やりたいことをして、食べていく。

普段、読むより書く時間の方が長くて、ここ最近は家ではほとんど本を読んでいなかった。
本を読むのは基本的には移動中の電車のみ。

理由はシンプルで、書くより読む方がラクで、性格上とことんラクを選びがちだからというもの。
一度何かを読み始めると止まらなくなり、一気に読んでしまう。
「それで満足してしまって、書く作業が疎かになる」なんてことをこれまで嫌という程、経験してきたのであえてセーブしてる。

でも、昨日は読んでしまった。

ずっと発売を楽しみにしていた本だったこともあり、深夜1時頃から読み始め、4時頃までに一気に読んだ。

このブログで感想についてアレコレ書くつもりはない。

ただ、表紙の左上にある「やりたいことして、食べていく」


この言葉を体現することが今の僕は、最も難しいと感じている。
「上手くイメージが湧かない」という言葉が合っているかもしれない。

同世代や、僕より年下の友達でもすでに起業したり、フリーランスで生計を立てている人も居る。
本来なら大学を中退してエンタメの世界に飛び込んだ時から、しっかりと生活を成り立たせる努力をしなければならなかった。
でも、その工程をサボり、ただ何となく夢を見て生きてた時間も長かったから結果的に今、苦労してる。
アルバイトで一定の収入がある安心感から、その準備を怠ったのだ。

やりたいことをして、食べていく。

これは、どこか知恵の輪に似ている気がする。
一度解けてしまうと「なんだ〜そういうことね」となるけど、解けるまではまるで解決策が見えない。
すでにフリーランスで活動してる人からすると「そんな単純なものじゃねえよ」と思われるかもしれないけど、あくまで僕のイメージ。

自分のやりたいことは明確になっているので、その為の基盤作り(例えばお金とか)から目を背けず、「どうすればアルバイトに依存せずに生きていけるのか?」を頭が取れる程、考えてみることにする。

んでもって、思いついた事はバンバンやっていこうと思う。

久々に地元である大阪にも帰りたい。
いつか、「ちょっとコンビニ行こ」ぐらいの感覚で移動したいものだ。

実は「大阪に戻ったら飲みに行こう!」と約束してる人が15人も居る。
本当にありがたい。

会いに行く約束をしてる友達にも会えてないし、申し訳ないなと思ってる。
もうしばらく、こっちでナンジャカンジャもがいて、タイミング見て大阪帰る。

何だか、とりとめのない文章になった。

この後、高校時代からの友達に会ってくる。
皆さんも素敵な休日を(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。