ちょっと腹立つ杉本達哉のリアルな文章力

珍しく書くことが思い浮かばない。

今月に入って1日2度ブログを更新しているけど、「書くことがない!」ってことはあまりなくて、パソコンの前に座ると「何かしら」方向性が見えてくる。
で、そのままダーっと書く。

でも、今日は思い浮かばない。
ボケーっとただ座っていても仕方ないので、「珍しく書くことが思い浮かばない」という一文をとりあえず書いてみた。

なんとか、数行書けた。

日頃、ブログに関してはパソコンで書いていて、書き始める直前まで「書く内容」は考えていない。
イスに座って、ふと思ったことを一気に書く。
んでもって書き終えた後に読み返し、ちょっぴり修正して終了という流れ。

僕の文章が他の人と比べて上手い(読み易い)かどうかはさておき、毎日書いていると確実に上手くはなってくる。
やはり“量”だ。
これは、ほぼ間違いない。

ブログに関しては広告も外してしまったし、基本的には「収益化」するために書いているわけではなくて、“「杉本達哉」という存在”を知ってもらうために書いてる。
当然ながらブログ以外も書いているので、ブログだけにベラボーに時間を掛けるわけにもいかないので、書くスピードも上げていかなきゃならない。

出来れば、書き直しをしなくても良いレベルまで文章力を高めたいけれど、一朝一夕にはいかないので、地道にやる。

ちなみに、今日はあえて修正せずに、このまま文章を投稿してみる。
僕のリアルな文章力はこんなもんだ。

「なんだ、大したことないな」と思ったかな?
じゃあ、一度書いてみて。
自分が思ってるより“言語化”するって行為は難しいよ。
日頃から書いていないとね。

珍しく書くことが思い浮かばない。

そう思っていたのに、書き始めると、なんとか格好はつきそうだ。

ちょっぴり腹立つ感じに着地した。
「杉本、なんだか偉そうだな」と感じた人もいるかもしれない。
でも、このブログ自体の名前を見て。

杉本達哉の「アカデミー脚本賞」に向けた思考実験。

そう、「思考実験」だ。

どんな言葉に、あるいはどんなテイストの文章にみんなが反応するかをちゃんと見てる。
いつか、そのあたりの「裏側」についても書ければいいな。

これからも真面目に「文章」に向き合います。
明日もお互い頑張りましょう(*^^*)

(よければSNSでシェアしてね☆エゴサーチをしてみたいby杉本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。