短い期間でちゃんと仕上げた。

やはり、人から定められた「締切」は守れるようだ。

反応も上々で、細かい修正点、詰めていく部分は諸々あるにせよ、一旦方向性は問題なさそうな感じ。
まあ、一安心である。

自分の脚本は一向に完成しないポンコツ氏

来週前半には「第2稿」の修正および提出が控えているが、今日のところは一旦脚本から離れることにする。

【note】
深夜の東京で脚本を書く杉本達哉が、『アカデミー脚本賞』なる、現在地からどんでもなく遠いところにある「夢」を掴む為に奮闘する日々の記録。

杉本達哉の書斎

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。