まさかのYouTuberデビュー!?アカデミー賞を目指す杉本の「量」との戦い。

https://youtu.be/S7pPeIuhiUU

時代の流れに乗ってYouTubeに動画をアップしてみた、ポンコツYouTuberの杉本でございます。

 

いやー、これだけは言わせてください。

「声、ちっさ!w」

普段、「アカデミー賞最優秀脚本賞を獲る!」ってバカでかい夢を鼻息荒く語っていますけど、現実はまだまだそうはいかず、現在の住みかは東京のボロワンルーム。家賃は4万6千円。ドアの下には若干の隙間がありますし、台風の夜なんてまさかの雨漏り。

で、極めつけは壁が超絶薄くて、お隣さんと上の階のカップルの生活音が聞こえる始末。足音はもちろん、シャワーの音なんかも当然聞こえます。たまに近くの家から子供の鳴き声がずっと聞こえたり、土曜日の早朝に何者かの奇声で目覚めたりと、なかなかカオスな生活環境。仮に、もし仮にですよ、Hなんてしようものなら、その声はダダモレすること必至で、周囲に暮らす人々を興奮の渦に巻き込んでしまうのでその辺りは細心の注意を払っております。要するに音漏れが激しい。よって声小さい。つまりYouTubeの声も小さい。ってな感じの流れでございます。

声の小さな杉本のYouTubeチャンネルをしゃーなしで登録する

今後、気が向いた時はまた動画をアップしてみようと思います。

さて。

実はこの動画でも語っているんですけど、昨夜24時からスマホを使って、自身初の「本」を書いております。

きっかけは、キングコング西野亮廣さんが「新R25」の中で、本もスマホで書きますね3日くらいあれば1冊書けます。」と発言されていたのを目にしたから。

【関連記事】本をスマホひとつで、3日で書こう。激動の20代に怠け続けた杉本達哉の「そろそろやるか!」

書き始めてから19時間ほどが経ちましたけど……いやー、ね、大変っす、これw

何が大変かって別に「書く内容が枯渇する」とか「表現方法が読者の方々の好みに……」とか、そんな高尚な(?)理由じゃなくて、もっとシンプルで根源的な理由です。

「指イテーわ!もっと言えば、腕もイテーわ!」

ってこと。

こんな短期間に、これほどの文字量をスマホで打ったことは未だかつてないです。いやー、大変よ、ホントに……マジでよ。

しかも世間は3連休。そんな中、ボロワンルームにこもって書き続けるのはなかなか孤独です。でも完成した時のことを考えると頑張れるので、妥協なく指を動かし続けていきます所存でございます。(ヤベ、日本語に乱れが)

もちろん、これだけじゃーあ、ございやせん!

さっきも最初の方にちらっと言いましたし、これから死ぬ程言い続けていくことになると思うんですけど、当面の目標としては「アカデミー賞最優秀脚本賞を獲る」ってことになってて(昨年12月に書き始めたオリジナル映画脚本は第4稿で完全に道に迷っています)、そのためにはやっぱり「量」を書かなければお話にならず、あらゆる負荷を自分にかけながら日々生きております。

昨夜から書き始めた本しかり、このブログ記事しかり、この後、日記も書きますし、地元の友人に毎日送ってる「ミニコラム」、んで、noteというアプリで自身がパーソナリティを務める「ピロートークナイトニッポン」というミニラジオ。

いやー、こう見るとまあまあ量ありますね。しかも友達に送ってるミニコラムもそれなりに「量」書いてます。「友達やし、まぁこんなもんで許してくれるやろ〜」なんて甘えはないですよ。先日、一部限定でブログで公開したのでよければコチラも読んでみてください。

まあ僕も天才であれば、「俺さぁ〜、映画の脚本しか書かないんで、シクヨロ!」って言えたのかもしれないんですけど、残念ながら31年間生きてきた結論として「やっべ、俺、天才じゃねー」と気づいてしまったので、つべこべ言わず、ちょっとでも興味を持ったことには貪欲にトライしていこうかなと思っています。いずれスーパースターになった時には、YouTubeの自撮りはしないと思うので今の内に目に焼き付けておいてくださいw

この後も諸々、目白押しなので、今日はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました。では、また!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。