【RooM研究会】「自らの意志」と「他者の意志」

出口が存在しない部屋『RooM


 

完全なる密室……

 

みなさん、こんばんは。

ストーリーテラーの杉本です。

 

先日、アメブロからWordPressへ変更しました。

今後ともよろしくお願いします。

 

普段、映画のオリジナル脚本を書きながらRooM研究会で日夜、思考実験を繰り返しています。

 

RooM研究会って?


出口が存在しない部屋(RooM)を想像上に作り上げ、その中で出口を見つける、ある意味「究極の矛盾」に挑戦する研究会。

RooM研究会のコンセプト


先入観を疑うことで、あらゆる問題に存在する普遍的かつ抜本的な問題点を特定し、解決不可能だと思われている問題や課題を解決する方法を見つける。

 

……と、それっぽく書いてみましたが、要するに「出口がない部屋で真剣に出口を見つけようともがく中で、突如沸き起こるインスピレーションを深掘りしたり、思考が寄り道する過程(妄想とか過去とか)を楽しもう」ということです。

 

では、早速、本日の思考実験に入ります。

 

RooM研究会 思考実験ノート


場所:RooM(出口が存在しない部屋)

 

【昨日のまとめ】

目撃者が自らの意志で「新一が殴打された場所」を目撃出来る場所に居た可能性を考えることで、目撃者の「視力」について浮き彫りになった。

 

【今日の思考実験】

本日は、残り二つの可能性について述べる。

 

その前に簡単に前回のポイントを復習する。

一つめの可能性とは一体何であったか?

 

【可能性①】

目撃者が自らの意志で、新一が殴打された場所を目撃出来る場所に居た。

 

「自らの意志」

ここがポイントである。

 

では、本日の本題、残り二つの可能性について考察する。

ここまで読んでくださった方ならもうおわかりかもしれない。

一つ目の可能性のポイントが「自らの意志」である。

では、残りは?

そう、「他者の意志」だ。

 

【残り二つの可能性】

目撃者が他者の意志で、目撃できる場所まで誘導されたケース

 

【可能性①】と【残り二つの可能性】の違いは物語に大きな違いを生み出す。

では、他者とは一体誰を意味するのか?

 

今回は先に答えを述べることにする。

 

取引者の男たち新一自身である。

これら二つを可能性②、可能性③とし、並べて比較してみる。

その際、わかり易く、可能性①の文章を多少変換してみる。

 

①:目撃者が自らの意志でどこかに潜み、新一が殴打される瞬間を目撃した。

②:目撃者が取引者の意志に誘導され、結果的に新一が殴打される瞬間を目撃した。

③:目撃者が新一の意志に誘導され、結果的に新一が殴打される瞬間を目撃した。

 

いかがだろう?

結果は次のように全て同じである。

 

目撃者は新一が殴打される瞬間を目撃した。

 

しかしながら、①〜③において全て意味合いが変わってくる。

つまり、物語の背景が全て変わってくるのである。

 

この続きは次回考察します。

 


 

皆さん、いかがでしょう?

出口は見つかりそうですか?

 

では、本日はこの辺で。

 

 

RooM研究会代表/ストーリーテラー

杉本 達哉(Twitter:@Sugimoto_2017)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。